舞茸

| EDIT

 尼ども山に入り、茸(たけ)を食ひて舞ふものがたり

                  (今昔 巻28 第28)

 むかーし昔。

 京都に住んでいた木伐人(きこりびと)たちが、大勢で北山に行ったところ、
道に迷って、どちらに行ったらいいのか分からなくなったので、四五人ほど寄
り集まって嘆いていると、山奥の方から人が沢山来る気配がしました。

 不思議なことだ、何者が来るのだろうと思っていると、尼さんたちが、四五
人ほど、激しい身振りで踊りながら出てきたのでした。

 木伐人たちは、それを見て、恐怖に駆られ、この尼君たちがこのように舞な
がら出てきたので、きっと人間ではあるまい、天狗であろうか、また鬼神であ
ろうかと思って見ていると、この舞う尼君たちは、木伐人たちを見つけて、ど
んどん近寄ってくるのです。

 木伐人たちは、非常に恐ろしいと思いながらも、近寄ってきた尼君たちに、
「これはこれは、どういう尼君たちが、このように舞いながら深い山の中から
出ていらっしゃったのですか?」
と尋ねました。

 尼君たちが、
「私たちがこのように舞いながら来たので、あなたたちは、きっと怖ろしいと
思うでしょうね。私たちは、どこそこの尼どもです。花を摘んで仏様に捧げよ
うと思って、一緒に山に入ったのですが、道に迷って、帰るすべもなくうろう
ろしている時に、茸が生えているのを見つけて、空腹のあまり、この茸を取っ
て食べようか、もしかすると毒茸かも知れない、などと思いながら、餓死する
よりは食べた方が良いと決心して、それを取って焼いて食べたところ、非常に
美味しかったので、食べて良かったと思いながら食べ終わりますと、ただこの
ように心ならずも舞わずにはいられなくなったのです。不思議と言えば本当に
不思議なことです。」
と言うので、木伐人たちは、それを聞いて、呆れ果ててしまいました。

 さて、木伐人たちも、非常に空腹だったので、尼たちが食い残して沢山持っ
ていたその茸を、餓死するよりはその茸を貰い受けて食べた方が良いと考えて、
貰って食べるとすぐに、この木伐人たちも心ならず舞い始めました。

 だから、尼たちも木伐人たちも、お互いに舞い続けて笑っていました。

 そうして暫くすると、酔いが醒めたようになって、どこをどう通ったのかも
分からずに、それぞれ里に戻りました。

 その後、この茸を舞茸(まいたけ)と言うのだそうです。

 これを考えてみますと、全く不思議なことです。近頃もその舞茸があります
が、これを食べた人が、必ずしも舞うわけでもありません。

 これは極めて不審なことだと語り伝えたと言うことです。

                         おわり

しょうげんの一言:もちろん、現在の「舞茸」とは違う種類ですね。 

スポンサーサイト
Category: 今昔物語

羅生門(芥川龍之介?)

| EDIT

羅城門(らしょうもん)にて
          上層(うわこし)に登り死人を見る盗人のものがたり

                     (今昔 巻29 第18)

 { 芥川龍之介の「羅城門」の素材になったものです。}


 むかーし昔。
 摂津の国から、盗みを働くために京に上ってきた男が、日がまだ暮れなかっ
たので、羅城門の下に隠れて立っていましたが、朱雀大路の辺りは人が沢山歩
いるので、人が静まるまではと思って、門の下に立っていました。

 山城の方から、人々が沢山来る気配がしたので、それに姿を見られたくなか
ったので、門の上層にそっと登ったところ、灯りがかすかに目に入りました。
 
 盗人は、怪しいと思って格子窓から覗いたところ、若い女が死んで横たわっ
ているのです。

 その枕元に、明かりを灯して、総白髪の非常に年老いたお婆さんが、その死
人の枕元に座って、死人の髪を指に絡んでは引き抜いているのでした。
 
 盗人は、それを見て、目を疑いました。

 これはもしかしたら鬼だろうかと怖ろしかったのですが、もしや死人だった
らとんでもないことだと思い、ともかく脅かしてみようと、やわら戸を開け刀
を抜いて、
「きさまは・・」
と言って走り寄ると、老婆は手を摺り合わせて慌てふためいているので、盗人
が、
「これは、どんな婆が、こんな事をしてるんだ。」
と尋ねました。

