呪術での殺人

| EDIT

陰陽術(おんようじゅつ)をもって、人を殺すものがたり

                (今昔 巻24 第18)

 むかーし昔。

主計頭(かずえのかみ)で、小槻の糸平(いとひら)という者がおりました。

 【主計頭-主計寮の長官。民部省に属し、国の税収・支出などの会計を管理する役所。】

 その子供に算の先生(さんのせんじょう)と呼ばれている男がおりました。

名前は茂助(もちすけ)と言いました。主計頭忠臣(ただおみ)の父で、淡路守大夫の

史(さかん)奉親(ともちか)のおじいさんにあたります。

 その茂助がまだ若かったときに、賢さは世間に例のない程で、やがては人々と

比較にならないほどに、出世しそうだったので、同じくらいの官位の者達は、

何とかして茂助を亡き者にしよう、これが出世したら、主計主税(ちから)の

頭助(かみすけ)にも、大夫の史にも、なるだろうから、誰も競争相手にはな

らないだろうと考えました。

 茂助は、代々こういう方面に携わってきた家系であったばかりでなく、この

ように才能も抜群、心も廉直だったので、まだ六位のうちから、世間の評判が

高くなっていったので、死んだ方が良いと思う人も出てきたのでしょう。

 そうしているうちに、あの茂助の家に、不思議な前兆があったので、当時の

有名な陰陽師に尋ねたところ、非常に厳重に慎むべきだという風に、占いました。

 その慎まなければならない日々を書き出して渡したので、その日は、門を堅

く閉ざして、物忌みしておりました。

 一方、あの仇と思っていた男は、有力な隠れ陰陽師とよく相談して、茂助が

必ず死ぬような技を施させました。

 その隠れ陰陽師は、

「あの人が物忌みをしているのは、慎むべき日だからでしょう。だから、その

日に呪いをかければ、いっそう効果があるのです。そこで、私をその家に連れていって、

その人を呼びなさい。門は、物忌みだから、絶対開けないでしょう。

でも、声を聞いただけでも、必ず呪いの効果は現れるでしょう。」

と言いました。

 そこで、その人は、その陰陽師を連れて、彼の家に行って、門をどんどんと叩いたので、

下男が出てきて、

「どなたが、こんなに激しく門を叩くのですか?」

と尋ねます。

 その男は、

 「私が、大事な事を申し上げたいので、参上したのです。重要な物忌みであっても、

門を細目に開けて、入れて下さい。非常に大事なことです。」

と言いました。

 そのことを伝えますと、

「まったく無茶なことを言うものだな。人間は誰でも命を大切にしない者はい

ないでしょうに。だから、絶対に門を開けて入れるわけにはいかないのだ。

まったく無用のことだ。早く帰ってもらえ。」

と言います。

 その男は、かさねて、

「それでは、門をお開けにならなくとも、その遣戸(やりど-引き戸)から、

顔を出して下さい。私自身が申し上げましょう。」

と言いました。

 その時、寿命でしょうか、人に呪い殺される運命だったのでしょうか、

「何事だ。」

と言って、遣戸から顔を出しました。

 陰陽師が、その声を聞き、その顔を見て、呪い殺す秘術をあらん限りし尽くしました。

 陰陽師を連れていって面会を申し込んだ人は、大事なことを言いたいと言ったけれども、

言うべき事を思いつかなかったので、

「たった今、田舎に行きますので、そのことをお伝えしようと思って、参上したのです。

では、お引き取り下さい。」

と言います。

 茂助は、

「そんなしょもないことで、物忌みの時に、この様に人を呼び出すとは、訳の分からないお人だな。」

と言って、入りました。

 その晩から、頭が痛くなって、苦しんだ挙げ句、三日目に死んでしまいました。

 これを考えますと、物忌みの時は、声を人に聞かせるべきではないし、また、

外から来た人には、決して決して、会ってはいけないのです。この様なことを

する人によって、呪うこともあるので、非常に恐ろしいことです。前世からの

因縁とは言いながら、よくよく慎むべきだと語り伝えたと言うことです。

                         おわり

しょうげんの一言:「宇治拾遺物語」では、呪い殺すのを依頼した人も、間もなく死んだと
   
          書いています。

スポンサーサイト
Category: 古典文学

肝試し?

