亀にかまれた男

| EDIT

 大蔵の大夫(たいふ)紀助延(きのすけのぶ)の郎党、
               唇を亀に食はるるものがたり

                  (今昔 巻28 第33)

 むかーし昔。
 内舎人(うどねりー中務省に属し帯剣護衛の役)から、大蔵の丞(じょうー
大蔵省の役人で、六位か従六位)になって、のちに五位に叙せられて、大蔵の
大夫と呼ばれた紀助延という人がおりました。

 若かったときから、米を人に貸して、利息を付けて返させていたので、年月
が経つ内にそれが積もり積もって、四五万石になっていましたので、世間の人
は、この助延を「万石の大夫」と呼んでいました。

 その助延が、備後(びんご)の国(現在の広島県東部)に行って、仕事があ
って暫く滞在していたとき、浜に出て網を引かせると、甲羅の大きさ30セン
チほどの亀がかかりました。

 助延の郎党どもが、その亀を玩具にして遊んでいましたが、その郎党の中に、
年50歳ほどの少し変わり者がいて、いつもくだらない冗談を面白がって言っ
ていました。
 
 その癖が出たのでしょうか、その男は、その亀を見つけると、
「この亀は、逃げていった元妻の化身じゃ、ここにいたんだなぁ。」
と言って、亀の甲羅の左右の端を持って、高く持ち上げると、亀は手足を甲羅
の下に引き込んでしまいました。

 頸もぴったりと引き入れたので、細い口先だけがわずかに甲羅の下から見え
ているのを、この男は、捧げるようにして、幼い子供に口付けするように、
「亀来い、亀来いと川辺で言ったのに、どうして出ていらっしゃらなかったの
ですか。おまえは、ずーっと恋しかったので、どれ口を吸ってやろうか。」
と言って、細くちょっと出ている亀の口に、男は口を当てて、キスしようとし
た瞬間、亀が突然頸をすっと差し出して、男の上下の唇をきつく噛み合わせて
しまいました。

 引き離そうとしたけれども、亀の上下の歯をきつく噛み合わせているので、
ますます深く食い込んで、何としても放しません。

 男は、手を開いて、くぐもり声で叫んでもどうにもならず、痛みと困惑で涙
を流して、戸惑っています。

 そのうち、他の人たちも寄ってきて、刀の峰で亀の甲を叩きますが、亀はま
すますきつく噛むのです。

 男は、手を振り回して、当惑しています。他の人たちは、その男が困惑して
るのを見て、気の毒がっていますが、中にはそっぽを向いて笑っている者もい
ます。

 そうしている間に、一人の男が、亀の頸をぷつっと切ったので、亀の体は落
ちました。

 頸は食いついたまま残っているのを、物に押し当てて、亀の口の脇から刀を
こじ入れて、頸を切り開いて、その後で、亀の上下の顎を切り離しますと、錐
の先のように尖った亀の歯だけが男の唇に残りました。

 それをおもむろに、丁寧に一本ずつ引き抜いていくと、男の上下の唇から黒
い血がほとばしり出ました。

 黒い血が出終わってから、蓮の葉を煮て、それで蒸すようにすると、大層腫
れ上がりました。

 その後、化膿したり瘡になったりして、長い間治りませんでした。

 これを見聞きした人は、主人を初めとして、気の毒とは言わないで、あざけ
り笑いました。

 元々変わり者でくだらない冗談を好んでいたので、こんな馬鹿げたことをし
て、病んでしまって、人にも憎み笑われたのです。

 その後は、冗談も言わなくなったのですが、同僚は、その冗談を言わなくな
ったことについても、笑うのでした。

 これを思うと、亀の頸は四五寸(約12~15センチ)は、伸びるのに、口
を寄せて吸おうとしたら、噛み付かれない方が不思議なくらいです。

 世間の人々は、身分の上下に関わらず、つまらない冗談事で、ふざけ半分に
せよ、そんな危険なことは止めるべき事です。

 このようなくだらない事をして、憎みあざ笑われる男が居たのだと、語り伝
えたと言う事です。
                    おわり

しょうげんの一言:まったく滑稽な話ですね。

          今年はこれが最後です、皆様良いお年を。

スポンサーサイト
Category: 今昔物語

同じような夢

| EDIT

 常澄安永(つねすみのやすなが)、不破の関に於いて、
                夢に京にある妻を見るものがたり。

                    (今昔 巻31 第9)