 老婆は、
「私の主人だった方が亡くなりましたが、葬儀などをする人もおりませんので、
このように羅城門の二階に置いて差し上げたのです。そのお髪が身長以上に長
いので、それを引き抜いてカツラにしようと思ったのです。命ばかりはお助け
下さい。」
と言いました。

 盗人は、死人の着ていた着物と老婆の着物と、抜き取ってあった髪を奪い取
って、下りて飛ぶように逃げ去りました。

 さて、羅城門の二階には、死体が沢山あったのです。死んだ人の葬儀など出
来ないのを、野犬などに荒らされないようにその二階に置き去りにしたのです。

 このことは、その盗人が人に語ったのを、聞き伝えてこの様に語り伝えたの
だと言うことです。

                         おわり

Category: 今昔物語

狗が現れた

| EDIT

 中納言紀長谷雄(きのはせお)の家に狗を顕はすものがたり

                 (今昔 巻28 第29)

 むかーし昔。
 中納言の紀長谷雄という博士がおりました。漢学の素養があり、学識豊かで、
この時代には肩を並べる者が居ないほど有名な人でしたが、陰陽道については、
何の知識もありませんでした。

 いつ頃か、狗がしょっちゅう現れて、土塀を越えてはオシッコしたので、不
思議なことだと思って、当時有名な陰陽師に、このことに吉凶を尋ねました。

 すると、
「○月○日、家の中に鬼が現れることがあるでしょう。しかし、特に人に危害
を加えるものではありません。」
と占ったので、
「その日は、物忌みをしよう。」
と言って、その件は終わりました。

 ところが、その当日になって、そのことを忘れて、物忌みをしませんでした。

 さて、学生たちを集めて、漢詩文を作らせ、声を上げて読ませていると、傍
らに物置にしていた塗籠(ぬりごめ-壁で囲った部屋)がありましたが、その
中で、非常に恐ろしそうなうなり声がするのです。

 並んで座っていた学生たちは、この音を聞いて、
「これは、何の音だ。不気味だ。」
と怖れおののいていると、その塗籠の戸が少し開いてた所から、動き出てきた
ものがあります。

 見ると、身の丈は60センチくらいで、体は白く頭は黒です。角が一本生え
ていてそれも黒です。脚は四本で白いものでした。

 それを見て、みんな恐怖のどん底に落ち込んだように、声も出せずに身を固
くしています。

 ところが、その中の一人が、思慮も勇気もある者で、走り寄ったかと思うと、
その鬼の頭をぽんと蹴りますと、なんと頭の方の黒い物を蹴って脱がしてしま
ったのです。

 改めて見ると、白い狗がきゃんと言って立っているのでした。

 狗が、夜の中に塗籠に入り込んで、半挿(はんぞう-湯や水をつぐのに用い
た器)に頭を突っ込んで、引き抜くことが出来ずに、声が籠もって、不気味に
聞こえたのでした。

 それが、よろめき出たのを、度胸があり思慮もある男が、とっさに狗が半挿
をかぶっているのだと見破って、半挿を蹴飛ばして、その正体を暴露したので
した。

 それを知って、人々の動揺も納まり、気持ちも落ち着いて、また集まって笑
顔も出てきました。

 「だから、本当の鬼ではないけれども、現実には人々の目には鬼に見えたの
で、鬼が出ると占ったのだなぁ。それに、人に危害を加えるものではないとも
占ったとは見事なものだねぇ。」
と、人々は、占いを誉め称えました。

 「それにしても、中納言があれほどの学識がある博士なのに、物忌みの日を
忘れるとは、言葉に表しようもないほど困ったことですね。」
と、聞いた人は、非難しました。

 当時、この事を世間で噂しながら笑ったと、語り伝えたと言うことです。

                      おわり

Category: 今昔物語

召使いに騙されて売られた女主人の話し

| EDIT

近江の国の主の女を美濃の国にゐて行きて売りたる男のものがたり

                   (今昔 巻29 第24)