| EDIT

 鈴鹿山を通る三人、知らざる堂に入りて宿りし話し

               (今昔 巻27 第44)

 むかーし昔。

 伊勢の国から近江の国へ行く三人の若い男がおりました。身分の低い者ですが、

三人とも勇猛で思慮深い男です。

 鈴鹿山を通りますが、その山中に、昔から誰が言い始めたのでしょうか、

鬼が居ると言って、人々が絶対泊まらない古いお堂がありました。
 
 こういう山越えの街道筋の一軒堂なので、本来なら旅人の休憩所として適当

なところなのですが、鬼が出ると言い伝えられているので、誰も近寄りもしません。

 こうして、この三人の男が山を歩いていると、夏の頃なので、突然辺りが暗

くなって、夕立が降ってきました。

 すぐ止むだろうと思って、葉の生い茂った木の下に立って待ってましたが、

一向に止む気配もなく、日も暮れかかってきました。

 一人の男が、

「さあ、あのお堂に泊まろう。」

と言いますと、もう二人は、

「あのお堂は、昔から鬼が居ると言って、人が近寄らない所だから、止めた方が・・・」

と、しり込みします。

 初めに提案した男は、

「こういう機会に、本当に鬼が居るならば、それはそうであると、はっきり確かめよう。

また、もし我々がその鬼に食われることになったならば、どうせ人間は一度は死ぬんだ、

犬死にでもなんでもしてやろうじゃーないか。また、狐や野猪などが、人を騙そうとして

悪戯したのを、鬼だなどと大袈裟に言い伝えたのかも知れないじゃないか。」

と言いますと、二人は不承不承ながらも、

「それもそうだねー。」

と言って、日も暮れて暗くなってきたので、そのお堂に入りました。

 そういう不気味な所なので、三人とも寝ないで話しをしているうちに、一人の男が、

「昼通ったときに、山の中に死体があったな。それを、今行って持ってこれるか、どうだい!」

と言い出しました。

 最初に、ここに宿ろうと言った男が、

「そんなの何でもないことだ。持ってこれるよ。」

と言います。

 二人の男は、

「そんなことを言っても、すぐには取りに行けないだろう。」

と、逆に唆すように言いますと、この男は、

「じゃー、今すぐ運んで来るぞ。」

と言って、着物を脱ぎ捨てて、裸になって、走り去っていきました。

 雨は止まずに降り続いて、真っ暗闇なのに、もう一人の男も、また着物を脱いで

裸になり、前に出ていった男の後を追うように出ていきました。

 前の男よりは、間道つたいに密かに先回りして、あの死体のあったところに着きました。

 そこで、死体を持ち上げて、谷に投げ捨てて、その死体のあった場所に、

自分が横たわりました。

そこに、先の男が来て、死人の代わりに横たわっている男を背負って、歩きだそうとすると、

この背負われた男は、背負った男の肩をがぶりと噛み付きました。

 背負った男は、

「そんな風に噛み付くなよ、死人さん。」

と言って、そのまま背負って走ってきて、お堂の扉のもとに置いて、

「おーい、君たち、ここに担いできたよ。」

と言って、お堂の中に入ったすきに、背負われてきた男は、逃げてしまいました。

 戻って見ると、死人は居なくなっていたので、

「すばやく逃げてしまったんだな。」

と言って、立ってました。

 そこに、背負われてきた男が、物陰から出てきて、笑いながら、本当のことを言ったところ、

「この気違いどもめ!」

と言って、大笑いしながら、二人ともお堂に入りました。

 この二人の男の肝っ玉、いずれ劣らずとは言いながら、背負ってきた男の方

が一段と勝っています。死人になった人は、まあ出来ないことでもないでしょう。

行って背負ってきたというのは、並の人間には出来ないことですね。

 また、その二人が出て行ってる間に、堂の天井の格子になっている一劃毎に、

さまざまな奇妙な顔が出てきました。その時、この男は、太刀を抜いてかざしたところ、

