自分の影におびえた武士

| EDIT

 兵(つわもの)立つ者、わが影を見て怖れをなすものがたり

               (今昔 巻28 第42)

 むかーし昔。
 国司の家来で、勇者らしく見せかけようとして、豪傑ぶっている男がおりました。

 夜明け前に旅立とうとして、男がまだ寝ている間に、妻が起きて、食事の用
意などをしようとしていると、有明の月が、板戸の隙間から家の中にさし込ん
でいました。

 月の光に、妻は自分の影が映ったのを見て、髪を振り乱した童髪の大きな盗
人が、物を取ろうとして入ってきたと思ったので、慌てふためいて、夫の寝て
いるところに逃げていって、夫の耳元で、そっと、
「そこに、髪を振り乱した童髪の大きな盗人が、物を盗もうとして忍び込んだよ。」
と言いました。

 夫は、
「それはなんとしよう。大変なことだ。」
と言って、枕元に長い大刀を置いたのを手探りで取って、
「そいつの頸を打ち落としてやろう。」
と言って、起きあがり、裸のままのざんばら髪で、大刀を持って出てみると、
またまた、自分の影が映ったのを見て、なんと童ではなくて、大刀を持った大
男であったと思って、頭をうち割られてしまうと考えて、小さな声で、
「おーっ。」
と叫んで、妻の元に戻りました。

 妻に向かって、
「おまえは、立派な武士の妻であると思っていたが、なんという見間違いをし
たのか?どうしてあれが童盗人なのか。ざんばら髪の大刀を持った大男ではな
いか。それにしても、奴は大層な臆病者だ。俺が出ていったのを見て、持って
いる大刀を落としてしまいそうなほど、震えていたぞ。」
と言いましたが、自分が震えている影が映ったのを見て、そんなことを言って
いるのです。

 さて、妻に、
「お前が行って追い出せ。俺を見て震えていたのは、怖ろしいと思ったからだ
ろう。俺は、旅の門出という大切なときだから、ちょっとした傷をつけられて
も困るからな。女に切りかかるという事はしないだろう。」
と言って、衣をひっかぶって横になってしまいました。

 妻は、
「あらら、しょうがないわねー。そんな風でよく弓矢を持って、月見などに行
くものですね。」
と言って、起きて、また見ようと思って部屋を出ようとすると、夫の傍らにあ
った障子が、突然はずれて、夫に倒れかかりました。

 夫は、さっきの盗人が襲いかかってきたのだと思って、大声で叫んだので、
妻は、呆れておかしく、
「あなた、盗人はとっくに立ち去りましたよ。あなたの上に障子が倒れかかっ
たのですよ。」
と言いました。

 夫が起きあがって見ると、本当に盗人は居なかったし、障子が倒れかかった
のだなと納得して、裸の脇を掻き、手を舐めて(得意になったり、武者震いし
たときの様子)、
「あいつは、本当に我が家に侵入して、物盗りして無事に出ていくことなど出
来まい。盗人の奴は、障子を踏み倒して出ていったのだな。もう少し留まって
いたら、必ず捕まえてやったのに。それにしても、お前がぼんやりしているか
ら、この盗人を逃がしたのだな。」
と言ったので、妻はおかしくなって、笑って済ませました。

 世間にはこういう愚かな者もいるものですね。
全く、妻が言ったように、こんなに臆病で、どうして武器を手にして、人に奉
公できるのでしょうか。

 これを聞いた人は、みんな男を憎んであざ笑いました。

 これは、妻が人に語ったのを聞き継いで、この様に語り伝えたと言うことで
す。
                        おわり

しょうげんの一言:武士階級が台頭し始めたころですが、
         その一方で揶揄するんでしょうね。

スポンサーサイト
Category: 今昔物語

白鳥となった人妻

| EDIT

 人妻(ひとのめ)化して弓となり、のち鳥となりて飛び失するものがたり。

                     (今昔 巻30 第14)

