狐が人を騙そうとして

| EDIT

  狐、女の形と変じて、播磨の安高にあふものがたり

               (今昔 巻27 第38)

 むかーし昔。
 播磨の安高という近衛舎人(このえとねりー近衛府の下級役人)がおりまし
た。右近の将監(しょうげん)貞正の子です。

 藤原兼家家の随身(ずいじんー貴人が外出するときのボディガード)でした
が、まだ若かった頃、主人は内裏にいらっしゃる間に、(安高の家は西の京に
ありましたが、)安高は内裏に伺候していたのですが、従者が見えなかったの
で、一人で西の京の家に行こうと大内裏の中を歩いていました。

 九月二十日頃なので、夜更けでしたが、月は明るい晩でした。

 宴の松原(大内裏の一画)の辺りに、艶々とした濃い紫色の衣を着た女が、
前を歩いている姿・髪の様子が、月明かりで、言葉では言い表しようがないほ
ど艶麗に見えました。

 安高は、沓(くつ)を履いてましたので、足音を立てないでついていき、や
がて追いついて並んでみると、絵を描いた扇で、顔を隠しているので、良く見
えません。

 額や頬にかかっている髪の具合など、言いようもないほど可愛らしい感じで
す。

 安高が、近く寄って手を触れると、女の衣装にたき込んだ香が、強烈に匂い
ます。

 「こんな夜更けに、どこのお方でしょうか、何処にいらっしゃろうとするの
ですか。」
と安高が言うと、女は、
「西の京に、人が呼んでいるので、行くのです。」
と答えました。

 安高が、
「人の所にいらっしゃるよりは、この安高のところへ、さあ行きましょう。」
と言いますと、女は、笑いながら、
「どなたとも存じ上げない方と、どうして・・・」
と微笑みながら愛想良く答えました。

 あれこれ語りながら歩いていく中に、近衛の門(大宮大路に出る門)にさし
かかりました。

 安高は、
  豊楽院(ぶらくいんー大内裏の内で、天子が宴会する場所)の内には、人
 を騙す狐が居ると聞いているが、もしかしたら、これがそうであろうか、こ
 いつを脅して試してみよう、顔をはっきり見せないのが怪しい。
と思って、女の袖をつかんで、
「ここでちょっと立ち止まって下さい。申し上げたいことがあります。」
と言いました。

 女は、扇で顔を隠して、恥ずかしそうに顔を赤らめています。

 安高、
「本当は、我が輩は追い剥ぎだ。貴様の衣を剥ぎ取ってやろう。」
と言いながら、紐を解いて、肩脱ぎし、八寸(一寸は約30センチ)ほどの氷
のようにきらめく刀を抜いて、女に向けて、
「喉笛をかき切ってやるぞ。さあ、衣を脱いで寄こせ。」
と、髪をつかんで、柱に押し当てて、刀を首に差し当てた途端に、女は、もの
すごく臭いおしっこをしゃーっとしかけました。

 安高が、びっくりして手を弛めると、女は忽ち狐になって、門から走り出て、
こんこんと鳴いて、大宮通りに逃げていきました。

 安高は、それを見て、それでも万が一人間であったなら、と思って、殺さな
かったが、狐だと分かっていたら逃がさずに殺したのにと、残念で口惜しいと
思ったけれども、どうしようもなくて終わりました。

 その後、安高が夜中・夜明け前にも、その場所を通りましたが、狐は懲りた
のでしょうか、二度と出合いませんでした。

 狐は、美しい女に化けて、安高を騙そうとしたのですが、辛うじて命を落と
さないで済んだのです。
 
 だから、人の気配の少ない野などで、一人で居るときに、いい女などを見か
けても、よく分別して触れるべきではありません。

 これは、安高が思慮深く、いたずらに女色に溺れないで、騙されなかったの
だと、語り伝えたと言うことです。

                      おわり

しょうげんの一言:皇居内にも狐が住んでいて、それが人を騙すことがあった、と言う
        のは昔話として分かりますが、武勇談としては、ちょっとお粗末ですね。
        狐は、この場合、人を騙してどうしようというのでしょうか(^^)

