狐の恩返し

| EDIT

狐、人につきて取られたる玉を乞ひ返して恩を報ずるものがたり

           (今昔 巻27 第40)
                  

 むかーし昔。
 物の怪(もののけー生き霊や死霊など)の為に病気になっている人がおりま
した。

 物託(ものつきー霊などが乗り移って神懸かりな事を伝える女)の女に、物
の怪が乗り移って、
「我は狐なり。祟りをなすために来たのではない。ただ、こういう所には食い
物の飾りが散在するものと考え、ちょっと覗いたのに、このように召し取られ
てしまった。」
と言って、懐から小さな蜜柑くらいの白い玉を取りだして、放り上げては手に
取るのでした。

 それを見た人は、綺麗な玉だな、それにしてもこの狐憑きの女が、最初から
懐に隠していて、人を騙そうとしているのだろうと、疑っていると、側にいた
度胸のある若い侍が、物託の女がその玉を放り上げたのを、突然自分が受け止
めて、懐に入れてしまいました。

 すると、この女に託(つ)いた狐が、
「大変なことをなさいますね。その玉を返して下さい。」
と、言いました。

 何度も頼むのですが、男は聞き入れずに座っていると、狐は泣きながら、
「あなたは、その玉を取っても、使い方を知らないから、あなたのためには、
何の役にも立ちません。私は、その玉を取られたら、大変な損失です。だから、
その玉を返さなければ、永くあなたに祟りますよ。もし、返してくれたならば、
私は、神のようにあなたに託いて守って上げますよ。」
と言います。

 この男も、これは無益なことだと気付いて、
「それでは、きっと私の守護神とおなりになるのですか。」
と尋ねました。

 狐は、
「もちろん。必ず守護神となりましょう。決して嘘は言いません。また恩知ら
ずという事はありません。」
と答えました。

 男は、
「この搦め取っていらっしゃる護法(ごほうー仏法守護のため使役される鬼神)
に誓いますか?」
と言いました。

 狐は、
「まことに護法もお聞き下さい。玉を返して下さったならば、間違いなく守護
神になりましょう。」
と言ったので、男は懐から玉を取りだして、女に渡しました。

 狐は、喜んで、何度も何度も礼を言って受け取りました。

 その後、験者(げんざー加持祈祷する修験道の行者)に追われて、狐は去り
ました。

 それを見て、人々は、その物憑きの女を、そのまま捕まえてその場を立たせ
ずに、懐を探したところ、玉はありませんでした。

 だから、本当に託いた者が持っていたのだなぁと、みんなは納得しました。

 
 その後、この玉取りの男が太秦の広隆寺に参詣して、暗くなる頃に寺を出て、
夜に入って大内裏の側を通り、応天門の側を通り過ぎようとする時に、突然何
か物の気配がして不気味に思われたので、どうしたのだろうと不思議に思い、
途方に暮れましたが、そうだ!自分のみを守ると言った狐が居たのだと思い出
して、暗いところで、唯一人立って、
「狐、狐。」
と呼んだところ、こうこうと鳴いて、出てきました。

 見ると、間違いなくあの時の狐です。

 されば、と思って、男は狐に向かって、
「狐よ、本当に嘘ではなかったな。全く感心だ。ここを通ろうと思ったが、何
となく怖ろしいので、私を送ってくれ。」
と言うと、狐は、心得たという風に、振り返りながら歩いていきます。

 男はその後ろについて行きますと、普段通る道ではなくて、別な道を通って
歩いていき、或る場所で、狐が立ち止まって、背を丸めて、注意を促すように
男を振り返った見るのでした。

