FC2ブログ

小人の出現

| EDIT

 幼児護りのために枕上に蒔きける米に血の付くものがたり

                   (今昔 巻27 第30)

 むかーし昔。
 ある人が、方違(かたたが)えに、下京(しもぎょう)辺りに行った際に、
幼子を連れていったのですが、その家には霊が居るのは知らないで、みんな寝
てしまいました。

 その幼子の枕元に、灯りを近くに寄せて、傍らに二三人程寝ていましたが、
乳母がふと目が覚めて、幼子に乳を飲ませながら横になっていました。

 夜半に塗籠(ぬりごめ-四方を壁で塗り込め、明かり取りと妻戸を付けた部
屋、寝室や物置に使用する)の戸を細めに開けて、そこから身長15センチく
らいの役人風の者が、正式の服装で、馬に乗って、10人ほどぞろぞろと枕元
を通りました。

 この乳母は、怖ろしいと思いながら、魔除けのために用意して置いた打蒔
(うちまき)の米を沢山つかんで、投げつけました。

 すると、その男達はさっと蜘蛛の子を散らすように、散らばりながら消えま
した。

 その後も、ますます怖ろしく思っている中に、夜が明けましたので、枕元を
見ると、夜半に投げつけた米粒一つ一つに、血が付いていました。

 数日その家に滞在しようと思っていたのですが、この事が怖ろしいので、そ
の晩だけで帰りました。

 だから、幼い子供の辺りには、必ず打蒔の用意をすべきだと、これを聞いた
人は、口々に言いました。

 また、その乳母が、賢明にも落ち着いて打蒔をしたものだと、人々は褒め称
えました。

 これを思うに、状況の分からないところには、分別を巡らして、みだりに泊
まるべきではありません。

 この世には、こういう所もあるのだと、語り伝えたと言うことです。

                   おわり。

しょうげんの一言:ガリバーの世界ですね。追っ払うなんて勿体ないことをしたものです。

スポンサーサイト



Category: 今昔物語

COMMENT

POST COMMENT


↑