スポンサーサイト
Category: 今昔物語

八年後の予告

| EDIT

東下りの者、人の家に宿りて産にあふものがたり

                 (今昔 巻26 第19)

{註:当時、お産は汚れと考えられていました}

 むかーし昔。
 東国行く者がおりました。

 どこの国ということは分かりませんが、人里を通っているときに日が暮れた
ので、今夜はこの郷に泊まろうと思って、小家が多い中で、大きい造りで賑や
かな家を選んで、馬から下り、
「東国へ行く旅の者ですが、日が暮れたので、今夜だけ泊めていただけません
か?」
と言いました。

 その家の主人らしい老女が、
「どうぞお入りになって、お泊まり下さい。」
と言いますので、喜んで入り、客間と思われる所に案内されました。

 馬は馬小屋に入れさせ、従者どもはそれぞれ然るべき所に入れられたので、
嬉しいと思いながらほっとしてくつろいでいました。

 そうしているうちに夜になったので、持参していた食べ物などを取り終えて、
横になり、夜が更けた頃、急に奥の方で慌ただしい気配がしました。

 何事だろうと思っていると、先ほどの女主が出てきて、
「私に娘がおりますが、妊娠して丁度今月が臨月でした。でも、お産が今日明
日のこととは思わなかったので、昼、あなたをお泊めしたのです。ところが、
たった今、産気づきましたので、夜にはなりましたが、もし今にも産まれたら、
どういたしましょうか?(あなた方は穢れに触れてしまいます。)」
と言います。

 宿った人は、
「そんなことは、別になんでもありません。私は、そういうお産の汚れなどを
忌み嫌うようなことはありません。」
と言いました。

 女主は、
「それでは、結構です。」
と言って、引っ込んでいきました。

 その後暫くすると、一際騒然として、産まれたのだなと思っていると、この
男の泊まっていた部屋の近くの戸から、身長八尺(一尺は約30センチ)程の
怖ろしそうな男が、出て行きながら、不気味な声で、
「年は八歳、死に方は自害。」
と言って、去っていきました。

 どんな者が、そのようなことを言ったのだろうと思いましたが、暗かったの
で、何者ともはっきり見えませんでした。

 人に、この事を語ることもなくて、暁にその家を出ました。

 さて、国に下って八年経って、九年目に返り上ってくるときに、この宿った
家を思い出して、情け深い家だったと思い、そのお礼も言おうと、行きと同様
に、その家に泊まりました。

 あの女主人も、前より年老いた感じで出てきました。
「よくおいでくださいました。」
と言って、色々お話ししている中に、この男が、
「前に参りました晩にお生まれになったお子さんは、今では大きくおなりになっ
たでしょうね。男か女か、急いで出立しましたので、そのこともお聞きしませ
んでしたね。」
と言いました。

 女主人は、涙を流しながら、
「そのことでございます。非常に可愛らしい男の子でございましたが、去年の
ある日、高い木に登って、鎌で木の枝を切っているうちに、木から落ちて、そ
の鎌が頭に刺さって、死んでしまいました。本当に可哀想なことをしました。」
と言いました。

 男は、それでは、あの晩、戸から外へ出ながら言ったのは、鬼神などの言葉
だったのだと思い合わせて、
「これこれのことがあったのですが、その時は何事とも分からず、家の人が何
気なく言ったのだろうと、気軽に考えて、そのことを申し上げないままに、辞
去しました。あれは鬼神などがお孫さんの寿命を示したのですねー。」
と言いますと、女主は、更に激しく泣き悲しみました。

