FC2ブログ

生霊の人殺し

| EDIT

近江の国の生霊(いきすだま)、京に来て人を殺すものがたり

                    (今昔 巻27 第20)

 むかーし昔。
 京から美濃尾張の方に下ろうとする下郎がおりました。

 京を暁に出ようと思ったのですが、夜更けに起きて出かけたところ、大路に、
青ばんだ衣の裾をつまんだ女が、唯一人で立っていました。

 男は、どんな事情で女が立っているのだろう、こんな夜中だから、きっと女
一人ではないだろう、男が付いてるのだろうと思って、その側を通りすぎよう
とすると、この女が、
「そこにおいでのお方は、どちらへいらっしゃるのですか?」
と、男に声をかけてきました。

 男は、
「美濃尾張の方に下ろうとしているのです。」
と答えました。

 女は、
「それではお急ぎなのでしょうね。でも、大事なことを申し上げたいのです、
ちょっと立ち止まって下さい。」
と言います。

 男は、
「どんな事でしょうか?」
と言って、立ち止まります。

 女は、
「この辺りに、民部の大夫の某という人の家は何処にあるのでしょうか。そこ
へ行きたいと思っているのですが、道に迷って行くことが出来ません。私をそ
こへ連れていって下さいませんか。」
と言います。

 男は、
「その人の家にいらっしゃるなら、どうしてこんな所にいらっしゃるのですか?
その家は、ここから七八町ほど行ったところですよ。ただ私は急用で出かけて
きたので、そこまでお送りしていては、遅くなってしまって大変困るのです。」
と言いました。

 女は、
「それでも非常に大事なことなのです。是非連れていって下さい。」
と言いますので、男は、不承不承ながら連れていくことにすると、女は、
「非常に嬉しゅうございます。」
と言って、行くことになりました。

 男は、この女が何となく不気味に思われましたが、何でもないのだと無理に
思い込んで、民部の大夫の家の門まで送って、
「これが、その人の家の門です。」
と教えました。

 女は、
「お急ぎの途中、戻ってまで、わざわざ私をここまで送って下さったことは、
本当に嬉しゅうございます。私は近江の国のしかじか郡のしかじかという人の
娘です。東国にいらっしゃれば、その街道に近いところです。必ずお立ち寄り
下さい。非常に不審なことがありましたので、このように案内していただいた
のです。」
と言って、前に立っていたと見えていた女が、ふっとかき消すように見えなく
なりました。

 男は、不気味なことだな、門が開いていたならば、門の中に入ったとも思え
るが、門は閉ざされていたのです。

 これはどうしたことかと、髪の毛が太くなるほどの恐怖にかられて、足がす
くんだようになって、すばらく突っ立っていると、この家の内で、突然泣き騒
ぐ声が起こりました。

 何事かと気配を窺うと、人が死んだようです。

 奇妙なことだなと、しばしその辺りをうろついて、夜が明けたら、この訝し
い状況について聞いてみようと考えていると、やがて夜が明けました。

 その家の人で一寸知ってる人が居たので、呼んでもらって、様子を聞くと、
その人は、
「近江に国においでの女性が、生霊となって取り付いたというので、ここのご
主人がご病気でしたが、この明け方に、その生霊が現れたようだ等と言ってい
る中に、急にお亡くなりになったのです。してみると、生霊というのは、確か
に人を呪い殺すものなんですね。」
と語りました。

 この男も頭痛がしてきて、女は喜んでいたが、実はそれが生霊だっただろう
と思って、その日は、旅立ちを止めて、家に帰りました。

 その後、三日ほど経ってから下ったときに、あの女が教えた辺りを通りかか
り、それではあの女が教えてくれたことを尋ねてみようと、探したところ、本
当にそういう家がありました。

 立ち寄って、人を介して、かくかくしかじかと申し入れたところ、覚えがあ
ると言って、呼び入れて簾越しに会って、
「先夜のご親切の嬉しさは、生涯忘れません。」
などと言い、食事を出し、絹布などもお礼として渡したので、男は不気味だっ
たけれども、それを受け取って、別れを告げて目的地に向かいました。

 この事から考えると、生霊というのは、ただ魂が乗り移るのかと思っていま
したが、やはり現実の姿となって現れるものでした。

 これは、あの民部の大夫が、その女を妻にしていたですが、捨ててしまった
ので、それを恨んで、生霊となって取り殺したのでした。
 だから、女の執念とは怖ろしいものだと語り伝えたと言うことです。

                            おわり

しょうげんの一言:「源氏物語」に、源氏の正妻「葵の上」が、生き霊に殺される場面
 がありますね。話としては興味深いですが、呪われた方は堪りませんねー。
 必殺技のようですからね。 

スポンサーサイト



Category: 今昔物語

COMMENT

POST COMMENT


↑