 男も、抜き足忍び足で歩いていくと、人の気配がします。

 そっと見ますと、弓矢武器を身につけた者どもが、沢山集まって何事か相談
しているのです。

 垣根越しに、耳を澄ますと、なんと盗人たちが、これから侵入しようとする
家のことを相談しているのでした。

 この盗人どもは。表通りに立っているのでした。

 だから、その道を通らないで、抜け道を通っているのでした。狐は、あらか
じめ盗人達が集まっている道を避けたのでした。

 その道を通り抜けると、狐は姿を消しました。男は無事に家に帰りました。

 狐は、こればかりではなく、このように、いつでもこの男に付いて、何度も
助けることがありました。

 本当に「守る」と言った事に反することはなかったので、男は、本当に感動
しました。

 もし、あの玉を惜しんで、返さなかったならば、男は、ろくな事にならなかっ
たでしょう。だから、返して良かったなぁとしみじみ思いました。

 
 この事を考えますと、このようなものは、このように恩を知り、嘘は言わな
いものです。

 だから、たまたま助けてやれる機会があったら、このような獣は、必ず助け
るべきです。

 ところが、人間は思慮分別があって、因果応報の道理を知っているはずです
が、かえって、獣よりも恩を知らず、不実なところもあるものだと、語り伝え
たと言うことです。

                           おわり

スポンサーサイト
Category: 今昔物語

人相見が見抜いた聖人

| EDIT

雲林院の菩提講を始むる聖人往生のものがたり

                 (今昔 巻15 第2)
                 (宇治拾遺 巻4 第6)

 むかーし昔。

 雲林院という所で菩提講を始めた聖人が居ました。

【菩提講ー極楽往生を願う人のために、法華経を中心に分かりやすく説く法会】

 元は九州の人でした。大層な盗人だったので、逮捕されて牢獄に七回も入れ
られました。

 その七回目の時に、検非違使たちが集まって相談し、
「この盗人は、一度投獄されただけでも、人間として良いことではない。まし
て、七回も獄に入れられることは、世間に滅多になく、公儀に背く大悪人であ
る。だから、今回は、足を切ってしまおう。」
と決めて、足切りの刑を実行するために、川原に連れていって、足を切ろうと
しました。

 人の顔を見て、運勢を判断し、まだ一つも外れたことがない人相見がおりま
した。

 その相人が、その処刑場の側を通りかかり、人が沢山集まっているのを見て、
近づいてみると、今にも足を切ろうとするときでした。

 相人は、この盗人を見て、足を切ろうとしている人に向かって、
「この人を、私に免じて、足切りを許して下さい。」
と言いました。

 その足切り役は、
「これはとんでもない悪党で、七回も投獄された者です。だから、今回は、検
非違使が相談して、足を切るべしと決定して、切られるのです。」
と言いました。

 相人は、
「これは、必ず極楽往生する人相の持ち主です。だから決して足を切ってはい
けません。」
と言いました。

 足切り役は、
「話にならない占いをするお方だな。これほどの大悪人が、どうして極楽往生
などしようか。理屈に合わない非常識な人相見だな。」
と言って、今にも切ろうと振りかぶりました。

 相人は、その切ろうとする足の上に横になり、
「この足の代わりに、私の足を切って下さい。必ず往生するはずの人相の持ち
主を、目前で足を切らせたならば、人相見として、私は仏の罰を受けるでしょ
う。」
と言って、大声で喚きましたので、足切り役は扱いかねて、検非違使の許に行っ
て、
「かくかくしかじかの事がございます。」
と報告しました。

 検非違使たちは、また相談して、
「そのように尊い人相見が言うことなので、この言葉を無視するのは不都合な
ことだろう。」
とまとまりました。

そのことを、長官に申し上げますと、
「それならば、その刑は許して、追放せよ。」
と言うので、足を切らないで、追放してしまいました。

 その後、その盗人は、深く道心を起こして、髷を切って法師になりました。

 日夜、弥陀の念仏を唱えて、ねんごろに極楽に生まれ変わることを願って居
る中に、雲林院に住んで、菩提講を始めたのでした。

 遂に命の尽きるときになって、本当にあの相人が言葉通りに、非常に尊い様
でお亡くなりになりました。

 長年悪の道に走っていても、思い返して善の道に進めば、このように往生す
るのだなぁと、人々は敬いました。

 だから、往生するはずの人は、必ずそういう吉相をしているのだが、それを
見抜くほどの人相見が居ないので、見過ごされているのですが、この場合は、
このように、優れた人相見が気付いて予言したのでしょう。

