久米仙人のお話

| EDIT

 久米(くめ)の仙人、はじめて久米寺を造るものがたり

             (今昔 巻11 第24)

【仙人(せんにん)-不老長寿を保ち、飛行などの能力を得た人】

 むかーし昔。

 大和の国、吉野郡に龍門寺(りゅうもんじ)という寺がありました。

ある時、その寺に二人の人が籠もって、仙人になる秘術を修行しました。

一人はあずみと言い、もう一人は久米と言います。

 あづみは、先に修行を積んで、既に仙人になって、飛んで空に昇ってしまいました。

 後に、久米も仙人になって、空を飛んでいるときに、吉野川で、若い女が洗濯をしていました。

 洗濯するために、女が着物を捲っていたので、その太股の輝くような白さを見て、

久米は、仙人に似ない欲望が湧いて、神通力を失って、その女の前にざぶりと落ちてしまいました。

【当時の洗濯は、川の中に入って足で踏むという方法だったようです。】

久米は、その女を妻として、その地に留まりました。

 その仙人時代の様子が、現在の龍門寺の扉に描かれて、
菅原道真公が文を書き添えた物が、消えないで残っています。

 この久米の仙人は、普通の人になったのですが、馬を売り渡すときの証文の署名に、

「前の仙、久米」と書いて渡しました。

 久米の仙がその女と夫婦で居る間に、天皇がその国の高市(たけち)の郡に都をお造りになる際に、

国内から男を集めて働かせました。

 ところが、久米は、その役夫(えきふ-諸国から徴集されて、労役に従事する)に選ばれました。

 他の役夫たちが、久米を「仙人、仙人」と呼ぶのを聞いて、都造りの役人が、

「お前らは、どうしてあいつを仙人と呼ぶのか?」

と尋ねました。

 役夫どもは、

「あの久米は、以前龍門寺に籠もって、仙人の法を習い、仙人になって空を飛び回っているときに、

吉野川で洗濯していた女の太股の白さを見て、神通力を失って、その女の前に落ち、

今はその女を妻としているのです。だから、仙人と呼ぶのです。」

と答えました。

 その役人は、それを聞いて、

「それでは、かれは尊い人のようだな。もともと仙人の術を修行して、一度は仙人になった者だ。

その仙術の余力をまるっきり失っているというようなことはあるまい。だから、この沢山の材木を、

担いで運ぶよりは、仙人の力で空を飛ばせて欲しいものだ。」

と、ふざけて言い合っていました。

 久米がそれを聞きつけて、

「私は、仙人の術を忘れて、もう何年も過ぎた。今はただの人だ。それほどの霊験を示すことが出来るはずはないよ。」

と言いましたが、心の中では、

”自分は、仙人の術を身につけることが出来たとは言っても、凡人の愛欲のために女人に心を奪われたのだ。

今更、仙人になることは出来ないが、昔永年行った法だから、神仙の守り本尊が自分を哀れんで、

力を貸してくれないことがよもやあるまい”

と思いました。

 役人に向かって、

「それでは、もしやと、祈ってみましょう。」

と言いました。

 役人は、それを聞いて、いい気になって馬鹿なことを言う奴だなと思いながらも、

「非常に尊いことですね。」

と言いました。

 その後、久米は、一番静かな道場に籠もって、心身の汚れを落として、断食し、

七日七夜絶えず礼拝して、真心を尽くして,この事だけを祈りました。

 七日過ぎると、役人達は、久米が姿を現さないのを、あざ笑いながら、逃げ出したのかと疑っていました。

 ところが、八日目の朝、突然空が曇り、闇夜のようになりました。雷がとどろき、

激しく雨が降って、何も見えません。

 不思議なこともあるものだと思っていると、間もなく雷が止み、空が晴れました。

 そうなってから見ると、大中小の材木が全部、南の山辺の杣(そま-山に樹木を植えて材木を取るところ)

から空を飛んで、都を造る場所に運ばれているのでした。

 役人達は、敬い尊んで、久米の前に跪きました。

 その後、この事を天皇に、ご報告しました。

天皇も、尊び敬って、即座に、納税義務のない田三十町を与えました。

 久米は喜んで、その田を素にして、その郡に一つの寺を建てました。久米寺というのがそれです。

【久米寺-真言宗の寺で、久米仙人の建立とも、聖徳太子の弟、久米皇子の創建とも言われている。】

 その後、弘法大師が、その寺に一丈六尺(一丈は10尺、1尺は約30センチ)

