狐のいたずら?

| EDIT

民部大夫頼清の家の女子(おんなご)のものがたり

                  (今昔 巻27 第32)

 むかーし昔。
 民部の大夫藤原の頼清(よりきよ)という者がおりました。
 
 斎院(さいいんー加茂大社に奉仕する未婚の皇女または女王。その居場所に
も言う。)の次官でしたが、斎院の不興を受けて、その時は、木幡(こはたー
山城国宇治郡)と言うところに領地がありましたので、そこに行って居りまし
た。

 ところが、頼清のはしためとして使われている女が居りました。名前を「参
川の御許(みかわのおもと)」と言いました。

 長年仕えておりましたが、この女にはもともと京に家がありましたし、主の
頼清が院の不興を蒙って、木幡に引きこもりましたので、その女は、暇を貰っ
て長く京に居りました。

 しばらくして、頼清の許から舎人男(とねりおのこー牛車の牛飼いや乗馬の
口取り。)を寄こして、
「急用がある。すぐ来い。普段住んでいらっしゃる木幡の屋敷は、格別な用事
があって、昨日お発ちになった。山科の人の家を借りてお移りになった。すぐ
そちらへ参れ。」
と言いました。

 女は、5歳ほどの女の子が居りましたが、それを抱いて、急いで行きました。

 行き着いてみると、普段よりも、頼清の妻はこの女をもてなして、食事をさ
せ、忙しそうに何ということもない衣などを、染めたり洗い張りなどして、立
ち働いているので、女も一緒に手伝って、四五日過ぎました。

 そうしているうちに、女主が、この女に、
「木幡に、私が居た所に、植木職を一人置いたのです。そこに行って、そっと
伝えたいことがあるのだけど、お前は行けるかい。」
と言いました。

 女は、
「承知しました。」
と言って、子供は同僚に預けて、出発して行きました。

 木幡に到着して、家の中に入ると、きっと家の中は無人でひっそりしている
のだろうと思っていたのに、実際は大勢の人が、がやがやと群れていて、さっ
き会ったばかりの同僚もみんな居ます。

 呆然として、奥に入りますと、女主も居ます。

 夢を見ているのかと驚いていると、人々が、
「あら珍しいこと、参川の御許がいらっしゃったよ。どうしてすぐいらっしゃ
らなかったのですか?殿は、斎院に許されましたので、あなたにもその事を知
らせようと使いの者を遣ったのに、『この二三日はお屋敷へ、と言ってお留守
です』と隣の人が言ったと、使いは空しく戻ってきたのですが、あなたは、何
処にいらっしゃってたのですか?」
と口々に言うのです。

 女は、全く呆れ果て怖ろしく思って、ありのままをしかじかと、身を震わせ
慌てて語りますと、家の中の者ども、主人を始めとして、みんな恐ろしがって
いるのに、中には笑っている者も居ます。

 女は、我が子を置き去りにしてきたので、ではもうあの子供は殺されたのか
と茫然自失の状態で、
「では、人を遣わして、見て下さい。」
と言いました。

 頼清は、大勢の人を付けて遣ったので、女は山城に案内して、自分が行った
ところを見ると、広々とした野原に、草が鬱蒼と茂っていて、人の気配があり
ません。

 胸がいっぱいになって、急いで子供を捜し求めると、その子は、唯一人で荻
やススキの茂った中に座って泣いていたので、母は喜んで抱き上げました。

 元の木幡に戻って、しかじかでしたと語りますと、主もそれを聞いて、
「お前の嘘偽りだと言っていた同僚たちも、非常に不審がっていた。しかし、
参川の御許の嘘偽りにしては、わざわざ幼い子供を野原に連れていって、一人
置き去りにするというようなことが出来るはずがない。」
と言いました。

 これは、狐などの仕業だったのでしょう。狐だったからこそ子供の命は無事
で、霊鬼などだったら、命はなくなっていただろうと、みんな噂し合いました。

 こんな呆れたことがあったと、語り伝えたということです。

                       おわり

スポンサーサイト
Category: 今昔物語

観音様

| EDIT

信濃の国の王藤(わとう)観音出家のものがたり

              (今昔 巻19 第11)
              (宇治拾遺 巻6の7)

