妻を口説いた男

| EDIT

  近衛舎人どもの稲荷詣でに重方女にあふものがたり

                 (今昔 巻28 第1)

 むかーし昔。

 二月の初午の日は、昔から京都中の身分の高い人も低い人も稲荷詣でに集まっ
てくる日です。

 例年より、人々が沢山参拝する年がありました。近衛官(このえつかさ)の
舎人どもも参拝しました。

 尾張の兼時、下野の公助、茨田(まんだ)の重方、秦(はた)の武員(たけ
がず)、茨田の為国、軽部の公友などという錚々たる舎人どもが、餌袋(えぶ
くろー初めは鷹の餌を入れる袋だったが、人の食品を入れて携帯するための袋)
・破子(わりごー折り箱)・酒などを持たせて、連れだって参りました。

 中の社の近くでは、参る人帰る人が沢山行き違って混雑している中に、言い
ようもないほど魅力的な女に出会いました。

 光沢のある濃い紫の上着で、紅梅萌葱色を重ねて、優雅に歩いているのでし
た。

 この舎人たちが来たので、女は道を空けて、木の陰に身を隠すように立って
居たのですが、舎人どもは変な冗談を言いかけて、或る者は女の顔をのぞき込
むようにしながら通り過ぎました。

 重方は、もともと浮気心がある者なので、妻も普段から嫉妬しがちだったの
ですが、浮気心など起こさぬと言いつくろって過ごしていたのです。

 その重方が、他の連中に構わず立ち止まって、この女に近づいて、情を籠め
て語りかけますと、女は、
「奥さんのいらっしゃる方が、行きずりの戯れ心でおっしゃることを、本気に
したら妙なことになりますわ。」
と優雅で可愛らしい声で答えました。

 重方は、
「いえいえ、愛しい貴方よ。たしかに、家にはくだらない女が居りますが、顔
は猿のようで、心はそのへんの物売り女のようなので、離縁しようと思ってま
すが、衣装の綻びを縫う人が居なくなっては、具合が悪いので、気に入った女
性を見つけたならば、そちらに鞍替えしようと思って、このように申し上げて
いるのです。」
と言うと、女は、
「それは本心から言ってるのですか、ふざけて言ってるのですか。」
と尋ねます。

 重方は、
「私の心を、この神社の神もお聞きになって下さい。熱心に参詣した甲斐があっ
て、年来の願いが叶って、貴方のような方を神様が下さったのだと思うと、非
常に嬉しいことです。さて、貴方は、独身ですか。何処にお住まいですか。」
と言います。

 女は、
「私も、これと定まった夫もおりませんし、宮仕えしていたのですが、いつま
でもそんな風ではいけないと言う父の言葉に従って、宮仕えは辞めたのですが、
その父も田舎で亡くなったので、この三年は頼りに出来る人が居れば良いなぁ
と思って、この神社にも参拝したのです。本当に私のことを思って下さるのな
らば、私の住まいをお知らせしましょう。
 あらっ、私としたことが、行きずりの方がおっしゃることを本気にするなん
て、馬鹿な女ですわ。さあもうおいでになって下さい。私も帰ります。」
と言って、立ち去ろうとします。

 重方は、手を摺り合わせて額にかざし、女の胸に擦り付けるほど、烏帽子を
傾けて、
「神様、お助け下さい。そんな薄情なことはおっしゃらないでください。この
まま貴方の所へ参りましょう。妻の所へは絶対に行きません。」
と言いました。

 そのうつむいて頼み込んでいる髷を、烏帽子の上から、この女はむんずとつ
かみ、重方の頬を山中に響くほど激しく叩きました。

 叩かれて、重方は驚き、
「これはどうなさったのですか?」
と顔を上げて、女の顔を見ると、なんと我が妻の奴が騙したのでした。

 重方はあきれて、
「なんと、おまえは気でも狂ったのか。」
と言うと、女は、
「あなたは、どうしてこんな浮気心を起こすのですか。あなたの同僚の方々が、
油断のならない浮気者だと、いつも私に繰り返し言いました。でも、私に焼き
餅を焼かせようとしているのだろうと思って、信じなかったのですが、心底か
らの忠告だったのですね。
おぬしが自分で言ったように、今日からもし私の許に来たら、この神社の罰が
当たるでしょう。どうして、あれほどまでに言ったのかねぇ。その頬を引きち
ぎって、往来の人の見せ物にして、笑い者にしてやろう。どうだぃ。」
と言います。

