鷲と蛇

| EDIT

肥後の国の鷲、蛇を食い殺すものがたり

                (今昔 巻29 第32)

 むかーし昔。
 肥後の国の或る郡に住んでいる者がおりました。
 家の前に、大きな榎が枝を張って茂っていましたが、その下に鷲小屋を作っ
て、鷲を飼っていました。

 ある時、人が沢山見ていると、七八尺(一尺は約30センチ)ほどの大きな
蛇が、その榎の下枝を伝わって、鷲小屋の方に下りてきました。

 人々は、
「この蛇がどうするか、見ていよう。」
と言って、集まって見ていました。
 
 蛇は、下枝から伝わって、鷲小屋の屋根に下りて、とぐろを巻いて、頸を伸
ばして鷲小屋の中を覗きました。

 その時、鷲はよく寝入っていたので、蛇はそれを確認すると、鷲小屋の柱か
らするすると伝い下りて、頭を持ち上げて、その寝入っている鷲の腹の所に口
を当てました。

 それから、口を開けて、鷲のくちばしを根元まで呑んで、体で、鷲の頸を始
めとして、体を5めぐりから6めぐりほども巻き付いて、なお残っている尾で、
鷲の片足を3めぐりほど巻いて、縛るようにしたので、鷲の羽毛は逆立って、
蛇はその中に埋もれて、鷲が細くなるほどに強く巻き付きました。

 その時に、鷲は目を見開きましたが、くちばしを呑まれていたので、目を塞
いでまた寝入ったようです。

 それを見た中には、
「この鷲は、この蛇に誑かされて正気を失ったのだろう。このままでは鷲は死
んでしまう。さあ、蛇をとき放そう。」
と言う人も居ます。

 また、
「どんなことがあっても、鷲が蛇に誑かされることはないだろう。鷲がどうす
るか見ていよう。」
と言う人も居たので、何もしないで見ていました。

 鷲が、目を見開いて、顔を振りましたが、蛇は鷲のくちばしの根元まで呑ん
で、下の方に引っ張るようにしました。

 すると、鷲は巻かれていない方の足を持ち上げて、頸肩の辺りまで巻いてい
た蛇を、鋭い鷲爪でつかんで、きゅっと引いて踏ん張ると、くちばしを呑んで
いた蛇の頸も抜けて離れました。

 また、巻かれていた片足を持ち上げて、翼ぐるみ巻かれていたのを、またつ
かんで、初めのように引いて踏ん張りました。

 そうしておいて、前につかんだ所を持ち上げて、ぷつりと食い切りました。
だから、蛇の頭の方が一尺ほど切れてしまいました。

 また、後でつかんだのを、足を持ち上げて、これも食い切りました。また足
に巻き付いていた残りも食い切りました。

 このように、三切れに食い切って、くちばしでくわえて前に並べ、身震いを
し、翼を整え、尾なども振り、大変なことを成し遂げたという風でもなく、悠
然としていました。

 それを見た人、特にまさか鷲は蛇に誑かされまいと言った者は、
「やはり、どんなことがあっても、鷲は誑かされないなぁ。これは動物界の王
なので、魂は他の動物に較べたら格別なんだよ。」
などと言って、褒め称えました。

 これを思うと、蛇は、こともあろうに鷲を狙うとは身の程知らずなことだ。

 もともと、蛇は、自分より大きな物を呑むとは言いながら、鷲を狙うとは全
く愚の骨頂である。

 だから、人間も、これをもって知るべきである。自分より勝っている者を傾
け犯そうという考えは、けっして持ってはいけないのである。このように、か
えって我が命を失うこともあるのだと、語り伝えたと言うことである。

                         おわり

しょうげんの一言:蛇の巻き付く強さ、それを上回る鷲の足の強さは驚異ですねー。で
           も、その話から、下克上を戒めるとは、ちょっと強引すぎますねー。

スポンサーサイト
Category: 今昔物語

狼を殺した母牛

| EDIT

母牛、狼を突き殺すものがたり

                  (今昔 巻29 第38)

 むかーし昔。

 奈良の西の京の辺りに住んでいた下衆(げすー身分の低い者)が、農業のた
めに大きい雌牛を飼っていました。子牛も一頭いまして、秋頃田圃に放して、
夕方には必ず子童部(こわらべ)が行って、追い入れていました。