 むかーし昔。
 常澄の安永という者がおりました。

 この男は、惟孝の親王(これたかのみこー文徳天皇の皇子)と申した方の下
家司(しもけいし)でした。

 それで、安永は、その親王の封戸(ふごー領地)からの租税を徴収するため
に、上野(かみつけ)の国に行きました。

 さて、一年以上経って帰り上るときに、美濃の国不破の関に泊まりました。

 その時、安永は、京都に年若い妻が居たのです、長い間地方に下っていると
きから、非常に不安に思っていたのですが、ここまで来ると、急に恋しさがつ
のってきました。

 どうしてこんな思いになるのだろう、夜が明けたならば、すぐに出発しよう
と思って、関守の番小屋の壁際に横になっている中に、寝入ってしまいました。

 安永の夢に、
『京の方から、灯をともして来たのを見ると、童が灯をともして女を連れてい
るのです。
 どんな人たちが来るのだろうと思っているうちに、自分が臥している小屋の
そばに近づいたのを見ると、この連れの女は、なんと京にいるはずの不安に思
っていた妻でした。
 これはどうしたことかと、呆れ果てていると、自分が横になっている壁を隔
てて座ったようです。
 安永が、その壁の穴から覗いてみると、その童と妻は並んで座っていて、や
がて、鍋を取り寄せて飯を炊き、二人で食べるのでした。
 安永は、それを見て考えました、驚いたことに、妻は、自分が居ない間に、
この童と夫婦になってしまったのだなと思うにつけ、肝もつぶれるほど驚き、
居ても立っても居られないほど腹立たしくなりましたが、それにしてもどうす
るのか見てやろうと思って窺っていると、食事が終わって、妻はこの童と二人
で、抱き合って横たわりました。そしてすぐに交合したのでした。
 安永は、それを見て、嫉妬心・憎悪心が起きて、その部屋に飛び込んでいく
と、灯もなく人も見えません。呆然としている。』
と、夢が覚めました。

 なんと夢だったのだなぁと思うと、京でどんなことが起きてるのだろうと、
ますます不安になって横になっていましたが、夜が明けるとすぐ急いで出立し
て、夜も昼も急いで、京に戻って、家に帰り着いてみると、妻は無事だったの
で、安永は嬉しいと思いました。

 妻は、安永を見ると、笑って、
「昨日の夜の夢に、ここに見知らぬ童が来て、私を連れ出して、何処とも分か
らないところに向かって、夜灯をともして行き、人気にない家があったので、
その中に入り、飯を炊いて童と二人で食った後で、二人横たわったところに、
あなたが突然姿を現したので、童も私も驚いたと思ったら、夢が覚めました。
目が覚めてから、何となく不安に思っていると、あなたがこの様にお帰りにな
ったのです。」
と言いました。

 安永は、
「私も、しかじかの夢を見て不安になって、夜も昼も急いで帰ったきたのだ。」
と言いますと、妻もそれを聞いて、呆れてしまいました。

 これを思うと、妻も夫も、このように同時に同様な夢を見たというのは、全
く滅多にないことです。これは互いに相手のことを不安に思ったから、この様
に見たのでしょうか。もしくは魂魄(こんぱくーたましい)が見えたのでしょ
うか。どうも理解できないことです。

 だから、旅先などで、いとしい妻子のことを、あまり不安に思って恋しがる
べきではありません。

 この様な夢を見るので、非常に神経が疲れるものであると、語り伝えたと言
うことです。
                      おわり

しょげんの一言:奇妙な夢の話ですね。

Category: 今昔物語

穀断ち聖人

| EDIT

 穀断聖人(こくだちしょうにん)米を持ちて笑はるるものがたり

                    (今昔 巻28 第24)

◆◆ 入試用の問題集で見たことのある文ですね ◆◆

 むかーし昔。
 文徳天皇の時代に、波太岐(はたき)の山というところに、一人の聖人がお
りました。

 穀類を断って、何年か経ちました。

 天皇は、それをお聞きになって、お召しになり、神泉苑(しんせんえんー二
条の南、大宮の西八町を占め、天皇遊覧の場所。)に住まわせ、深く信仰し頼
りになさっておりました。

 この聖人は、長く穀物を断っておりましたので、木の葉を主食にしていたの
です。

 ある時、若い血気盛んで物好きな殿上人が、何人か集まって、
「さあ、あの穀断の聖人を見に行こう。」
と言って、その聖人の居るところに出かけていきました。

 聖人が非常に尊い様子で座っていたので、殿上人達は恭しく拝んで、
「聖人は、穀断ちをして何年になりますか?また、お年は何歳におなりになる
のですか?」
と尋ねました。