 重方は、
「気違いじみたことは言いなさんな。貴方の言うのは、もっともなことだ。」
と、笑いながら機嫌を取りますが、少しも許そうとはしません。

 そうしている間に、他の舎人どもは、そのことを知らないで、上の岸に登っ
て、
「なんと田府生(でんふしょうー重方のこと)は遅いな」
と言いながら、振り返ってみると、女と取っ組み合って立っていました。

 舎人どもは、
「あれは、なにをやってるんだ?」
と、戻って近寄って見ると、妻に打擲されて立っているのでした。

 舎人どもは、
「奥さん、お見事です!だから、普段から申していたのです。」
と褒め立てます。

 女は、そう言われて、
「この方々が見ているところで、このようにおぬしの浮気心がばれたわね。」
と言って、髷を放しました。

 重方は、烏帽子がぐちゃぐちゃになったのを、直しながら上の方に行きまし
た。

 女は、重方に、
「おぬしは、その好きになった女の許に行け。私の所に来たら、必ずその臑を
蹴り折ってやるからね。」
と言って、下の方に行きました。

 さてその後、そうは言ったけれども、重方が家に帰って機嫌を取りましたが、
妻は腹を立てているので、
「おまえは、やはり重方の妻だからこそ、あれほど見事な芝居が出来たのだよ。」
と言いますと、女は、
「煩いわね。馬鹿者だわ。盲人のように私の様子も分からず、聾者のように私
の声にも気付かずに、馬鹿な真似をして人に笑われるとは、本当に馬鹿者だわ。」
とあざ笑いました。

 その後、この事が世間に広まって、若い公達(きんだち)などには、よく笑
われたので、若い公達の姿が見えると、重方は逃げ隠れしました。

 その妻は、重方が亡くなった後、他の人の妻になったと、語り伝えたと言う
ことです。
                        おわり

しょうげんの一言:あり得ないような話ですが、男尊女卑の時代に、痛快な女性が描か
           れていますね。
  

スポンサーサイト
Category: 今昔物語

殺されて笑いもの

| EDIT

 明法(みょうぼう)博士善澄、強盗に殺さるるものがたり

                     (今昔 巻29 第20)

 {明法博士ー大学寮で律令・格式を講義する博士}


 むかーし昔。
 明法博士で、助教(じょきょうー大学寮の官で、教授や課試に当たる、定員
は二名)の清原善澄という者がおりました。

 専門に関しては並ぶ者もなく、歴代の博士にも劣らないほどの者でした。

 年は70を過ぎても、まだ用いられていましたが、家は非常に貧しかったの
で、まったく不自由な生活でした。

 ある時、在宅中に、強盗が侵入しました。

 素早く逃げて、板敷きの下に這い込んだので、強盗どもも見つけることが出
来ませんでした。

 強盗どもは、家に入り込んで勝手気ままに、物を盗り、家の中を荒らし放題
に荒らし回って、がやがやと騒ぎながら出ていきました。

 その時になって、善澄は板敷きの下から急いで這い出て、強盗どもが出ていっ
た後で、門から走り出て、大声を上げて、
「やい、お前ら、面はしっかり見たぞ。夜が明けたらすぐ、検非違使の別当に
申し上げて、片端から捕らえさせるからな。」
と、あまりにも悔しかったので、門を叩きながら叫びました。

 強盗どもは、それを聞いて、
「おい聞け。おのおのがた、戻ってあいつを打ち殺してしまおう。」
と言って、ばらばらと走り戻ってきました。

 善澄は、慌てて家に逃げ戻って、また板敷きの下に急いで入ろうとしました
が、あまりにも慌てたので、額を縁にぶつけて、素早くは入ることが出来ませ
んでした。

 そこに強盗どもが走ってきて、善澄を捕まえて、引きずり出し、太刀で頭を
さんざんにうち割って殺してしまいました。

 その後、強盗どもは逃げてしまったので、そのままどうしようもありません
でした。

 善澄は、専門の学に秀でていましたが、世間的な分別がなく、この様な幼稚
なことを言って死んだのだと、この話を聞いた人々は、善澄を嘲り笑ったと語
り伝えたと言うことです。