 菩提講を始めて、それが今も続いているというのは、非常に尊いことだと語
り伝えたと言うことです。

                        おわり

Category: 古典文学

虎と鰐の死闘

| EDIT

鎮西(ちんぜいー九州)の人、新羅(しらぎ)に渡りて虎にあふものがたり
 
                  (今昔 巻29 第31)
                  (宇治拾遺 巻第3 7)

 むかーし昔。

 鎮西(ちんぜいー九州)の人が、商いのために、船一艘に多くの人を乗せて、
新羅(しらぎー朝鮮半島にあった国)に渡りました。

 商いが終わって帰途に就き、新羅の山の断崖に沿って漕いでいきましたが、
船に水を補給しようとして、水の流れ出るところに船を停めて、人を下ろして
水を汲ませているときに、船に残っていた一人が、何気なく海を覗き込むと、
山の影が映っていました。

 それに、三四丈(一丈は約3メートル)程の高い岸の上に、虎が身をかがめ
て物を狙っている様子がありありと見えたので、他の者にも告げ、水を汲みに
行った者どもを急ぎ呼び戻して船に乗せ、全員で櫓を漕いで船を出しました。

 虎が、崖から飛び降りて、船に飛び込もうとしましたが、船は虎が落ちてく
るより早く岸を離れたので、あと一丈ばかりというところで船に届かず、虎は
海に落ちてしまいました。

 船に乗った者達はそれを見て怖れおののきました。

 船を漕いで急いで逃げながらも、集まってこの虎を見ていますと、虎は海に
落ち入って、間もなく浮き上がって陸に上がったのを見ると、水際の平らな石
の上に登るのでした。

 何するのだろうと見ると、虎の左の前足が膝から下が切れて無くなっていま
す。血が流れています。

 海に落ち入った時に、鰐が食い切ったのだろうと見ていると、その切れた前
足を海に浸して、身をかがめています。

 そうしていると、沖の方から、鰐がこの虎の居る方を目指して来ました。

 鰐が虎に食いかかろうとしたときに、虎は右の前足で、鰐の頭に爪を立てて、
陸上に投げ上げると、一丈ほど浜に打ち上げられて、鰐は仰け様になって砂の
上でばたばたしています。

 そこに、虎が走り寄って、鰐の顎の下に躍りかかって食いつき、二三度ばか
り振り回して、鰐が弱ると、虎は肩に打ちかけて、手を立てたように切り立っ
た五六丈ほどの断崖を、三本足で、下り坂を走り下るような早さで、素早く登っ
ていったので、船の中にいた者どもは、それを見て、ほとんど気を失うほどの
恐怖感に襲われました。

 「あの虎の仕業を見ると、もしこの船に飛び入ったならば、我らは一人残ら
ず食い殺されて、家に帰ることも出来ず、妻子の顔も見ることが出来ないで、
死んでしまっただろうなー。優れた武器を持った千人の軍人が防いでも、何の
役にも立たないだろう。ましてや、狭い船の中では、刀を抜いて立ち向かって
も、あれほど力が強く足が速いのだから、どうすることも出来なかっただろう
なー。」
と、口々に言い、正気を失った状態で、船を漕ぐのも上の空で、鎮西に戻って
きました。

◆註:宇治拾遺物語では、ここで話は終わってるのです。

 それぞれ妻子にこの事を語り、辛うじて命が助かって帰れたことを喜びまし
た。他の人もこれを聞いて、非常に恐ろしがりました。

 これを思うに、鰐も海の中では猛々しく賢いので、虎が海に落ちたときに、
足を食い切ったのでしょう。さらに欲張って虎を食おうとして、陸の近くに来
て命を亡くしたのです。