 むかーし昔。
 近江の国のある郡に住んでる人がおりました。まだあまり年を取らない中に
死んでしまったので、その妻はまだ30歳ほどでした。子供はおりません。元
々京都の人でした。

 その夫が亡くなったのを非常に恋い慕い悲しみましたが、今更どうしようも
ありませんので、京都に上ろうかとは思っても、その京都に頼りになる親戚も
思いつかないので、思い悩んでいました。

 長い間、仕えていた男が、何事に付けても安心できるように振る舞っていた
ので、夫が亡くなった後は、この男を頼りにして、何かと相談しておりました。

 ある時、この男が、
「こうして手持ちぶさたで過ごすよりは、ここから近い山寺にいらっしゃって、
しばらく湯治なさったり、勤行なさったりして、のんびりなさっては如何です
か?」
と勧めました。

 女は、それもそうだと思って、
「そのように近いところならば、行きましょうか。」
と言い、
「京都に上りたいとも思うけれども、両親は亡くなってるし、親類も居ないの
で、山寺に行って尼になりたいと思うよ。」
と言いました。

 男は、
「こうしておいでになってる間は、私が充分お世話いたしましょう。」
と言ったので、女はすぐに用意をして出発しました。

 女を馬に乗せて、男は馬の後から付いていきますが、近いところと言ったの
に、ずいぶん長い距離を歩ませるので、女が、
「これはどうしたの?これじゃ、遠いわよ。」
と言いますと、男は、
「まあ、私に任せてお進み下さい。まさか悪いようには致しませんよ。」
と言って、三日も旅を続けました。

 さて、大きな家の門の前で、女を馬から下ろして、自分は家の中に入ってい
きました。

 女は、これはどうするつもりなのだろうと、訳が分かりませんが、そのまま
佇んで待っていると、男が戻ってきて、女を連れて家に入りました。

 板敷きの間に畳を敷いた所に座らせたので、ますます事情も分からず見てい
ると、この男にその家から絹や布などを渡すのでした。

 これは、どうして渡すのだろうと思っていると、この男は、その品物を受け
取るとすぐに、逃げるようにその場から姿を消しました。

 その後、よく聞くと、実はこの男の企てで、このように女主人を、美濃の国
に連れていって売ったのでした。

 それで、女主人の見ている前で、売り渡した代償を受け取って帰るのでした。

 女は、それを知って、呆れ悲しんで、
「これはどうして・・・?私を湯治や勤行に山寺へ行くのだからと言って、連
れて来たのではないか。それなのに、どうして置き去りにして・・・」
と泣きながら言いますが、聞く耳も持たない風情で、男は代償を受け取って、
馬に飛び乗って、逃げ去りました。

 それで、女は泣き崩れていると、その家の主が、女を手に入れたと思って、
女に事情を尋ねますと、女は、詳しく最初からのことを語り涙を流しましたが、
家の主は、だからといって、手放すつもりもありません。

 女は、ただ一人で相談できる人もいないし、逃げ出すすべもなかったので、
泣き悲しんで、
「私をお買い取りになっても、なんの得にもなりませんよ。たとい私を殺すほ
どの折檻をしても私は平気です。どうせ生きてるつもりはありませんから。」
と言って、ひれ伏しました。

 その後、食べ物などを持ってきて食べさせようとしましたが、少しも起きあ
がろうとはしません。

 まったく物を食べる気配も見せませんので、家主も思い悩んでいましたが、
家来たちは、
「そうは言っても、しばらくは嘆いているでしょうが・・結局は起きあがって
物も食うでしょう。まあ様子を見ましょう。」
などと、口々に言いました。

 ところが、数日経っても起きあがらなかったので、
「初めてこんな強情な奴に出会った。」
と言ってる中に、遂に、この女は来た日から七日目で思い詰めた懊悩の末、死
んでしまいました。

 その家主は、今更どうしようもなく、そのまま諦めて終わりました。

 これを思うと、やはりどんな立派なことを言っても、下衆(げす)の言う事
を信用して言いなりになるものではありませんね。

 この事は、この家主が京都に上って語ったのを聞き伝えて、まったくあきれ
た哀れな話だなと思って、このように語り伝えたと言うことです。

                         おわり

Category: 今昔物語
↑