 むかーし昔。

 信濃の国の筑摩郡に、筑摩の湯という所がありました。
多くの人が、薬湯であると言って、湯浴みに来るほどの名湯です。

 ある時、その里の或る人が夢を見ました。
「人が現れて、『明日の正午に、観音様がいらっしゃって、この湯を浴びなさ
るでしょう。だから、人々は、必ず仏様と縁を結ぶために、来なさいよ。』と
言いました。」と。

 この夢を見た人が、夢の中の人に尋ねました。
「どのような姿をしていらっしゃるのでしょうか?」と。

 夢の中の人は、
「年40歳ほどの男で、髭が黒く、綾藺笠(あやいがさー藺で編んだ中高の笠
で、武士などが旅行や流鏑馬のときに被る。)を被り、黒漆を塗った矢を入れ
た矢筒を背負って、革を巻いた弓を持ち、紺の水干(すいかんー男性用衣服の
一種)を着て、夏毛のむかばきの白い(鹿の夏毛で、黄味がかって白い斑点の
生じた毛で作った半袴の白いもの)のをはいて、黒塗りの太刀を帯びて、葦毛
の馬に乗った人が来たら、それを観音様と信じなさい。」
と告げたのを、聞き届けたと思った途端に目が覚めました。

 不思議に思って、夜明けて後に、広くその里の人に、このことを告げ回り、
語り聞かせました。

 そこで、それを聞き伝えて、この湯に沢山の人が集まりました。

 すぐに、湯を替え、周りの庭を掃除し、注連縄を飾り、香を焚き、花を供え
て、多くの人が膝を突いてお待ちもうしていると、日はようやく正午を廻って
未(ひつじー午後二時頃)になる頃に、あの夢に見たような男が来ました。

 容貌を始めとして、夢に見えた様子と少しも違っていません。

 そこに集まっている人々に向かって、その男が、
「これはどうしたのですか?」
と尋ねましたが、ただ礼拝するだけで、この事を語る人は居ません。

 一人の僧が、手を摺り合わせて額に当てて拝んでいると、その側に寄ってい
って、男が、
「これは何事があって、このように私を見て、こんな沢山の人が拝みなさるの
ですか?」
とひどい地方訛の声で尋ねました。

 その僧は、
「昨夜、人の夢にしかじかのことがあったので、こうして拝むのです。」
と答えました。

 男は、それを聞いて、
「私は、二三日まえに狩りに出かけ、落馬して左の肘を折ったので、その肘の
湯治しようと思ってここに来たのに、このように拝まれるのは、まったく迷惑
なことです。」
と言って、その場を立ち去ろうとすると、人々は後ろからぞろぞろ付いてきて、
声高に拝んでいます。

 男は、どうしようもなくなり、
「では、自分は観音だったのか。それならばいっそのこと出家しよう。」
と言って、その場で、弓矢を捨て、武器を投げ出して、すぐ髷を根本から切っ
て、法師になりました。

 このように、目の前で出家したのを見て、多くの人はますます敬い拝みまし
た。

 やがて、この男を見知ってる人が現れて、
「あの人は、上野(かみつけ)の国の王藤大主(たいしゅ)だよ。」
と言いました。

 その里の人は、それを聞いて、名を王藤観音(わとうかんのん)と付けまし
た。 

 出家して後、比叡山の横川(よかわ)に登って、覚朝僧都(かくちょうそう
ず)という人の弟子になっていましたが、五年ほど横川に居て、その後は土佐
の国に行きました。

---◆註:宇治拾遺物語では、お話は以上で終わっています。◆---
   
 その後、その消息を伝え聞いた人はおりません。

 これは、全く珍しいお話です。本当の観音様がいらっしゃったのでしょうか?
この様に出家する仏は、非常に尊いのだと、語り伝えたと言うことです。

                           おわり
       

Category: 古典文学

夫殺し

| EDIT

 九条堀河に住む女、夫を殺して哭(な)くものがたり

                  (今昔 巻29 第14)

 むかーし昔。

 醍醐天皇の御代に、天皇が、夜、清涼殿内の寝室にいらっしゃった時に、突
然、蔵人を呼んだので、一人の蔵人が参上したところ、
「この東南の方角で、泣いている女が居る。ただちに探して参れ。」
とおっしゃいました。

 蔵人は、そのご指示を受けて、宮中の衛士の詰め所から、吉上(きちじょう
ー警備逮捕を司る下役)を呼んで、明かりを灯させ、内裏の中を探したところ、
全く泣く女はおりません。