                       (おわり)

しょうげんの一言:善澄に対する同情は全然見られませんね。強盗の残虐さを批判する
           声もないのに驚いています。

Category: 今昔物語

小寺の小僧

| EDIT

 木寺(きでら)の基増(きぞう)、
         物咎めによりて異名を付けらるるものがたり

                   (今昔 巻28 第8)

 むかーし昔。
 一条の摂政殿(藤原伊尹(これただ))がお住みになっていたもの桃園は、
今の世尊寺です。

 そこで、摂政が季の御読経(きのみどきょうー春秋二回、衆僧を招き、大般
若経を転読させる儀式。元々は宮中で行われた。)を行ったときに、延暦寺・
三井寺・奈良の高貴な僧たちを選んで、招聘したので、それぞれ参上しました。

 夕方の読経を待っている間に、僧たちはそれぞれ座って、ある者は経を読ん
だり、お互いに雑談をしたりしていました。

 寝殿の南面(みなみおもて)を御読経所と定めていましたので、その御読経
所に座っていたのですが、南庭の山池などの趣深いのを見て、山階寺の僧中算
が、
「ああ、このお屋敷の庭の木立(きだち)は、他に例がないほど素晴らしいで
すね。」
と言いました。

 その傍らに、木寺(きでら)の基増(きぞう)という僧が居て、それを聞く
とすぐ、
「奈良の法師というのは、なんと常識のないことを言うものだ。物言いが賤し
いものだなぁ。『こだち』と言うべきなのに、『きだち』言ったようですな。
なんとも頼りない言葉使いですな。」
と言って、爪をぱちっと鳴らしました。

 中算は、そう言われて、
「確かに拙僧の言い間違いでした。それでは、あなたのことを、『きでらのき
ぞう』ではなく、『こでらのこぞう(小寺の小僧)』と申すべきですね。」
と言ったので、その場にいた僧たちは、みんなそれを聞いて、声を上げて大笑
いしました。

 その時、摂政殿がその笑い声を聞きつけて、
「何を笑ってるのか?」
とお尋ねになったので、僧たちがありのままに申し上げますと、
「これは、中算がそれを言いたくて、基増の前で言い出したのを、基増はその
企みに気付かないで、思った通りの罠にはまって、そう言われたのは、全くみっ
ともないことだな。」
とおっしゃったので、僧たちはますます笑い転げて、そのまま『小寺の小僧』
という渾名が付いてしまいました。

 「つまらない言葉尻をとらえて、渾名を付けられてしまったなぁ。」
と言って、基増は口惜しがりました。

 この基増は{空白}の僧です。木寺(きでら)に住んでいたので、木寺の木
増と言うのです。中算は優れた学生(がくしょう)でしたが、こういう物言い
が面白かったと、語り伝えたと言うことです。

                        おわり

しょうげんの一言:中算の様な人は、案外身近にいそうですねー。そして、それにひっ
           かかる木増のような人も。最期の三行は蛇足ですね。

Category: 今昔物語

歌を詠んで復縁した女

| EDIT

下野国(しもつけのくに)に住みて、妻を去り後返り棲むものがたり

                     (今昔 巻30 第10)