 むかーし昔。
 或る国の或る郡に、一人の男が住んでいました。

 その妻は、容姿端麗で、挙措動作は楚々として、素晴らしい女性だったので、
夫は離れ難く思って、住んでいました。

 或る晩、夫婦添い臥して寝ている間に、男の夢の中で、この愛しく思っている妻が、
「私は、あなたと同棲しておりましたが、私は急に遠くに行かなければなりま
せん。あなたともう会えません。でも、私の形見を残しておきましょう。それ
を私の代わりに可愛がって下さい。」
と言うので、夢が覚めました。

 男は、目を覚まし起きあがって見ましたが、妻は居ません。近所を探したが
見つからないので、呆然としておりますと、以前はなかったのに、枕元に弓が
一張立てかけてありました。

 これを見つけて、夢の中で形見と言ったのは、これの事だったのかと考え、
それにしても、妻がそのうち帰ってくるかと待っていましたが、遂に姿を見せ
ず、夫は恋い悲しみましたが、どうしようもありません。

 これはもしかしたら、人間ではなくて、鬼神などの化身だったのだろうかと
怖ろしくもなりました。

 だからといって、今更どうしようもないので、その弓を身近に立てて、朝も
夜も、妻が恋しいので、弓を手にして、布で綺麗に磨いたりして、身体から離
すことはありませんでした。

 数ヶ月経った頃、その弓が目の前に立ったかと思うと、突然白い鳥になって
飛び上がり、南の方をさして飛んでいくのです。

 男は、驚き不気味に思いながら、外に出てみると、雲の高さまで上がって、
南の方に行くのです、男は、懸命にその後を追っていくと、紀伊の国に着きま
した。

 その鳥は、また人間の姿になりました。

 男は、やはりこれはただ者ではなかったのだと思って、そこから一人で戻り
ました。

 さて、男は歌を詠みました。

 あさもよひ紀の川ゆすりゆく水のいつさやむさやいるさやむさや

 この歌は、最近の和歌とは似ても似つかない物です。
「あさもよひ」とは、朝食のことを言うのです。「いつさやむさや」とは、狩
りをする野のことを言うのです。この歌は、意味がよく分かりません。

 また、この物語は、奥ゆかしくも、なるほどとも、思われない事ですが、古
い書物に書いてあったことなので、この様に語り伝えたと言うことです。

                        おわり

しょうげんの一言:歌の意味は、よく分からないのですが、「いつ」は「出づ」、「いる」
 は「入る」の意で、出たり入ったり、即ち消えたり現れたりと言ってるので
 しょうか? 世間に流布している白鳥伝説の一つとして、深く考えない方が
 良いのかも知れませんね。

Category: 今昔物語

観音のご利益

| EDIT

 無縁の僧、清水の観音に仕へ、
   乞食(こつじき)の婿となりて、頼りを得るものがたり

                 (今昔 巻16 第34)

 むかーし昔。
 きちんとした身寄りもない小僧が、いつも清水寺にお参りしていました。

 法華経を暗記して、いつも唱えているのですが、その声は重々しく、非常に
尊いものでした。

 このように、いつも清水寺にお参りして、「私に少しばかりの生活の糧を下
さい。」と丁寧にお願いするのでした。

 ある日、いつものように清水寺に参って、観音様の前でお経を読んでおりま
すと、傍らに非常に綺麗な若い女が座っていました。

 それほど高貴な身分の姫君とは見えませんが、それでもお供には女の童など
も連れているので、かなりの身分のようです。

 この女が、僧に向かって、
「こうしてお見受けいたしますと、いつもお参りしていらっしゃるようですが、
何処の寺にお住まいですか?」
と尋ねます。

 僧が、
「定まった住まいもなく、托鉢している法師です。」
と答えました。

 女は、
「京にお住まいですか?」
と尋ねます。

 僧は、
「京には、知ってる人さえも居ません。この東の辺りにいるのです。」
と答えます。

 女は、
「日が暮れたので、今夜はお帰りになるのも大変でしょう。また、お食事など
するところなどもないのでしたら、私の家にいらっしゃいませんか。この近く
なのですよ。」
と言います。