 これは、男が京に上って、語り伝えたことなのです。

 だから、人の命は、みな前世の因縁で、生まれたときから定まっているのに、
人間は愚かで悟らずに、その時になって初めて思い嘆くのです。

 だから、この世のこと全てが、前世の因縁であると気付くべきだと、語り伝
えたと言うことです。

                        おわり

しょうげんの一言:どうも腑に落ちない結論ですねー。
    「自害」とは、「自殺」の事でしょうが、ここでは違った意味で使っ
    てますね。

Category: 今昔物語

生霊の人殺し

| EDIT

近江の国の生霊(いきすだま)、京に来て人を殺すものがたり

                    (今昔 巻27 第20)

 むかーし昔。
 京から美濃尾張の方に下ろうとする下郎がおりました。

 京を暁に出ようと思ったのですが、夜更けに起きて出かけたところ、大路に、
青ばんだ衣の裾をつまんだ女が、唯一人で立っていました。

 男は、どんな事情で女が立っているのだろう、こんな夜中だから、きっと女
一人ではないだろう、男が付いてるのだろうと思って、その側を通りすぎよう
とすると、この女が、
「そこにおいでのお方は、どちらへいらっしゃるのですか?」
と、男に声をかけてきました。

 男は、
「美濃尾張の方に下ろうとしているのです。」
と答えました。

 女は、
「それではお急ぎなのでしょうね。でも、大事なことを申し上げたいのです、
ちょっと立ち止まって下さい。」
と言います。

 男は、
「どんな事でしょうか?」
と言って、立ち止まります。

 女は、
「この辺りに、民部の大夫の某という人の家は何処にあるのでしょうか。そこ
へ行きたいと思っているのですが、道に迷って行くことが出来ません。私をそ
こへ連れていって下さいませんか。」
と言います。

 男は、
「その人の家にいらっしゃるなら、どうしてこんな所にいらっしゃるのですか?
その家は、ここから七八町ほど行ったところですよ。ただ私は急用で出かけて
きたので、そこまでお送りしていては、遅くなってしまって大変困るのです。」
と言いました。

 女は、
「それでも非常に大事なことなのです。是非連れていって下さい。」
と言いますので、男は、不承不承ながら連れていくことにすると、女は、
「非常に嬉しゅうございます。」
と言って、行くことになりました。

 男は、この女が何となく不気味に思われましたが、何でもないのだと無理に
思い込んで、民部の大夫の家の門まで送って、
「これが、その人の家の門です。」
と教えました。

 女は、
「お急ぎの途中、戻ってまで、わざわざ私をここまで送って下さったことは、
本当に嬉しゅうございます。私は近江の国のしかじか郡のしかじかという人の
娘です。東国にいらっしゃれば、その街道に近いところです。必ずお立ち寄り
下さい。非常に不審なことがありましたので、このように案内していただいた
のです。」
と言って、前に立っていたと見えていた女が、ふっとかき消すように見えなく
なりました。

 男は、不気味なことだな、門が開いていたならば、門の中に入ったとも思え
るが、門は閉ざされていたのです。

 これはどうしたことかと、髪の毛が太くなるほどの恐怖にかられて、足がす
くんだようになって、すばらく突っ立っていると、この家の内で、突然泣き騒
ぐ声が起こりました。

 何事かと気配を窺うと、人が死んだようです。

 奇妙なことだなと、しばしその辺りをうろついて、夜が明けたら、この訝し
い状況について聞いてみようと考えていると、やがて夜が明けました。

 その家の人で一寸知ってる人が居たので、呼んでもらって、様子を聞くと、
その人は、
「近江に国においでの女性が、生霊となって取り付いたというので、ここのご
主人がご病気でしたが、この明け方に、その生霊が現れたようだ等と言ってい
る中に、急にお亡くなりになったのです。してみると、生霊というのは、確か
に人を呪い殺すものなんですね。」
と語りました。

 この男も頭痛がしてきて、女は喜んでいたが、実はそれが生霊だっただろう
と思って、その日は、旅立ちを止めて、家に帰りました。

 その後、三日ほど経ってから下ったときに、あの女が教えた辺りを通りかか
り、それではあの女が教えてくれたことを尋ねてみようと、探したところ、本
当にそういう家がありました。

