元の飼い主の許に

| EDIT

 民部卿忠文の鷹、もとの主を知るものがたり

                     (今昔 巻29 第34)

 むかーし昔。
 
民部卿藤原の忠文(ただぶみ)という人がおりました。

この人は宇治に住んでいましたので、宇治の民部卿と、世間の人々は呼んでいました。

 鷹を非常に好きでしたが、その当時、式部卿の重明(しげあきら)の親王(みこ)

という人がいらっしゃいました。

 その宮もまた、鷹を非常に好きでしたので、忠文の民部卿の所に、良い鷹が沢山あると聞いて、

それを貰らい受けようと思って、忠文の宇治の屋敷に出かけていきました。

 忠文は、驚き慌てて、急いで出迎えて、

「これはこれは、何事があって、このように突然いらっしゃってのですか?」

と尋ねました。
 
 親王は、

「鷹を沢山持っているということを聞いて、その中の一羽をを頂こうと思って、参ったのです。」

とおっしゃいました。

 忠文は、

「使いの者にそう言って寄こして下さればいいものを、このようにわざわざいらっしゃった

のですから、どうして差し上げないことがございましょうか。」

と言いました。

 さて、鷹を差し上げようとしましたが、鷹を沢山持っている中でも、第一の鷹は、

この世で例の無いほど賢明なもので、雉の飛び立つのに合わせて放すと、

必ず150メートルの範囲内で、雉を掴まえる名鷹なので、それを惜しんで、

第二の鷹を取りだして、贈りました。

 それも良い鷹でしたが、あの第一の鷹には較べようもありません。

 さて、親王は鷹を手に入れて嬉しくなり、親王自身が手に据えて、京にお戻りになるときに、

道ばたで、雉が野に潜んでいるのを見つけて、親王はこの手に入れたばかりの鷹を合わせました。

 この鷹は、上手く雉を捕らえることが出来なかったので、親王は、こんな拙劣な鷹を

呉れたのかと、腹を立てて、忠文の家に戻って、この鷹を返しました。

 忠文は、鷹を受け取って、

「これは、名鷹だと思って差し上げたのですが、それでは別な鷹を差し上げましょう。」

と言って、このようにわざわざいらっしゃったのだからと思って、あの第一の鷹を改めて、差し上げました。

 親王は、またその鷹を手に据えて、京に戻る途中で、木幡(こはた)の辺りで、

この鷹を試してみようと思って、犬を野に入れて雉を狩らせ、雉が飛び立ったのに、

この鷹を合わせたところ、この鷹も又雉を掴まえずに、雲の中に入って見えなくなってしまいました。

 親王は、今回は何もおっしゃらずに、京にお戻りになりました。

 これを考えてみますと、その鷹は、忠文の許では、この上ない名鷹ぶりを発揮したけれども、

親王の手では、この様に拙劣に姿を消すというのは、鷹も主を知っているからです。

 だから、悟りのない鳥獣だけれども、本の主を知っていること、この例でも明らかです。

 ましてや、心ある人は、故郷を想い、親しい人のためには、良くすべきだと語り伝えたと言うことです。

                          おわり

しょうげんの一言:最後の一行が、今昔物語らしさですね。

スポンサーサイト
Category: 古典文学

竹取りの翁

| EDIT

竹取の翁(おきな)、女の児(ちご)を見つけて養ふものがたり

                 (今昔 巻31 第33)

