名僧、不慮の死。

| EDIT


 名僧、人の家に立ち寄りて殺さるるものがたり

                (今昔 巻26 第22)

 むかーし昔。
 京都に、名僧面して、人に招かれて読経祈祷するのを生業としている者がお
りました。

 ある時、この僧が、あるところから招きを受けたので、喜び勇んで行こうと
しましたが、車を借りることが出来なかったので、徒歩で行こうとしましたが、
初めから法衣を着ては、遠路の法衣姿は見苦しいと考えました。

 平服で平笠をかぶって、法服は袋に入れて童子に持たせ、その招いた家の近
くの小家を借りて、法服に着替えてから訪れようと思って出かけました。

 さて、その家の向かいの家に言って、しかじかと説明して借りようとしまし
たら、若い女主(おんなあるじ)が居て、
「どうぞお入りください。」
と言いましたので、入りました。

 客間と思われる一部屋に、筵を敷いて案内してくれたので、そこに座って、
法服に着替えようとしていました。

 実は、この家では、この女主には、法師の恋人がいたのですが、実の夫であ
る雑色は、その現場を捉えようと、よそへ行った振りをして、隣の家に隠れて
伺っていたのです。

 それを知らずに、僧が立ち入ったので、これが不倫相手だと思って、すぐに
家に行って見ると、僧の姿が目に入ったので、怒り狂ったすごい形相で、妻に
向かって、
「きさま、嘘つきだな。浮気女め。」
と怒鳴りました。

 妻は、
「あの方は、向かいの家のお招きで、着替えのために、立ち寄っただけのお方
ですよ。」
と言い終わらないうちに、男は、刀を抜いて走りよって、僧を捕まえて背中を
突きました。

 僧は、思いがけないことに、手を上げて、
「これは、どうしたことですか。」
と言いますが、抵抗する力もなくて、仰向けに倒れました。

妻も、
「ああ、とんでもないことを。」
と言って、夫に取りすがったけれども、もうどうしようもありません。

 男は、突き倒すとすぐ逃げ出しましたが、僧のお供の小童が、大路に出て、
「人殺しが逃げていく。」
と叫んだので、通りかかった人が捕まえました。

 僧は、傷を負って、しばらくは生きていましたが、結局は亡くなりました。

 突いた男は、検非違使に渡されました。妻も、検非違使に捕らえられまし
た。男は取調べを受け、牢獄に入れられました。

 まことに、つまらないことで、三人の人がとんでもないことになってしま
いました。これも前世の因縁だったのでしょう。

 それにしても、世の人は、身分の上下を問わず、見知らぬ小家などには、
たとえほんのちょっとの間でも、不注意に立ち入るようなことはすべきでは
ありません。

 このように思いがけないことが起こるのです。本当に注意しなければなら
ないと、語り伝えたということです。

                     おわり

しょうげんの一言:不慮の災難と言うのでしょうか?

スポンサーサイト
Category: 今昔物語

突然の出家

| EDIT

 出家功徳のこと
                 (宇治拾遺 巻第11 12)
                 (今昔 巻19 第12)
 
むかーし昔。
 筑紫に高坂の斎(さえ)と申す道祖神がありました。その祠に、修行中の僧
が宿を取って寝た晩、夜中ごろと思われる時刻、馬の足音がして多くの人が通
り過ぎると聞いていると、
「道祖(さえ)はいらっしゃいますか?」
と問う声がしました。

 この宿った僧が不思議だなと思っていると、この祠の中から、
「おります。」
と答える声が聞こえました。

 また、どうしたことかと思っていると、
「明日、武蔵寺にいらっしゃいますか?」
と尋ねます。

 祠の声が、
「その予定はありませんが、何事があるのですか?」
と答えます。

「明日、武蔵寺に新しい仏様が出現なさるので、梵天・帝釈・諸天・竜神が集
まりなさるとはご存じないのですか?」
と言います。

「そういう事は聞いておりませんでした。教えていただいて嬉しいことです。
どうして参らないではおられましょうか、必ず参ります。」
と答えます。

「それでは、明日の午前10時ごろのことです。必ずいらっしゃいよ。お待ちし
ておりますよ。」
と言って、去っていきました。

 この僧は、
『滅多にないことを聞いたものだ。明日は、用事があったけれども、このこと
を見てからなら、どこへでも行こう。』
と思って、夜が明けるのを待ちかねて、武蔵寺に参ってみたけれども、そのよ
うな気配もありません。