 立ち寄って、人を介して、かくかくしかじかと申し入れたところ、覚えがあ
ると言って、呼び入れて簾越しに会って、
「先夜のご親切の嬉しさは、生涯忘れません。」
などと言い、食事を出し、絹布などもお礼として渡したので、男は不気味だっ
たけれども、それを受け取って、別れを告げて目的地に向かいました。

 この事から考えると、生霊というのは、ただ魂が乗り移るのかと思っていま
したが、やはり現実の姿となって現れるものでした。

 これは、あの民部の大夫が、その女を妻にしていたですが、捨ててしまった
ので、それを恨んで、生霊となって取り殺したのでした。
 だから、女の執念とは怖ろしいものだと語り伝えたと言うことです。

                            おわり

しょうげんの一言:「源氏物語」に、源氏の正妻「葵の上」が、生き霊に殺される場面
 がありますね。話としては興味深いですが、呪われた方は堪りませんねー。
 必殺技のようですからね。 

Category: 今昔物語

小人の出現

| EDIT

 幼児護りのために枕上に蒔きける米に血の付くものがたり

                   (今昔 巻27 第30)

 むかーし昔。
 ある人が、方違(かたたが)えに、下京(しもぎょう)辺りに行った際に、
幼子を連れていったのですが、その家には霊が居るのは知らないで、みんな寝
てしまいました。

 その幼子の枕元に、灯りを近くに寄せて、傍らに二三人程寝ていましたが、
乳母がふと目が覚めて、幼子に乳を飲ませながら横になっていました。

 夜半に塗籠(ぬりごめ-四方を壁で塗り込め、明かり取りと妻戸を付けた部
屋、寝室や物置に使用する)の戸を細めに開けて、そこから身長15センチく
らいの役人風の者が、正式の服装で、馬に乗って、10人ほどぞろぞろと枕元
を通りました。

 この乳母は、怖ろしいと思いながら、魔除けのために用意して置いた打蒔
(うちまき)の米を沢山つかんで、投げつけました。

 すると、その男達はさっと蜘蛛の子を散らすように、散らばりながら消えま
した。

 その後も、ますます怖ろしく思っている中に、夜が明けましたので、枕元を
見ると、夜半に投げつけた米粒一つ一つに、血が付いていました。

 数日その家に滞在しようと思っていたのですが、この事が怖ろしいので、そ
の晩だけで帰りました。

 だから、幼い子供の辺りには、必ず打蒔の用意をすべきだと、これを聞いた
人は、口々に言いました。

 また、その乳母が、賢明にも落ち着いて打蒔をしたものだと、人々は褒め称
えました。

 これを思うに、状況の分からないところには、分別を巡らして、みだりに泊
まるべきではありません。

 この世には、こういう所もあるのだと、語り伝えたと言うことです。

                   おわり。

しょうげんの一言:ガリバーの世界ですね。追っ払うなんて勿体ないことをしたものです。

Category: 今昔物語

生霊の人殺し

| EDIT

近江の国の生霊(いきすだま)、京に来て人を殺すものがたり

                    (今昔 巻27 第20)

 むかーし昔。
 京から美濃尾張の方に下ろうとする下郎がおりました。

 京を暁に出ようと思ったのですが、夜更けに起きて出かけたところ、大路に、
青ばんだ衣の裾をつまんだ女が、唯一人で立っていました。

 男は、どんな事情で女が立っているのだろう、こんな夜中だから、きっと女
一人ではないだろう、男が付いてるのだろうと思って、その側を通りすぎよう
とすると、この女が、
「そこにおいでのお方は、どちらへいらっしゃるのですか?」
と、男に声をかけてきました。