 註:「竹取物語」ですが、大分簡略になってます。
   かぐや姫という名前も出てきません。

 むかーし昔。

或る天皇の御代に、一人の翁が居りました。

 竹を取って籠を作り、欲しい人にやって、その手間賃を貰って、暮らしを立てて

いましたが、ある時、籠を作るために竹藪に行って、竹を切っていると、

光っている竹がありました。

 その竹の節の中に、三寸(約10センチ)くらいの人が居ました。

 翁は、長年竹を取ってるのに、今こういうものを見つけた事を喜んで、片手に

その小さな人を載せ、もう片手に竹を背負って、家に帰り、妻のおばあさんに、

「竹藪の中で、このような女児(おんなちご)を見つけたよ。」

と言うと、おばあさんも大喜びです。

 初めは、籠に入れて育てましたが、三月もすると、普通の人の大きさになりました。

 この児は、成長するにつれて、この世に例のないほど美しく、この世のものとも

思われないほどでしたので、おじいさんもおばあさんもますます可愛がり、

大事に養育したので、自然に世間の評判になりました。

 そうしてる間にも、おじいさんは、竹を取るために、竹藪に通いました。

竹を取ると、その都度竹の中に黄金を見つけました。もちろん、おじいさんは、

それを持って家に帰りました。だから、おじいさんは、たちまち大金持ちになりました。

 古い家は壊して、宮殿楼閣を造ってそこに住み、色々な宝物が倉に一杯になりました。

縁者もたくさん集まって住むようになりました。

 また、この児を見つけてからは、する事なす事思い通りになりましたので、

ますます、この児を可愛がり大事に育てました。

 そうしてるうちに、当時の多くの上達部(かんだちめ)殿上人(てんじょうびと)

が手紙を送って、思いを述べたけれども、女は一向に聞き入れなかったので、

みんな誠心誠意、恋心を伝えようとします。

 女は、初めに、

「空に鳴る雷を掴まえてきて下さい。そうしたらお会いしましょう。」

と言いました。

 次には、

「優曇花(うどんげ-天竺にある樹で、三千年に一度花が開くという伝説上の植物)

という花があるそうです。それを取って、持ってきて下さい。そうしたらお会いしましょう。」

と言いました。

 後には、

「打たないのに鳴る鼓という物があります。それを持ってきて、私に下さったら、

直接お話しいたしましょう。」

などと言って、会おうとはしません。

 恋いこがれる人々は、女の容姿が、世間に例のない程素晴らしいのに、すっかり

心奪われて、ただただ、女の言うとおりに、難しいことだけれども、物知りの老人に、

それらを手に入れる方法を聞き、ある人は家を出て海辺をさまよい、

ある人は世を捨てて山の中に籠もり、あれやこれや探し求めたけれども、

ある人は命を落とし、ある人はそのまま行方不明になってしまいました。

 そのうちに、天皇が、この女の様子をお聞きになり、『この女は、世間に例のない程

素晴らしいと聞く。自分が行って見て、本当に端正な容姿ならば、ただちに后にしよう。』

とお思いになって、大臣達を引き連れて、おじいさんの家にお出ましになりました。

 おじいさんの家に行ってみると、家の様子の素晴らしいさは、皇居と大差ありません。

 女を呼び寄せますと、すぐ天皇の前に現れました。

 天皇がご覧になると、本当に例えようがなく素晴らしい容姿なので、この女は、

自分の后になるために、他の男には会おうともしなかったのだろうと、嬉しくなって、

「すぐに皇居に連れ帰って、后にしよう。」

とおっしゃいました。

 女は、

「私は、后になるのはこの上ない喜びですが、実は、私は、人間ではないのです。」

と言いました。

 天皇が、

「お前は、それでは、何者なのか。鬼なのか神なのか?」

と尋ねました。

 女は、

「私は、鬼でもありません、神でもありません。でも、間もなく空から人が

迎えに来るはずです。天皇はお引き取り下さい。」

と言いました。

 天皇は、これをお聞きになって、

『これは、何という事を言うのだろう、空から人が迎えに来る筈があるまい、

これは単に、自分の言う事を拒否するために口実だろう』

とお思いになっているうちに、空から沢山の人が下りてきて、輿(こし-屋形の下に

長い二本の棒があり、それを肩に担いだり、手で腰の辺りにさげていく乗り物)

を持ってきて、この女を乗せて、空に昇って行きました。

この迎えに来た人の姿は、この世で見たことのないものでした。

 その時、天皇は、この女は本当に普通の人間ではなかったのだと、お考えになって、

皇居にお帰りになりました。

 その後、天皇は、女の容貌スタイルがこの世に例のない程素晴らしかったのを、

いつも思い出して、たまらなく恋しくなりましたが、どうしようもないので、沙汰止みになりました。

 その女は、結局何者なのか分かりませんでした。また、おじいさんの子供になったのも、

どういう縁があったのでしょうか。すべて納得のいかないことだと世間の人は思いました。

 このように、奇妙なことなので、このように語り伝えたのだと言うことです。

                      おわり

しょうげんの一言:竹取物語の換骨奪胎ですね。

Category: 古典文学

力士の鰐退治

| EDIT

相撲人(すまいびと)私市(きさいち)宗平、
          鰐(わに)を投げ上ぐるものがたり

                   (今昔 巻23 第23)