 普段よりも、静かで人の姿も見えません。

 何かがあるのだろうと、仏前に座って、10時になるのを待っていましたが、
その時間も過ぎて、もう少しで12時になろうという時刻です。

 『いったいどうしたんだろう?』と思っていると、

 年は七十過ぎの翁で、所々しか残ってない白髪頭に袋のような烏帽子を載せ
て、小柄な上に腰が曲がって杖を付いてる人が、歩いてきました。その後ろに、
何か物を入れた小さな桶を持った尼さんが付いてきました。

 御堂に入って、男は仏前で二三度ほど礼拝して、菩提樹の実で作った大きく
て長い数珠を、押し揉んで居りますと、尼が、持っていた桶を翁のそばに置い
て、
「あのお方を呼んでまいりましょう。」
と言って、去っていきました。

 とばかりして、六十歳くらいの僧が来て、仏像を拝んでから、
「何のために、お呼びになったのかな?」
と、翁に尋ねますと、翁は、
「今日明日とも知れぬ身になりましたので、この白髪の少し残ったのを剃って、
御弟子になろうと思うのです。」
と答えました。

 僧は、あふれる涙をそっと拭いて、
「非常に尊いことです、では早速。」
と言い、実は小桶に入っていたのはお湯だったのですが、そのお湯で翁の頭を
洗って剃りました。その後、戒を授けましたので、翁は、仏像を礼拝して去っ
ていきました。

その後、格別なこともありませんでした。

 それでは、この翁が法師になるのを随喜して、梵天や帝釈なども集まりなさっ
て、新仏が出現なさると道祖神に告げたのは、このことだったのだのですね。

 出家が、分相応に功徳があるとは、今に始まったことではありませんが、ま
して、若く盛んな人が菩提心を起こして、出家する功徳は、これによって、ま
すます推測できるのです。
                          おわり

しょうげんの一言:来週はお休みします。

Category: 古典文学

乳母が二人?

| EDIT

雅通(まさみち)の中将の家に、同形の乳母(めのと)二人あるものがたり

                     (今昔 巻27 第29)

 むかーし昔。
 源の雅通の中将いう人がおりました。丹波の中将と呼ばれていました。
その家は、四条よりは南、室町よりは西にありました。

 その中将が、その家に住んでいたとき、二歳の幼子を乳母が抱いて、南側で
家人と離れて幼子を遊ばせていました。

 突然、幼子の怯えたような泣き声がし、乳母の声高に罵るのが聞こえてきた
ので、中将は北側の部屋にいましたが、それを耳にして、何事が起きたのかと
太刀を手にして、小走りに行って見ました。

 すると、同じ姿形をした乳母が二人、この幼子を間にはさんで、左右の手足
をつかんで引っ張り合っているのでした。

 中将は、驚き呆れましたが、気を取り直して、じっと見守りますと、どちら
も寸分違わぬ同じ乳母の姿形で、どちらが本当の乳母であるかということが分
かりません。

 それでは、一方はきっと狐であろうと思って、太刀を抜いて、大きく振りか
ぶって走り寄ると、一人の乳母はかき消すように見えなくなりました。

 その時、幼子も乳母も、死んだように意識を失って倒れてしまったので、中
将は、人々を呼んで、効験あらたかな僧などを呼ばせて、加持祈祷させました
ので、乳母は正気を取り戻して起きあがりました。

 中将が、
「どうしたのだ?」
と尋ねますと、乳母は、
「若君を遊ばせておりましたところ、奥の方から見たこともない女房が出てき
て、『これは、我が子じゃ。』と言って、奪おうとしましたので、奪われまい
と引っ張り合っていましたときに、殿がいらっしゃって、太刀をきらめかせて
走り寄っていらっしゃると、若君を放して、その女房は奥の方へ姿を消しまし
た。」
と言いいましたので、中将はぞーっとしました。

 だから、人気の離れたところでは、幼い子供を遊ばせるべきではないと、人
々は言いました。

 狐が騙したのでしょうか、もしくは物の怪の仕業でしょうか、結局正体不明
のままで終わったと、語り伝えたと言うことです。

                       おわり

しょうげんの一言:怪異談の一つですね。

Category: 今昔物語
↑