 ところが、家の主も子童部もすっかり忘れて、追い入れなかったところ、そ
の牛は、子牛を連れて田圃で食い歩いている中に、夕暮れ方に大きな狼が一匹
出てきて、この子牛を食おうと隙を窺って巡り歩いていました。

 母牛は、子牛を可愛がっていましたので、狼が廻るにつれて、子を食わせま
いとして、狼に向かって子牛の盾になるように廻っている中に、狼が片側の岸
が土塀になってるよな所を後ろにした瞬間、母牛が狼に向かって、素早く突き
かけました。

 狼は、その岸に仰け様に腹を突かれたので、動くことが出来ませんが、母牛
は放したならば、自分も食い殺されてしまうと思ったので、力を振り絞り後足
を踏ん張って、強く突いたままで居ると、狼は、そのまま死んでしまいました。

 母牛は、それも知らないで、狼はまだ生きていると思ったのでしょうか、突
いたままの姿勢で、一晩中秋の夜長に踏ん張って立っていたので、子牛は傍ら
に立って鳴いていました。

 実は、この牛の主の隣の子童部が、自分の家の牛を追い入れようと田圃に行っ
たときに、狼が牛の廻りを歩いているのまでは見たのでしたが、何といっても
子供ですから気が利かず、日が暮れるので、自分の家の牛を追って家に帰って
も、何も言いませんでした。

 あの牛の主が、夜が明けて、
「昨夜は、牛を追い入れなかった。あの牛は草を食いながらどこかへ行ってし
まったかな。」
と言いますと、それを聞きつけた隣の子童部が、
「そう言えば、あの牛は、昨夜、しかじかの所で狼が廻りを歩いていましたよ。」
と言いました。

 牛の主は、それを聞くなり驚いて、慌てふためいていって見ますと、牛は大
きな狼を片岸に突きつけて、動かないで立っていました。子牛は鳴き疲れたよ
うに傍らに横になっていました。

 牛は、主が来たのを見て、ようやく狼を放しましたが、狼は完全に死んでい
ました。

 牛の主は、思いがけないことに呆然としましたが、昨夜狼が現れて食おうと
したのを、この様に突きつけて、放せば殺されると思って一晩中放さなかった
のだなと納得して、牛を、本当に賢い奴だなと褒め、撫でながら家に連れ帰り
ました。

 だから、獣でも、智慧のある賢い奴は、こういうこともするのです。

 これは、まさしくこの辺りの者が聞き継いで、このように語り伝えたと言う
ことです。
                     おわり

しょうげんの一言:野生動物の世界では、肉食獣が集団で狩りをすると、ほとんど防ぎ
           きれないようですが、一対一だと体の大きい方が有利ですねー。

           隣の子童部は、当時の被雇用者の感覚なのでしょうね。

Category: 今昔物語

元輔、落馬

| EDIT

歌詠み元輔、賀茂の祭に一条大路を渡るものがたり

                    (今昔 巻28 第6)
                    (宇治拾遺 巻第3 2)

 むかーし昔。

 清原の元輔という歌詠みがおりました。それが内蔵の助(内蔵寮の次官)に
なって、賀茂の祭りの使い(葵祭りの奉幣使)として、一条大路を通っている
ときに、若い殿上人の車が沢山並んで見物している前で、元輔が乗った唐鞍を
付け美しく飾った馬が、つまずいて、元輔は頭から落ちてしまいました。

 老人が落馬したので、見物していた公達は気の毒だと見ていると、元輔は素
早く起きあがりました。

 冠は落ちてしまって、禿頭で髷はありません。ほとぎ(湯水などを入れる土
器)をかぶっているようです。

 馬の側に付いていた従者が、慌てて冠を拾って手渡そうとすると、元輔は受
け取らないで、後ろ手で制して、
「何と騒がしいことだ。しばし待て。公達に申し上げたいことがある。」
と言って、殿上人の車に歩み寄りました。

 夕日が射して、頭はキラキラと輝いています。非常に見苦しい有様です。大
路の者は走り回って知らせたりして大騒ぎしてます。車・桟敷の者たちは、伸
び上がって見ては、嘲り笑っています。