 僧は、
「日が暮れてしまったので、宿る当てもありません。お誘いは非常に嬉しいこ
とです。」
と言って、付いていきました。

 清水寺の南の方にある、こざっぱりとした造作の小さな家です。

 入って、客間らしいところに座っていると、間もなく食べ物を非常に綺麗に
盛りつけて運んできました。この上もなく奥ゆかしいものです。

 僧は、このようなパトロンができたのは嬉しいことだと思って、その夜は留
まって、経を読んでいました。

 このようにして、その後度々行っているうちに、この女を見ると、夫が居る
とも思われません。

 この僧は、まだ童貞でしたが、夜留まっているうちに、いつも至れり尽くせ
りのもてなしを受けたので、これは観音様が授けて下さったものだと考え、こ
れを妻にしようと、夜そっと女の部屋に忍んで行きました。

 女は、
「徳の高い方だと思っておりましたが、やっぱり普通の男性だったのですね。」
などと言って、拒む様子もなかったので、そのまま結ばれました。

 その後、数日経ったとき、ふと見ると、豪華な魚などを盛った食膳をととの
えて、外から運んできました。

 僧が、
「これは何だ?」
と尋ねると、
「頂き物です。」
と言うのです。

 よく聞いてみると、この家は、乞食部落の首長の家で、女はその娘だったの
です。

 それで部下の乞食たちが饗応した贈り物を運んできたのでした。

 婿となった僧も、世間から相手にされない身だったので、自分も乞食になっ
て、楽しく過ごしました。

 観音様の霊験には不思議な力があるとは言いながら、どうして僧を乞食にさ
せてしまったのでしょうか。

 それというのも、この男が無理矢理に富を願ったので、これ以外に観音様も
御利益の施しようがなかったのでしょう。

 また、前世の宿縁の結果でしょうか?

 これは、人の理解出来ないことだと、語り伝えたと言うことです。

                       おわり

しょうげんの一言:何とも奇妙はお話です。

Category: 今昔物語

和歌を詠んだ妻

| EDIT

丹波の国に住む者の妻、和歌を詠むものがたり

               (今昔 巻30 第12)

 むかーし昔。

丹波の国の或る郡に住んでいる男がおりました。田舎人ですが、風流心のある人でした。

 その男は、妻を二人持って、家を並べて住んでいました。

 元の妻は、その国の人でした。それをさほど深くは愛さずに、今の妻は京都から

迎えた人でした。それを深く愛している様子なので、元の妻は辛いと思って過ごしていました。

 或る年の秋、後ろの山の方で、非常にもの悲しい感じで、鹿が鳴きました。

丁度今の妻の家にいたときで、妻に、

「あれを、どのように聞きますか?」

と尋ねました。

 今の妻は、

「焙っても、焼いても美味い物ですよね。」

と答えました。

 男は、予想に反して、京都の女だから、昔から詩歌に詠まれた鹿の鳴き声には、

さぞかし風情を感じるだろうと考えたのに、ちょっとがっかりして、元の妻の家に行って、

「あの鹿の鳴き声を聞きましたか?」

と言ったところ、元の妻は歌を詠みました。

 われもしかなきてぞ君に恋ひられし 今こそ声をよそにのみきけ

 (私も、昔はあの鹿のように鳴いて恋されたものですが、今ではそれもはか
  ない夢、あなたの声をよそに聞くばかりです。)
  【しかは、「然か」と「鹿」の掛詞。新古今集にほとんど同じ歌がある。】

 男は、これを聞いて、非常に哀れと思って、今の妻の言ったことと比較して、

今の妻への愛情が失せてしまったので、京都に送り返し、元の妻と住むようになりました。

 考えてみると、田舎人ですが、男も女の心情を深く知って、こうしたのでした。

 また、女も風流心があったので、このような歌を詠んだのだと、語り伝えたと言うことです。

                             おわり
しょうげんの一言:芸(和歌)は身を助けるですね。

Category: 今昔物語
↑