 聖人は、
「年令は、もう70を超えてますが、若いときから穀断ちをしたので、50数
年にはなりましたね。」
と言いました。

 それを聞いた一人の殿上人が、そっと、
「穀断ちをしている人の大便はどんな物なんだろう。普通の人のウンチとは違
っているんだろうねぇ。さあ、行って見ようよ。」
と耳打ちして、二三人で便所に行って覗いてみると、米の混じった大便が沢山
ありました。

 これを見て、穀断ちはどんなふうにしてるのだろうと、疑いを持って、聖人
の居場所に戻ると、聖人は、一寸用事を思い出したようで、部屋を出て行きま
した。

 その間に、部屋の畳を剥がしてみたところ、板敷きに穴があり、その下の土
を少し掘った様子です。
 
 ますます怪しく思って、良く見ると、布の袋に白い米を包んで置いてありま
した。

 殿上人達は、そんなことだったのかと思って、畳を元のように敷いて座って
いると、聖人が戻ってきました。

 その時、殿上人達は、にやりと笑って、
「米くその聖(ひじり)、米くその聖」
と囃したてたので、聖人は恥ずかしくなって逃げ出してしまいました。

 その後、聖人の行方は分からずじまいでした。

 以前から、人を騙して尊ばれようと考えて、密かに米を隠し持っていたのを、
世間の人は知らないで、「穀断ち」と思って、天皇も帰依(きえ)なさり、人々
も尊んだのだと、語り伝えたと言うことです。

                        おわり

しょうげんの一言:宗教界の堕落の一端ですね。

Category: 今昔物語

寺参りで盗賊に出会った女

| EDIT

 鳥部寺(とりべでら)に詣づる女、盗人にあふものがたり

                 (今昔 巻29 第22)

 むかーし昔。
 寺社への参詣が大好きな人妻がおりました。誰の妻とは、あえて言いません。
年は30歳くらいで、容貌スタイルともに際だった人でした。

 その人が、鳥部寺の賓頭廬(びんずる=十六羅漢の一、白頭・長眉の相)は、
霊験あらたかだというので、お供に女の童一人だけ連れて、10月の20日頃
の正午頃に、美しく着飾って参詣しました。

 寺に着いて、少しくつろいでいると、少し後から、きりりとした屈強な雑色
男(ぞうしきおのこ=貴族や武家に仕え、雑役に従事した下男)が一人参りま
した。

 この雑色男が、寺の中なのに、このお供の女童の手を引きました。女童は怖
ろしくなって泣き出しました。

 隣も離れている野中なので、女主は、それに気付くと怖ろしくてどうしよう
もありません。

 男は、女童を捕まえて、
「さあ、突き殺してやろうか。」
と言って、刀を抜いて、押し当てました。

 女童は、声も出せずに、衣を脱ぎ捨てました。

 男は、それを手に入れ、また女主の手を引きました。

 女主は、現実の事とも思われず、怖ろしくなりましたけれども、今更どうし
ようもありません。

 男は、女主を、仏像の後ろの方にひぱっていって、押し倒しました。

 女主は、拒みようもないので、男の言いなりになりました。

 その後、男は起きあがって、女主の衣を引き剥いで、
「気の毒だから、袴だけは奪わないでやるよ。」
と言って、主従二人の着物を肩に掛けて、東の山に走り去りました。

 【当時、袴の下には、何も着用してません。】

 その後、主も女童も泣いていましたが、そうしていてもどうにもなりません。

 何時までもそうしても居られませんので、女童が、清水寺の僧の許に行って、
「しかじかの方が、鳥部寺に参詣なさって、追い剥ぎにあって、裸のままでそ
の寺にいらっしゃるのです。」
と言って、僧に薄墨色の衣を一つ借り、女童は僧の紬(つむぎ)の衣を借りて
着て、法師一人を付けてくれたので、その法師と一緒に鳥部寺に戻って、主に
その衣を着せて、京に帰る途中で、賀茂川原で、迎えの車に出会ったので、そ
れに乗って家に帰りました。

 だから、心幼い女の外出は、慎むべきなのです。この様に怖ろしいことがあ
るのです。

 この男、女主と肌を合わせた仲なのだから、彼女の衣だけは奪わなくともよ
かったのに。本当にあきれ果てた心根です。

 この男、元は武士でしたが、盗みを働いて牢獄に入れられた後、放免になっ
た者です。

 【ほうめん=罪人を捕らえたり護送したりする下働き】

 この事は、隠そうとしたけれども、世間に広まってしまったのでしょうか、
このように語り伝えたと言うことです。
                    
                        おわり

しょうげんの一言:妙な感想が入ってますね、そういう問題じゃないと思いますが。

Category: 今昔物語
↑