の薬師如来を中心に、その左右に日光菩薩、月光菩薩の三尊を銅で鋳造して据えました。

 弘法大師は、その寺で大日経を見つけて、それを基として速やかに仏になる教えだと悟り、

中国に真言を習いにお渡りになったのです。

 だから、非常に高貴な寺だと語り伝えたと言うことです。

                      おわり

しょうげんの一言:久米仙人は昔話に出てきますが、こういう後日談まであったのですね。

スポンサーサイト
Category: 古典文学

捨て子に乳をやる狗

| EDIT

達智門(たっちもん)の棄子に
           狗密かに来て乳を飲ましむるものがたり

                      (今昔 巻19 第44)

 【達智門-宮城の北面の東端の第一門】

 むかーし昔。

 嵯峨の辺りに通ってる人だったのでしょうか、朝、達智門の前を通った時に、この門の下に、

生まれて二週間くらいになったこざっぱりとした男の子が棄てて置かれて居るのを見ました。
 
 見ると全くの下賎の者の子とは見えません。

筵(むしろ)の上に、臥しているのを見ると、まだ生きて泣いていたので、

可哀想だとは思いましたが、急ぎの用事を抱えていたので、そのままにして立ち去ったのです。

 翌朝戻ってきたときに、その子は、まだ生きていて同じような様子です。

それを見て、まったく意外な感じに打たれました。

 昨日、狗に食われてしまっただろうと思ったが、この様子では、今夜も狗に食われないだろうと思って、

見守って立っていると、昨日よりも泣かないで、筵の上に臥しています。

 その様子を見て家に帰りました。でも、やはりこの事を思うと、何としても不思議なことだ、

まだ生きているいるのだろうかと、翌朝行ってみると、やはり生きていて前と同じ様子です。

 それを見て、男は納得できず、これには何か特別なわけがあるのだろうと思って家に帰りました。

 それにしても、やはりこの事が不審に思われたので、夜になって、そっと達智門に行って、

土塀の崩れたところに隠れて見ていると、狗が沢山うろうろしていますが、

赤ん坊の臥している辺りには近づきません。

 やはりこれは何か訳があるのだなあと、不思議に思ってみている中に、夜が更けて、

何処から現れたのか、非常に体の大きな白い狗が姿を見せました。

 他の狗共は、それを見て、みな逃げて行ってしまいました。

この大きな白狗が、この赤ん坊の臥しているところに、どんどん近寄ってくるので、

ではこの狗が、今夜この赤ん坊を食おうとするのだなと思って見ていると、

狗は近寄って赤ん坊の側に寄り添うように、横になりました。

 良く見ると、狗は赤ん坊に乳を吸わせるのでした。赤ん坊は、人の乳を飲むように、ちゅうちゅうと飲んでいるのです。

 男は、これを見て、この赤ん坊は、この数夜この狗の乳を飲んで生きていたのだなあと、

納得して、そっとその場を離れて、家に帰りました。

 次の夜、また今夜も昨夜のようにするのだろうかと思って、また行って見ると、

思った通り、狗が来て乳を飲ませました。

 また次の夜も、やはり不安なので行って見ると、その夜は赤ん坊もいません、

狗も来なかったので、昨夜、人が近づいた気配を感じて、狗が赤ん坊をよそに連れていったの

だろうかと疑いながら家に帰りました。
 
 その後、どうなったのかは、分からないままになりました。

 これは実に不思議なことですね。

これを憶測してみると、その狗はただの狗ではないのでしょう。

 他の狗どもが、この狗を見て逃げ去ったところを見ると、なにか鬼神などだったのでしょうか?

だから、きっとその子を連れていって、無事に養い育てたのでしょう。

 また仏さま菩薩さまが変身して、赤ん坊を助けるためにいらっしゃったのでしょうか?

 もともと狗はそのように慈悲心のあるものでもありません。

しかし、前世の因縁などがあったのでしょうか?

 いろいろ、この事を考えてみましたが、どうにも不審でなりません。

 このことは、あの見ていた男が語ったのを聞い継いで、このように語り伝えたと言うことです。
                        
おわり

しょうげんの一言:捨て子のことが心配なら、自分が拾うとか、しかるべき役所に届けるとか、
        方法はあると思うのですが、そうしないで見守るところが、今昔的世界なの
        でしょうか?
 
