一部訂正

| EDIT

前の記事で、

ゆうの小説、「純文学」と書きましたが、

「エンターテインメント」の間違いでした。

なお、282・284・290・300ページに講評が載ってます。

興味のある方は、

合わせてご覧ください。

スポンサーサイト

Category: 孫たち

COMMENT

POST COMMENT


↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。