 男は、
「美濃尾張の方に下ろうとしているのです。」
と答えました。

 女は、
「それではお急ぎなのでしょうね。でも、大事なことを申し上げたいのです、
ちょっと立ち止まって下さい。」
と言います。

 男は、
「どんな事でしょうか?」
と言って、立ち止まります。

 女は、
「この辺りに、民部の大夫の某という人の家は何処にあるのでしょうか。そこ
へ行きたいと思っているのですが、道に迷って行くことが出来ません。私をそ
こへ連れていって下さいませんか。」
と言います。

 男は、
「その人の家にいらっしゃるなら、どうしてこんな所にいらっしゃるのですか?
その家は、ここから七八町ほど行ったところですよ。ただ私は急用で出かけて
きたので、そこまでお送りしていては、遅くなってしまって大変困るのです。」
と言いました。

 女は、
「それでも非常に大事なことなのです。是非連れていって下さい。」
と言いますので、男は、不承不承ながら連れていくことにすると、女は、
「非常に嬉しゅうございます。」
と言って、行くことになりました。

 男は、この女が何となく不気味に思われましたが、何でもないのだと無理に
思い込んで、民部の大夫の家の門まで送って、
「これが、その人の家の門です。」
と教えました。

 女は、
「お急ぎの途中、戻ってまで、わざわざ私をここまで送って下さったことは、
本当に嬉しゅうございます。私は近江の国のしかじか郡のしかじかという人の
娘です。東国にいらっしゃれば、その街道に近いところです。必ずお立ち寄り
下さい。非常に不審なことがありましたので、このように案内していただいた
のです。」
と言って、前に立っていたと見えていた女が、ふっとかき消すように見えなく
なりました。

 男は、不気味なことだな、門が開いていたならば、門の中に入ったとも思え
るが、門は閉ざされていたのです。

 これはどうしたことかと、髪の毛が太くなるほどの恐怖にかられて、足がす
くんだようになって、すばらく突っ立っていると、この家の内で、突然泣き騒
ぐ声が起こりました。

 何事かと気配を窺うと、人が死んだようです。

 奇妙なことだなと、しばしその辺りをうろついて、夜が明けたら、この訝し
い状況について聞いてみようと考えていると、やがて夜が明けました。

 その家の人で一寸知ってる人が居たので、呼んでもらって、様子を聞くと、
その人は、
「近江に国においでの女性が、生霊となって取り付いたというので、ここのご
主人がご病気でしたが、この明け方に、その生霊が現れたようだ等と言ってい
る中に、急にお亡くなりになったのです。してみると、生霊というのは、確か
に人を呪い殺すものなんですね。」
と語りました。

 この男も頭痛がしてきて、女は喜んでいたが、実はそれが生霊だっただろう
と思って、その日は、旅立ちを止めて、家に帰りました。

 その後、三日ほど経ってから下ったときに、あの女が教えた辺りを通りかか
り、それではあの女が教えてくれたことを尋ねてみようと、探したところ、本
当にそういう家がありました。

 立ち寄って、人を介して、かくかくしかじかと申し入れたところ、覚えがあ
ると言って、呼び入れて簾越しに会って、
「先夜のご親切の嬉しさは、生涯忘れません。」
などと言い、食事を出し、絹布などもお礼として渡したので、男は不気味だっ
たけれども、それを受け取って、別れを告げて目的地に向かいました。

 この事から考えると、生霊というのは、ただ魂が乗り移るのかと思っていま
したが、やはり現実の姿となって現れるものでした。

 これは、あの民部の大夫が、その女を妻にしていたですが、捨ててしまった
ので、それを恨んで、生霊となって取り殺したのでした。
 だから、女の執念とは怖ろしいものだと語り伝えたと言うことです。

                            おわり
しょうげんの一言:「源氏物語」に、源氏の正妻「葵の上」が、生き霊に殺される場面
 がありますね。話としては興味深いですが、呪われた方は堪りませんねー。
 必殺技のようですからね。 

Category: 今昔物語
↑