一度にさっと笑って、消えてしまいました。その男は、それを見ても少しも驚きませんでした。

だから、この男の肝っ玉も、他の二人には劣らないですね。

 三人とも度胸のある者たちですね。

 夜が明けたので、堂を出て、近江の方に越えていきました。

 これを考察すると、その天井に顔を差し出したのは、狐の悪戯だったのだろうと思われます。

それを、人々は鬼が居ると言い伝えたのでしょうか。

 その三人の者たちが、無事お堂に一泊して出発した後も、別に何の祟りもなかったのです。

 もし、本当の鬼だったら、そのお堂でも、また後日にでも、無事であるはずがありません。

 このように、語り伝えたと言うことです。

おわり

しょうげんの一言:なんともすさまじい肝試し(?)ですね。

         鬼の存在は信じられていたのでしょう。

Category: 今昔物語

死体を食いに来た猪

| EDIT

光ありて死人の傍らに来たる野猪(くさいなぎ)殺さるるものがたり

                 (今昔 巻27 第35)

 むかーし昔。

或る国に兄弟二人の男がおりました。どちらも勇気があり、思慮深い男でした。

 その親が死んだので、棺に入れて蓋をし、離れの一間(ひとま)に置いて、

葬式の日まで、かなりの日数がありました。
 
 数日経った頃、何気なく見た人が、

「あの死人を置いた所が、夜中頃に光ることがありますよ。ふしぎなことですねー。」

と言ったので、兄弟はそれを聞いて、

「それは、死人が幽鬼にでもなって、光のだろうか? それとも、死人の所に

他の霊魂などが集まるのだろうか?それじゃー、その正体を見極めてやろう。」

と言い合わせました。

 弟が、兄に

「私が声を出したら、明かりをともして、すぐに来て下さい。」

と言いました。

 夜になって、弟は、人目につかないように、そっと棺(ひつぎ)の所に行って、

棺の蓋をひっくり返して置いて、その上に、裸で、髷(まげ)の元結を解

いてざんばら髪にして、仰向けに横たわり、刀は体にぴったりくっつけるように、

隠して持っていました。

 夜中になったかなと思う頃、そっと細目で見ると、天井に光る様な物が見えます。

 二度ほど光ったかと思うと、天井板を開いて下りてくる物がいます。

 目は開かないので、はっきり何者かは分かりません。

 板敷きの上に、どーんと音を立てて、下りたようです。その時真っ青に光りました。

 この者が、弟の臥している棺の蓋を取って、傍らに置こうとするタイミング

を計って、ひたっと抱きついて、大声で、

「おう!つかまえたぞー。」

と言って、脇と思われる所に、柄まで通れとばかり刀を突き立てました。

その途端に、光は消えました。

 一方、兄の方は、今か今かと待ちかまえていたことなので、すぐに明かりを

ともして持ってきました。

 抱きついたままで見ると、大きな年老いて毛が抜けてしまった野猪が、脇腹

に刀を突き立てられて、死んでいました。

 それを見て、全くあきれ果ててしまいました。

これを考えてみると、棺の上に寝た弟は、さぞかし薄気味悪かったでしょうね。

 死人の所には必ず鬼が居る、と言うのに、そのように横になっていたのは、

誠に珍しいほどの大胆さです。

 野生の猪だと分かっていれば、心穏やかでしょう。その前は、ただ鬼だと思

ったでしょうに。

 明かりをともして、素早く走ってくるくらいのことは、容易なことでしょう。

 また、野猪はつまらない命を落とした奴だと、語り伝えたと言うことです。

                        おわり

しょうげんの一言:猪が死体を食べようとしてきたのでしょうか?

         奇妙な話ですね。

Category: 古典文学

汚い話です。

| EDIT

 人、酒に酔ひたる販婦(ひさめ)の所行を見るものがたり

                  (今昔 巻31 第32)