 夜も更けてきたので、人の気配さえもないので、戻ってそのことを申し上げ
ると、天皇は、
「もっとよく捜せ。」
とおっしゃいます。

 そこで、八省の内で、清涼殿の東南に当たる各役所を尋ねて聞きましたが、
全く声を立てている者も居ないので、また戻って八省の内には、居りませんと
申し上げると、天皇は、
「それならば、八省の外を捜せ。」
とおっしゃいます。

 蔵人は、馬寮(めりょう)の馬を引き出させて、蔵人がそれに乗り、吉上に
灯を灯させて前に立てて、人を多数連れて、内裏の東南に当たる京中を歩いて、
広い範囲を聞き回りますと、京中はひっそりと静まって、人の声はしません。
まして、女の泣く声はしません。

 遂に、九條堀河の辺りまで行きました。

 一つの小さな家があって、女の泣く声がします。

 蔵人は、もしかしたら、天皇は、この泣き声を、お耳に留めたのかと、半信
半疑で、自分は馬に乗ったままその小家の前に立っていて、吉上を戻らせて、
「京中は、みなひっそりとして、女の泣く声はありません。でも、九條堀河の
小家に、泣いている女が一人おりました。」
と申し上げました。

 すぐ、吉上が戻ってきて、
「『その女を間違いなく捕まえて参れ。その女は、にせ泣きをしているのだ。』
というお言葉でした。」
と言いました。

 蔵人が、その女を逮捕させると、
「私の家は、死人によって穢れています。今夜盗賊が入って、私の夫が殺され
ました。その夫の死体が、まだ家の中にあるのです。」
と言って、大声で泣き叫ぶのでした。

 しかし、天皇のお言葉には背けませんので、女を縛り上げて、内裏に連れて
いきました。

 そのことを申し上げますと、内裏には入れないで、検非違使を呼んで女を引
き渡して、
「この女はとんでもない嘘を言っている。そして、内心を秘し隠し、外面では
泣き悲しんでいるのだ。速やかに、法に照らして取り調べ、罪科に処せ。」
とおっしゃったので、検非違使が、女を受け取って、退出しました。

 夜が明けてから、この女を取り調べますと、しばらくは同じ事を繰り返して
いましたが、強く責め立てますと、女は白状して、ありのままに申し上げまし
た。

 実は、この女は、秘夫(みそかおー恋人)と心を合わせて、夫を殺したので
した。
 
 わざと、これを嘆き悲しんでいるのだと、人に聞かせるために、泣いていた
のを、隠しきれずに白状しました。

 検非違使はそれを聞いて、宮中に参上して、報告いたしますと、天皇は、
「やはりなぁ。その女の泣き声は、本心とは違うと聞こえたので、無理を承知
で探せと命じたのだった。その秘夫をも探して逮捕せよ。」
とおっしゃったので、秘夫も逮捕して、女と共に投獄されました。

 だから、心の醜い妻には、心を許すべきではないと、この話を見聞きした人
は、みんな言いました。

 また、天皇を普通の人間ではございませんでしたと、人々は敬い申し上げた
と語り伝えたと言うことです。

                     おわり

Category: 今昔物語

何も盗らないのに

| EDIT

伯耆(ほうき)の国府(こふ)の蔵に入る盗人殺さるるものがたり

                   (今昔 巻29 第10)

※何も盗まないのに、死罪になった男の話です。


 むかーし昔。

 伯耆の守(かみ)で、橘の経国(つねくに)という人がおりました。

 その人が、伯耆の守だったとき、大飢饉で世の中には、全く食べ物が無くな
った年がありました。

 その国の役所の側に、蔵がありました。

 その蔵に貯蔵していたものも、全部住民に下げ渡し終わって、何も無くなっ
ていたときに、ある人が蔵の側を通りかかると、蔵の中で戸を叩いている者が
居ました。

 何が叩いているのだろうと、耳を傾けると、蔵の中から、
「盗人でございます。この事を早く申し上げて下さい。この蔵に乾飯(かれい
いー干し乾かした貯蔵用の飯、旅行用などにも利用する)があったのを見て、
少し取って命を延ばそうと思って、蔵の上に登って、屋根に穴を開けて、乾飯
の上に飛び降りようと、手を離して下りたら、乾飯もなくて空っぽだったので、
この四五日の間、屋根に登るすべもなく、もう餓死してしまいそうです。どう
せ死ぬなら、蔵から出て死にたいのです。」
と聞こえました。