        狗が、捨て子に乳を飲ませたと言う点を強調する余り、人間は非情に描かれ
        たのでしょうね。

Category: 古典文学

毒にあたらない僧

| EDIT

 金峯山(きんぷせん)の別当、毒茸を食ひて酔はぬものがたり

                   (今昔 巻29 第18)

 むかーし昔。

 金峯山の別当であった老僧がおりました。

 昔は、金峯山の別当はその山の一番修行を積んだ最年長の僧に決まっていましたが、

近年は、必ずしもそうではありません。

 長年、最年長の老僧が別当でありましたが、次の年令の僧侶が、

「この別当が早く死ねばいい、そうすれば自分が別当になるだろう。」

と思うようになりましたが、まったく死にそうにもありません。

 この二番目の僧が思うには、

”この別当は年は80数歳になったが、健康でなんとも頑健なのに、自分はもう70歳になった。

もし自分が別当にならないで先に死ぬようなことになっては、癪に障る。

だからといって、この別当を打ち殺させるのも、露骨すぎて、すぐにばれてしまっては、

外聞も悪いので、毒を食わせて殺してしまおう。”

と言うことでした。

 仏様が見抜くだろうというのも怖いけれども、だからと言って、他に手段もないと色々考え、

毒を選ぶのに、茸の中でも「和太利(わたり)」と言う茸こそは、人がそれを食えば、

中毒して必ず死ぬものであるから、それを取ってきて、美味しそうに調理して、

「平茸」だと言って、この別当に食わせてしまえば、必ず死んでしまい、

自分が別当になるだろうと、決断しました。

 秋頃になって、自分一人で、他の人を連れないで山に行って、たくさん「和太利」

を取って持ち帰り、やや日暮れかかる頃、自分の僧坊で人にも見せずに、みな切って鍋に入れました。

煎物(いりもの-水分が無くなるまで煮込んだ物)として、例のない程見事に調理しました。

 さて、翌朝まだ薄暗い内に、別当の所に人をやって、

「すぐいらっしゃいませ。」

と言わせたので、別当は間もなく杖を突いて来ました。

 房主が差し向かって、

「昨日、知人から素晴らしい平茸を頂いたので、煎物にして召し上がっていただこうと思って、

お招きしたのです。年を召しますと、このような美味い物が食べたくなるそうですね。」

等と語りました。

 別当は、喜んで頷いていますと、釜で炊いた軟らかいご飯とこの和太利の煎物を暖めて、

汁物も用意して食わせたところ、別当は美味そうに食べます。

 房主は、普通の平茸を別に用意して食べました。

 食い終わって、湯などを飲んでいるので、房主は、万事上手くいったと思い、

今に毒茸にあたって、頭痛がして、狂ったように物に突き当たるだろうと、期待して見ていると、

全くそういう気配もないので、不思議なことだと思っていると、別当が、歯のない口で微笑んで、

「ここ数年、この私は、こんなに素晴らしく調理された和太利を食ったことはないよ。」

と言ったので、房主は、それではとっくに知っていたのだなと思うと、開いた口が塞がりませんでした。

 恥ずかしくなって、何も言えないまま、部屋に引っ込んだので、別当も戻っていきました。

 以前から、この別当は、和太利をもっぱら食っていたのだが、それに中毒しない体質だったのを、

知らないで企んだ二番目の僧の計画は、失敗に終わったのでした。

 だから、毒茸を食べても少しも中毒しない人もいるのですね。

 この事は、その山にいた僧が語ったのを聞き伝えて、この様に伝わったのです。

                       おわり 

しょうげんの一言:毒に対する抵抗力って、身に付くんですね。
         
         僧侶の悪巧みが失敗したという滑稽譚でしょうか?

Category: 古典文学

強盗に襲われた女

| EDIT

下野守(しもつけのかみ)為元(ためもと)の家に入る強盗のものがたり

                  (今昔 巻29 第8)

 むかーし昔。

 下野守藤原為元という人がいました。

家は三条よりは南、西の洞院(とういん)よりは西にありました。

 十二月も押し迫った頃、その家に強盗が入りました。

隣屋敷の人などが大声を上げたので、大した物も奪えず、逆に家の中に取り籠められると思ったので、

その家に教養のある女性が居たのを、人質に取って屋敷を抜け出しました。

 三条から西の方に逃げていくのに、この人質を馬に乗せて、

三条大路と大宮大路の交差点あたりに差し掛かったときに、人が追ってきたと思ったので、

この女の衣を引き剥がして、女を残して盗賊は逃げてしまいました。

 この女にとって初めてのことなので、裸で恐怖に駆られてうろうろしているうちに、

大宮河に落ちてしまいました。

 水も凍りかけているし、風は冷たくてどうしようもありません。

 水から這い上がって、近くの人家に立ち寄って、門を叩いたけれども、その家でも、

夜更けのことでもあるし、怖がって門を開ける人も居ません。

 遂に、その女は凍えて死んでしまい、狗に食われてしまいました。

 翌朝、人々が見ると、長い髪と赤い頭と紅の袴だけが、ばらばらになって、氷の中に残っていました。

 その後、宣旨(せんじ-天皇のお言葉)が下って、

「もし、この盗賊を捕らえた者には、それ相応の賞を与えよう。」

と言うことで、世間でも大騒ぎになりました。

 このことは、荒三位(あらざんみ)と呼ばれた藤原の某と言う人が疑いを受けたのです。

それはこの荒三位が、あの狗に食われた姫君に思いを寄せていたのに、

振られたからだと、世間では噂していたからです。

そうしている間に、検非違使左衛門の尉(けびいしさえもんのじょう)平の時道が、

命を承って犯人を探索中、大和の国に下ったときに、山城の国のははその杜(もり)