 ◆おことわり:食べ物に関した汚い話ですので、
        抵抗力の弱い人は、この号は読まないで下さい。

 むかーし昔。

京都に住んでいた人が、知人の家に行って、馬から下りてその門に入った時、

その向かいの古い門が閉じたままになって、人も通らないのに、その門の下に

販婦(ひさめーもの売り女)が、傍らに売る物を入れた平たい桶を置いて、横

になっています。

 何故横たわっているのかと思って、近寄ってみると、この女は酒を飲んで酔

っぱらっているのでした。

 そのように見定めて知人の家に入り、しばらくして出てきて、また馬に乗ろ

うとすると、その販婦は物音に驚いたのか、目が覚めました。

 見ると、目を覚ますと同時に反吐を吐いたのですが、商品を入れた桶の中に

吐いてしまったのです。

 うわー、汚いと思ってみていると、その桶には鮨鮎(すしあゆ-鮎の馴れ鮨)

が入っていたのですが、その上に吐いてしまったのです。

 販婦は失敗したと思ったように、慌てて手でその吐いた物と鮨鮎を混ぜ合わ

せました。

 それを見ては、「汚い」と言う言い方では言い足りませんね。

 動転し、驚いて、気分も悪くなって、馬に乗って、その場を逃れるように立

ち去りました。

 これを考えてみると、鮨鮎は元来そのような様子の物だから、反吐と混じっ

ても見分けは付かないでしょう。

 きっと、その鮨鮎を売ったら、知らない人は食べないわけではありません。

 あの見た人は、その後ずーっと鮨鮎は食べませんでした。そのように売って

いる鮨鮎は、当然食べられないでしょう。

 自分の目の前で、間違いなくきちんと作った鮨鮎でさえ、食べられませんで

した。

 それだけでなく、自分の知人にはこの事を話して、「鮨鮎は食べてはいけな

いよ。」と止めました。

 また、物食う場所で、鮨鮎を見ると、気が狂ったように唾を吐いて、その場

から立ち去るようになりました。

 だから、露天の市場などで売る物も、販婦の売る物も、全く汚い物なのです。

 このことから、少しでもそれができる余裕のある人は、全ての物を、目の前

で間違いなく調理させた物を、食うべきだと、語り伝えたと言うことです。

                         おわり

しょうげんの一言:アイドルタレントの事務所では、バレンタインデーに送られた

         手作りのチョコは、廃棄処分にすると言う話を聞きました。
 
         勿論、発想は別ですが、納得ですね(^^)

Category: 古典文学

長谷観音のご利益

| EDIT

新羅(しらぎ-朝鮮半島にあった国)の后、国王の咎(とが)を蒙り、
                 長谷の観音の助けを得るものがたり

                    (今昔 巻18 第19)
                    (宇治拾遺 第14にも)

 むかーし昔。

新羅の国に、国王の后がおりました。その后が、不倫を働いてしまいました。

 国王は、それに気付いて、非常に怒って、后を捕まえて、髪に縄を付けて

長押の棚につり下げて、足は床から四五尺ほど引き上げておきました。

 后は、苦しみ悶えたけれども助かるすべもありません。

心の中で、

「私が、自分の罪でこの様に耐え難い罰を受けても、助けてくれる人は居ない。

でも、伝え聞くと、この国より遥か東の方に日本という国があるという。その国に

長谷と言うところがあって、霊験あらたかな観音様がいらっしゃるそうだ。

菩薩様の慈悲は深いことは海よりも深く、広いことは世界よりも広いと言う。だから、

一心に願い事をするなら、どうしてそのお助けが得られないことがありましょうか。」

と考えました。

 そこで、目を閉じて一心に念じていると、突然足の下に金の踏み台が出現しました。

 后は、これは自分が念じたから、観音様が助けて下さったのだと思って、その踏み台を

踏んで立っていると、全く苦しくありませんでした。

 この金の踏み台は、他の人には見えません。

 その後数日経って、后は許されました。

 后は、これはひとえに長谷の観音様の助けだと悟って、使者を派遣して、沢山の

財宝を持たせて、日本に送り、長谷の観音に奉納しました。

 その中に、大きな鈴、鏡、金の簾がありました。現在もあの山に納めてあります。

 まことに長谷の観音の霊験は不可思議です。

 お祈りする人がいれば、他国までその御利益(ごりやく)を蒙らないことはありません。

 だから、人々は、直接歩を運び、頭を垂れて礼拝したと、語り伝えたと言うことです。
           
                         おわり

しょうげんの一言:観音様は、信仰する人を助けてくれるんですね。現世御利益です。

Category: 古典文学
↑