FC2ブログ

八年後の予告

| EDIT

東下りの者、人の家に宿りて産にあふものがたり

                 (今昔 巻26 第19)

{註:当時、お産は汚れと考えられていました}

 むかーし昔。
 東国行く者がおりました。

 どこの国ということは分かりませんが、人里を通っているときに日が暮れた
ので、今夜はこの郷に泊まろうと思って、小家が多い中で、大きい造りで賑や
かな家を選んで、馬から下り、
「東国へ行く旅の者ですが、日が暮れたので、今夜だけ泊めていただけません
か?」
と言いました。

 その家の主人らしい老女が、
「どうぞお入りになって、お泊まり下さい。」
と言いますので、喜んで入り、客間と思われる所に案内されました。

 馬は馬小屋に入れさせ、従者どもはそれぞれ然るべき所に入れられたので、
嬉しいと思いながらほっとしてくつろいでいました。

 そうしているうちに夜になったので、持参していた食べ物などを取り終えて、
横になり、夜が更けた頃、急に奥の方で慌ただしい気配がしました。

 何事だろうと思っていると、先ほどの女主が出てきて、
「私に娘がおりますが、妊娠して丁度今月が臨月でした。でも、お産が今日明
日のこととは思わなかったので、昼、あなたをお泊めしたのです。ところが、
たった今、産気づきましたので、夜にはなりましたが、もし今にも産まれたら、
どういたしましょうか?(あなた方は穢れに触れてしまいます。)」
と言います。

 宿った人は、
「そんなことは、別になんでもありません。私は、そういうお産の汚れなどを
忌み嫌うようなことはありません。」
と言いました。

 女主は、
「それでは、結構です。」
と言って、引っ込んでいきました。

 その後暫くすると、一際騒然として、産まれたのだなと思っていると、この
男の泊まっていた部屋の近くの戸から、身長八尺(一尺は約30センチ)程の
怖ろしそうな男が、出て行きながら、不気味な声で、
「年は八歳、死に方は自害。」
と言って、去っていきました。

 どんな者が、そのようなことを言ったのだろうと思いましたが、暗かったの
で、何者ともはっきり見えませんでした。

 人に、この事を語ることもなくて、暁にその家を出ました。

 さて、国に下って八年経って、九年目に返り上ってくるときに、この宿った
家を思い出して、情け深い家だったと思い、そのお礼も言おうと、行きと同様
に、その家に泊まりました。

 あの女主人も、前より年老いた感じで出てきました。
「よくおいでくださいました。」
と言って、色々お話ししている中に、この男が、
「前に参りました晩にお生まれになったお子さんは、今では大きくおなりになっ
たでしょうね。男か女か、急いで出立しましたので、そのこともお聞きしませ
んでしたね。」
と言いました。

 女主人は、涙を流しながら、
「そのことでございます。非常に可愛らしい男の子でございましたが、去年の
ある日、高い木に登って、鎌で木の枝を切っているうちに、木から落ちて、そ
の鎌が頭に刺さって、死んでしまいました。本当に可哀想なことをしました。」
と言いました。

 男は、それでは、あの晩、戸から外へ出ながら言ったのは、鬼神などの言葉
だったのだと思い合わせて、
「これこれのことがあったのですが、その時は何事とも分からず、家の人が何
気なく言ったのだろうと、気軽に考えて、そのことを申し上げないままに、辞
去しました。あれは鬼神などがお孫さんの寿命を示したのですねー。」
と言いますと、女主は、更に激しく泣き悲しみました。

 これは、男が京に上って、語り伝えたことなのです。

 だから、人の命は、みな前世の因縁で、生まれたときから定まっているのに、
人間は愚かで悟らずに、その時になって初めて思い嘆くのです。

 だから、この世のこと全てが、前世の因縁であると気付くべきだと、語り伝
えたと言うことです。

                        おわり

しょうげんの一言:どうも腑に落ちない結論ですねー。
    「自害」とは、「自殺」の事でしょうが、ここでは違った意味で使っ
    てますね。

スポンサーサイト



Category: 今昔物語

COMMENT

POST COMMENT


↑