 だから、多くのことは、みなこの類です。

 人はこれを聞いて、余り身の程知らずな欲張りは止めた方がよい、ただ身の
程に応じた加減を知るべきだと、語り伝えたと言うことです。

                     おわり

Category: 古典文学

鷲にさらわれた子

| EDIT

 但馬国(たじまのくに)において、
         鷲、若子(わくご)をつかみ取るものがたり

                 (今昔 巻26 第1)

 むかーし昔。

 但馬国、七美(ななつみ)郡、川山の郷(さと)に住んでる人が居ました。

 その家に、一人の幼い子が居て、庭で這い這いしていると、ちょうど一羽の
鷲が空を飛んでいて、この幼子を見つけると、急降下してきて、幼子を掴んで
忽ち上昇し、遙かに東の方角に飛び去りました。

 父母はそれを見て、泣き悲しみ、追いかけて奪い取ろうと思いましたが、遥
か上空に昇っていったので、どうしようもありませんでした。


 その後、十数年経って、この鷲に取られた幼子の父が、用事があって、丹後
の国加佐郡に行きました。

 その郷にある人の家に泊まりました。その家に女の子が一人いました。年は
12,3歳ほどでした。

 その女の子が、大路にある井戸に行って、水を汲もうとするとした時に、こ
の泊まることになった但馬国の男も足を洗うために、その井戸に行きました。

 その郷の幼い女の童どもが、沢山その井戸に集まって水を汲んでいましたが、
この泊まった家から来た女の子の持った釣瓶を奪い取るのでした。

 その家の女の子は、負けずに奪われまいとして、争っていると、郷の女の童
どもが、口を揃えて、
「お前は、鷲の食い残しだよー。」
とさんざんに罵るのでした。

 その家の女の子は、叩かれて泣きながら家に帰りました。この泊まる但馬の
男も戻りました。

 その家の主人が、女の子に、
「どうして泣いてるんだ。」
と尋ねますと、女の子は、ただ泣くばかりでその訳を言いません。

 そこで、但馬の男は、見たことなので、さっきの様子を詳しく語り、更に、
「そもそも、この女の子を、どうして鷲の食い残しと言うのかね?」
と尋ねました。

 家の主人が、
「その年のその月のその日に、なんと鷲が巣に何かを落としたら、幼子の泣き
声が聞こえたので、その声を頼りに巣に近寄って見たら、幼子が泣いて居たの
で、その子を抱き下ろして、そのまま養い育てた女の子なので、郷の女の童も
それを聞き伝えて、そのように罵るのですよ。」
と言いました。

 この但馬の男はこれを聞くと、自分こそ以前子供を鷲に取られて、と思い出
して、その年のその月のその日というのを聞くと、あの但馬の国で、鷲に取ら
れた年月日とピタリと一致するので、我が子であろうかと思いながら、
「そして、その子の親という者が、その後分かりましたか?」
と聞きました。

 家主は、
「その後、全く分からないのですよ。」
と答えました。

 但馬の男は、
「そのことです。あなたのお話で思い出したのです。」
と言って、鷲に子供を取られたことを語り、
「これは、我が子に違いありません。」
と言いました。

 主人は、驚き呆れ、この女の子と但馬の人の顔を見比べると、この女の子は、
この旅人に全く瓜二つでした。

 主人は、それでは但馬の人の話は本当なのだなと信じて、しみじみと哀れが
るのでした。

 但馬の人も、ここへ来合わせてのも、前世からの因縁だろうと何度も言いな
がら、泣き崩れました。

 主人も、この様に因縁深くて、巡り会ったことを哀れんで、惜しまずに実の
親に返すことにしました。

 しかし、自分も長い間養い育てたので、実の親と変わりない、だから、今後
は共に親として養育しようと約束して、その後は、女の子は但馬にも行ったり
して、どちらにも親として仕えました。

 まったくこれは滅多にない呆れ果てた話です。

 鷲が、すぐにも食い殺してしまいそうなのに、生かしたまま巣に落としたと
いうのは希有のことです。

 これも、前世の因縁だったのでしょう。父子の因縁もこうだったのだろうと、
語り伝えたと言うことです。

                           おわり
       

Category: 今昔物語
↑