 むかーし昔。

駿河の国に、私市の宗平という左の相撲人がおりましたが、相撲の技が上手かったので、

登場してからは、左の方にも右の方にも負けることがなかったので、最手(ほて)

になって、間もなく脇になりました。

【最手は、大関で、当時の最高位。脇は、今日の関脇。横綱・小結という位は
 なかった。この本文は、誤りがあるようです。】

 その当時、三河の国に伴の勢田世(とものせたよ)という力士がおりました。

威風堂々として非常に力の強い男でしたので、最手について久しくなりましたが、

この宗平が脇で、立ち合いましたが、勢田世が負けてしまったので、宗平が最手に付いて、

勢田世は脇に下ろされました。だから、この宗平は、当時最強の力士でした。

 ある時、この宗平が、駿河の国で、4月頃狩りをしました。

 鹿が背を射られて、湾を泳ぎ渡って、向かいの山に逃げ込もうとするのを、

宗平が泳いでいく鹿の後を追っていきました。
 
 鹿が3,4町ほど泳いだところで、宗平が追いついて、鹿の後足を掴まえて、

肩に掛けて泳ぎ戻ろうとすると、沖の方から白浪が立って宗平の方に寄せてきました。

 浜に立っていた射手たちは、大声で、泳いでくる宗平に、

「おーーい、その波は、鰐だぞー。食い殺されてしまうぞー。」

と集まって、騒ぎ立てています。

 その浪が宗平の所に近づいて、宗平にうちかかるのを見て、今や宗平は食われて

しまったと思うと、浪がもとの方に戻っていきました。

 また宗平が、もとのように鹿を持って泳いできて、陸にもう1町ほどになったときに、

またこの浪が宗平に襲いかかりました。

 前のように、宗平に襲いかかったと見ていると、間もなく、また浪が戻っていきました。

 宗平は、やはり鹿を持って、渚まであと一,二丈ばかりになったときに、

陸にいた者達が見ると、宗平は、鹿の後足二本と腰骨を持っていました。

 丁度その時、またこの浪が起こって寄せてきました。

 陸の人たちは、宗平に向かって、

「早く陸に上がれ!」

と騒ぎ立てますが、宗平は耳にも入れずに、立っていました。

 浪が近づいたのを見ると、鰐の目は鏡のようにきらきら光って、大口を開けると、

歯は剣のようです。

 近くに寄ってきて、宗平をぱくりと食うかと見ていると、宗平は、持っていた

鹿の足を鰐の口に入れたかと思うと、鰐の頭の顎の辺りに手を差し入れて、

相撲の投げ技のように、かけ声もろとも陸の方に投げ上げたので、鰐は一丈ほど

陸に投げ上げられて、ばたばたしているところを、陸で見ていた射手どもが、

矢を射立てたので、鰐は、鹿の足をくわえたままで、射殺されました。

 その後、射手どもが集まって、宗平に、

「どうして食われずに済んだのですか?」

と尋ねます。

 宗平は、

「鰐は物を食うとき、その場では食わないで、持っていって必ず自分の住みかに置いて、

その残りがあるのを、また戻って食いに来るのだ。

 だから、私はそれを知ってるので、最初に食いに来たときには、鹿を差し出して

やったので、鹿の頭頸を食い切って戻っていたのだ。

 次ぎに来たときには、前足腹骨を食わせてやったのだ。三度目に来たときには、

後足を食わせて投げ上げたのだ。

 この鰐の習性を知らない者は、一度に獲物を手放して、みな鰐に食わせるから、

次には必ず自分が食われてしまうのだ。事情を知らない者は、私のようには出来ないものだ。

 また、力のない人は、餌を差し出して食わせるときに、きっと突き倒されてしまうだろうな。」

と言ったので、これを聞いた射手どもは、初めて知ったと驚いていました。

 隣の国まで、これを聞き伝えて、誉め称えたと、語り伝えたと言うことです。

おわり

しょうげんの一言:強力だけじゃなく、知恵もあったという話ですね。 

Category: 古典文学

五百人力の女

| EDIT

尾張の国の女、細畳(ほそてづくり)を取り返すものがだり

                  (今昔 巻23 第8)