 その人は、これを聞いて、呆れたことだと思い、すぐに守にこの事を申し上
げました。

 すぐに庁に詰めていた役人を呼んで、蔵を開けさせてみると、年は四〇歳く
らいで、育ちは良さそうで、水干装束をきちんと着けて、顔色だけは真っ青な
男が出てきました。

 人々はそれを見て、
「こんな男を処刑してもしょうがない。そのまま追放なさいよ。」
と言いました。

 ところが、守は、
「いやそうはいかぬ。後々の外聞もあるから。」
と言って、蔵の側で磔(はりつけ)にして、曝しておきました。

 これは、自分から白状した奴なので、許して追放すればいいのに、残酷なこ
とをしたものだと、人々は非難しました。

 この盗人の顔を見知っている人も居なくて、この事は終わってしまったと、
語り伝えたということです。

                     おわり

Category: 今昔物語

不可解なお話

| EDIT

西の市の蔵に入りたる盗人のものがたり

               (今昔 巻29 第1)

※今昔物語の中で最も不可解な話しだそうです。

 「西の市」は、六条から七条にかけて、朱雀大路をはさんで開かれた東西両
 市の一つ。


 むかーし昔。
 或る天皇の御代に、西の市の蔵に盗人が入りました。盗人が蔵の中に籠もっ
たということを聞いて、検非違使(けびいし-京都の治安維持の役人)どもが
蔵を取り囲んで捕らえようとしておりました。

 その中に、上の判官(検非違使の尉で六位の蔵人に補せられたもの)が、冠
を被り青色の上着を着て、弓矢を持って、混じっておりました。

 矛を持った放免(ほうめんー軽い罪で獄から出され、検非違使庁の下部とし
て使われる者)が、蔵の戸の近くに立っていると、蔵の戸の隙間から、盗人が
この放免を招き寄せました。

 放免が近寄って聞くと、盗人が、
「上の判官に申し上げてくれ。お馬から下りて、この戸の側までいらっしゃっ
て下さい。お耳元で、そっと申し上げたいことがあるのです。」
と丁寧に言いました。

 放免が、上の判官の許に寄って、
「盗人が、かくかくしかじか申しております。」
と告げます。

 上の判官がそれを聞いて、戸の側に寄ろうとすると、他の検非違使どもは、
「それは全く不都合なことです。」
と引き留めようとしました。

 しかし、上の判官は、これはそれなりの訳があるのだろうと思って、馬から
下りて蔵の側に近寄りました。

 すると、盗人は蔵の戸を開けて、
「こちらにお入り下さい。」
と言いましたので、上の判官は、戸の内に入りました。

 盗人は、内側から鍵を掛けて、上の判官を閉じこめてしまいました。

 検非違使どもは、それを見て、
「全く呆れたことだ。蔵の中に盗人を閉じこめた。囲んで捕らえようとしたの
に、上の判官が盗人に呼ばれて、蔵の内に入り、内側から鍵を掛けて、中に閉
じこもって、盗人をお話しなさるとは、今まで聞いたこともないことだ。」
と腹立たしげに非難しています。

 そうしていると、やがて蔵の戸が開きました。

 上の判官が蔵から出てきて、馬に乗って、検非違使どもの居るところに近寄
って、
「これは訳のあることだ。しばらくこの男を逮捕してはいけない。帝に申し上
げねばならないことがある。」
と言って、皇居に参りました。

 その間、検非違使どもは、蔵の周りを取り囲んでいました。

 間もなく、上の判官が戻ってきて、
「この男を逮捕してはいけない。速やかに戻れ。という帝のお言葉である。」
と言ったので、検非違使どもは、その言いつけを守って、その場を去りました。

 上の判官は一人留まって、日が暮れてから、蔵の戸に寄って、天皇のおっし
ゃったことを、盗人に語りました。

 すると、盗人は激しく泣き出しました。その後、上の判官は皇居に戻りまし
た。

 盗人は蔵から出て、何処へともなく立ち去りました。

 これは、誰だったのか分かりません。また、結局その理由も誰も分からなか
ったと、語り伝えたということです。

                      おわり

Category: 今昔物語
↑