 そうしている間に、元輔は公達の車に歩み寄って、
「君たちは、元輔がこの馬から落ちて、冠を落としたのを、たわけたこととお
思いになるのか。しかし、それはそう思うべきではないのじゃ。なぜならば、
注意深い人でさえ、物に躓いて転ぶことは常にある事じゃ。ましてや、馬は注
意深い動物でもないし、それにこの大路はよく石が出っ張っている。また、手
綱をピンと張って馬の自由にはさせずに、あちこち引き回して転ばしてしまっ
たのだ。だから、自分の行きたい方に行けないで躓いた馬を悪いと思うべきで
はない。それに、石に躓いて倒れる馬を、どうもできはしないよ。唐鞍は盤の
ようになめらかで、ひっかりようがない。それに馬はひどく躓いたので落馬し
たのだ。それもまた悪いことではない。また、冠が落ちたのは、紐で結わえて
いるものではなく、髪をかき入れてひっかっけるようにするものだ。それなの
に、髪の毛はこの通り無くなってしまったので、落ちた冠を恨むすべもない。
また、例がないわけではない。某大臣は、大嘗会(だいじょうえ)の禊ぎの日
に落としなさった。某中納言は、或る年の天皇の行幸のお供の時に落としなさっ
た。某中将は、祭りの帰りに紫野で落としなさった。この様に冠を落とした例
は数えることが出来ないほどあるのじゃ。だから、その事情も分からない最近
の若君達は、これを笑うべきではないのじゃ。笑いなさってる君たちこそ、か
えて愚かなことじゃよ。」
と車に向かって、指を折りながら数えて言い聞かせました。

 このように言い終わって、車から離れ、大路に突っ立って、大声で、
「冠を持って来い。」
と言って、冠を受け取って、頭に乗せました。

 それで、それを見ていた人々は、どっと笑いました。

 また、冠を渡そうと寄ってきた馬付きの従者は、
「落馬なさったときに、すぐ冠をお付けにならないで、長々とどうしてつまら
ないことをおっしゃったのですか。」
と尋ねました。

 元輔は、
「馬鹿なことを言うな。このように道理を言い聞かせたから、後々の物笑いに
はならないのだ。そうでなければ、口さがない若者達は、ずーっと物笑いの種
にするだろうな。」
と言って、通り過ぎました。

 この元輔は、頓知の利く口達者な者で、人を笑わせるのを得意だったので、
このように厚かましくも言い立てたのだと、語り伝えたと言うことです。

                        おわり

しょうげんの一言:落馬の例を数え上げたり、落馬・落冠の理由を最もらしく並べたり、
           物知りらしく振る舞いながら、どうせ笑い者になるなら・・・という
           開きなおりが見事ですね。
           蛇足ですが、元輔は、あの「枕草子」の作者清少納言の父親です。

Category: 古典文学

おならした武員

| EDIT

 近衛の舎人秦武員(はたのたけかず)鳴物(ならしもの)のものがたり

                    (今昔 巻28 第10)

 むかーし昔。
 左近の将曹(しょうかんー近衛府の役職)で、秦武員という近衛舎人がおり
ました。

 禅林寺の僧正の御壇所(ごだんしょー寺院で僧侶の修学する場所)に参上し
たときに、僧正が部屋に呼び入れて世間話などしていると、武員が僧正の前で
長い時間正座してしているうちに、うっかりしておならをしてしまいました。

 僧正もそれをお聞きになったし、沢山控えていた僧侶たちもみんなそれを聞
いたけれども、品のないことなので、僧正も何も言わず、僧侶たちも顔を見合
わせて何も言いません。

 しばしの沈黙の後で、武員が両手を開いて、顔を隠し、
「ああ、死んでしまいたい。」
と言いました。

 その言い方に、御前に控えていた僧侶たちが、どっと笑いました。

 その笑い崩れているのに紛れて、武員は立ち走って逃げてしまいました。

 
 その後、武員はしばらくの間は、禅林寺には参りませんでした。

 こういうおならなどは、聞いた直後がおかしいものだから、時間が過ぎたあ
とでは、かえって弁解などはしないものです。

 「武員なればこそ、妙な物言いをする近衛舎人で、そのように死にたいなど
とも言うのだろう。そうでない人は、本当に心苦しくなんにも言えずに黙った
ままで座っていたなら、傍らで見ていても非常に気の毒だろう。」
と人々が言ったと、語り伝えたと言うことです。

                          おわり

しょうげんの一言:こういう事で、実名が残るというのは不名誉なことですね。

Category: 今昔物語
↑