 むかーし昔。
 
 聖武天皇のご治世の頃、尾張の国の中島郡に、尾張の久玖利(くくり)とい

う者がおりました。その郡の長官です。

 妻は同じ国の愛智郡の片輪の郷(さと)の人です。道場法師の孫です。その

女は、なよなよとして、まるでよく練った絹糸をより合わせた様な感じでした。

 ある時、この女は、麻の細畳【筋の細かい上等な手織の布】を織って、夫に着せました。

それは、とても美しい物で、今まで見たこともないような素晴らしい物でした。

 その国の司で、若桜部(わかさくらべ)の某という者がおりました。その国司が、

この長官の着た衣が、美しく素晴らしいのを見て、この衣を奪って、

「この衣服は、お前には不相応だ。」

と言って、返しません。

 長官が家に帰ると、妻が尋ねました、

「どうして、貴方はあの着物を着てないのですか?」と。

 夫の長官が、

「国司が、これこれのことを言って、返してくれないんだよ。」

と答えました。

 妻は、重ねて尋ねました、

「貴方は、あの衣を、本当に惜しいと思うのですか?」と。

 夫が、答えました、

「本当に惜しいよ。」と。

 妻はこれを聞いて、早速国司の許に行って、

「あの衣を返して下さい。」

と言いますと、国司は、

「これは、何者か? さっさと追い出せ!」

と部下に命じました。

 部下の武士が来て、女を捕まえて連れ出そうとしますが、ぴくりとも動きません。

 その時、女は指二本で国司を掴まえ、居床に載せたまま、国府の門外に引きずり出して、

そこで改めて、夫の衣を返してくれと頼みました。

 国司は、怖ろしくなって、衣を返してよこしました。女は衣を受け取って、洗い清めました。

 この女の力のあることと言ったら、男でも敵う者もなく、呉竹でも練り糸を

操るように簡単に砕くのでした。

 一方、長官の両親がこれを見て、長官に、

「お前は、この妻のために、国司の報復を受けるかも知れないな。そうなると、

我々のためにも良くないことだ。だから、この妻は離縁して実家に送り返せ。」

と言いました。

 長官は、両親の言うとおりに、妻を離縁して、実家に送り返しました。

 妻が、実家の郷の草津川という川の船着き場で、洗濯をしていると、商人が

船に荷を積んで、女の前を通りすぎるときに、その船の中から、この女をからかって、

かなりいやらしいことを言いかけました。

 女は、しばらくは何も言いません。

男が、図に乗って、更に続けていると、

「女に淫らなことをしかける者は、頬骨がくだけるほど、叩いてやりますよ。」

と言いました。

 男は、それを聞いて、船を留めて、女に物を投げつけました。

女は、それに構わず、船の中程を叩きました。たちまち船尾の方から、水が入ってきました。

 船主は、岸辺の人を雇って、船の荷物を運んで、また別な船に積みました。

 すると、女は、

「あまり失礼なことを言うから、船を川岸に引き据えたのだ。どうして、みんなは、

そのように私を馬鹿にするのかね。」

と言って、荷を載せたままの船を、さらに一町ほど陸に引き上げてしまいました。  

 その時、船主は女に土下座して、

「私が悪うございました。あなたがお怒りになるのはごもっともです。」

と詫びました。

 そこで、女は許してやりました。
 
 その後、その女の力を試すために、その船を500人で引かせましたが、少しも動きませんでした。
 
 それによって、その女の力は、500人の力以上だと言うことが分かりました。

 これを見聞きした人は、奇異なことだ、考えてみると、前世に何か特別なことがあって、

この世に、女の身としてこれほどの力があるのだろうと、言ったと語り伝えたと言うことです。

                         おわり

しょうげんの一言:男尊女卑に時代に、痛快な話ですね。

Category: 古典文学
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。