 むかーし昔。
 下野国のある郡に住んでいる男がおりました。

 長年、夫婦は愛し合っていたのですが、何があったのでしょうか、男は、そ
の妻の許を去って、他の女の所へ行ってしまいました。


 {当時は、男が女の許に通って夫婦の契りを結ぶ通い婚でした}

 男は、すっかり心変わりして、その元の妻の所にあった物を、何もかも残さ
ず、新しい妻の家に運んで行きました。

 元の妻は、酷いことをするものだと思いましたが、ただ男のするのを黙って
見ていますと、塵一つ残さずみな持っていってしまいました。

 ただ残ったのは、馬船(うまぶねー馬のかいば桶)一つでした。

 この男の従者で、馬飼いとして使われている童がいました。名前を眞梶丸
(まかじまる)と言いました。

 その童を使いとして、取りによこしたので、元の妻は、この童に向かって、
「もうお前も二度とここには来ないだろうね。」
と言いました。

童は、
「いいえ、そんなことはありません。そんな薄情なおっしゃり方はなさらない
で下さい。」
と言って、馬船を持って行こうとしました。

元の妻が、
「私が、あの人に申し上げたいことがあるのだが、伝えてくれるかい?」
と言いますと、童は、
「はい、きちんと申し上げます。」
と言いました。

 元の妻は、
「手紙を差し上げても、あの人は決して見てくれないでしょう。ただ、口で言っ
ておくれ。」
と言って、歌を詠みました。

 ふねもこじまかぢもこじな今日よりはうき世の中をいかで渡らむ
 (馬船も持って行かれ、眞梶も去って、もう二度と戻ってこないでしょう。
  船も舵も失った私は、これから先、どうして浮き世という大海を渡っていっ
  たらいいのでしょうか。)

 童は、それをしっかり聞いて、返っていって、主人に、
「このようにおっしゃっていましたよ。」
と伝えました。

 男は、それを聞いて、可哀想なことをしたと思ったのでしょうか、運び出し
た物をみな運び返して、自分も戻り、二度と他の女には心を移すこともなく、
元のように愛情深く暮らしました。

 だから、風流心(歌心)のある者は、このようなものだと、語り伝えたと言
うことです。

                         おわり

しょうげんの一言:歌を詠んで、復縁した話しは69号にも出てきました。歌が如何に
         重要であったか、というお話ですね。「大和物語」にも同じ話が出ています。

Category: 今昔物語

妻の往生

| EDIT

近江守彦眞(ひこざね)の妻伴氏(とものうじ)往生のものがたり

                    (今昔 巻15 第48)

 むかーし昔。
 近江の守彦眞という人がおりました。

 その妻の伴氏は、若いときから道心深く、弥陀仏を念じていました。

 この女は、彦眞と夫婦になって、その縁は深いと言いながら、同衾して夫婦
の関係を結ぶことはありませんでした。いつも身を清浄にして念仏を唱えてい
ました。

 ある時、女は胎藏界の曼陀羅(胎藏界の諸佛を、その位ごとに壇場に安置し
装飾した物)前に座って、夫彦眞を呼んで、
「私が、縁あって長年あなたと夫婦でしたが、同じ床に寝ず、触れあうことも
ありませんでした。それでも、きっと罪がないわけではありません。だから、
あなたと同じ家には居られません。家を一つ私に下さい。別居して、妻として
知らず知らずのうちに犯した罪を償いたいと思います。」
と言いました。

 そこで、彦眞は、妻の言う通りに、家を与えて、別居しました。

 妻がまた、
「私は、長年、弥陀の念仏を唱えて、間違いなく極楽往生しようとしてますが、
ちょっとした障碍があります。それを考えてみますと、以前或る人が、私に鮒
を沢山呉れました。その中に生きてるのが二尾いたのです。私は、それを哀れ
んで井戸に入れたのです。ところが、その鮒は狭いところに長い間いたので、
広いところに出たいと嘆いていることでしょう。もしや、その罪が往生の妨げ
になっているのでしょうか。」
と言いました。

 彦眞は、それを聞いて、すぐに人を井戸に下ろして、底を探らせて、二尾の
鮒をすくい取って、広い河に持っていって放させました。

 その後、女の寿命が尽きるとき、蓮の花の香りが家中に満ち、紫の雲が下り
てきて簾の中に入ってきました。

 女は、少しも苦しむこともなく、西に向かって念仏を唱えて、息を引き取り
ました。それを見聞きした人々は、みんな尊いことだと感じました。

 これを考えると、これっぽちの罪によっても往生の妨げになるのですね。ま
して、自分の我を通して罪を作っているような人は、往生することは非常に難
しいのですが、最期に真心を尽くして念仏を唱えるべきだと語り伝えたと言う
ことです。

                        おわり

しょうげんの一言:奇妙な話ですね。鮒を広いところに放して、往生できたという事を
   言いたかったのでしょう。仏教説話としてもレベルの低い物だと思います。

Category: 今昔物語
↑