というところで、一人の男に出会いました。

 その男は、検非違使の姿を見て、うろたえて膝をついたので、検非違使は怪しい奴と判断して、

捕まえて縄を掛け、一名拷問坂と言われている奈良坂に連れて行って、

「きさまは、なにか悪事を犯したであろう。」

と責め立てましたが、男は、

「全くそんな覚えはありません。」

と言いました。

 更に責め立てたところ、

「一昨年の大晦日、人に誘われて、三条と西の洞院付近の屋敷に侵入し、何も取らずに、

高貴な女性を人質にとって、大宮の辻に棄てて逃げました。その後、うわさに聞きますと、

凍え死んで狗に食われたそうです。」

と言いました。

 時道は喜んで、その男を連れて、都に上り、そのことを申し上げましたので、

五位の位に昇るだろうと、世間のもっぱらの評判でしたが、その褒美の沙汰もありませんでした。

 どうしたことだったのでしょう?「必ず賞を与えるだろう」と言うお言葉があったのに。 

 暫くしてから、時道は五位の位を賜り、左衛門の大夫(たいふ)と呼ばれました。

世間の人が朝廷を批判するようなことを言ったからでしょうか。

 この事から考えると、女であっても、やはり寝室などは用心堅固にすべきです。

 不用心に寝ていたので、このように人質に取られたのだと、人々が言ったと語り伝えたとか言うことです。
                
                        おわり

しょうげんの一言:当時は、女が男の訪れを待ってるわけですから、それにしても・・・というのでしょうね。

Category: 古典文学

盗賊に出会って

| EDIT

 阿蘇の史、盗人にあひて謀(たばか)りて遁(に)ぐるものがたり

                 (今昔 巻28 第16)

 【史(さかん)-四等官で、主に文案作成・公文書管理を司る。】

 むかーし昔。

 阿蘇の某という史がおりました。背は低いが、気性の激しいずる賢い所のある男でした。

家は、西の京にありました。

 役所の用事があって、宮中に参内して、夜が更けて家に帰るときに、東側にある待賢門から出て、

大宮大路を南に向かって車を走らせておりましたが、着ていた衣装をみな脱いで、

片端から丁寧に畳んで、車の畳の下にきちんと並べて、その上に畳を置き直して、

史は冠を被り、足袋を穿いて、裸になって車の中に座っていました。

 さて、二条から西の方に走らせていくと、美福門(びふくもん-大内裏南面の門)

の辺りを過ぎるときに、盗賊が何処からともなくばらばらっと出てきました。

 車の轅(ながえ-車の前方に長く突き出て、牛に付けてひかせるもの)を抑えて、

牛飼童(うしかいわらわ)を殴りつけたので、童は牛を棄てて逃げてしまいました。

 車の後ろには、雑色(ぞうしき-雑役に従事する無位の役人)が2,3人付いていたのですが、

これもみな逃げてしまいました。

 盗賊が寄ってきて、車の簾を引き開けてみると、裸で史が座っていたので、驚いて、

「これはどうしたんだ。」

と尋ねますと、史は、

「東の大宮大路で、あなた方のような方々が現れて、私の衣装をすっかり召し上げてしまったのです。」

と笏(しゃく-正式の礼服の時、右手に持つ木または象牙の板。)を手にして、

身分の高い人に申し上げるように、かしこまって答えたので、盗賊は大笑いして去っていきました。

 史は、その後、声を上げて、牛飼童を呼んだので、雑色たちもぞろぞろ出てきて、無事に家に帰り着きました。

 さて、妻にこの事を語ったところ、妻は、

「その盗賊以上に狡猾なお心でございますね。」

と言って、笑いました。

 本当に驚き入った心構えです。

衣装をみな脱いで、隠して置いて、そう言おうというのは、まったく普通の人には考えもつかないことです。

 この史は、非常に口の達者な者だったので、こう言えたのだと、語り伝えたと言うことです。
                        

おわり

しょうげんの一言:これは滑稽譚ですね。でも、それだけ治安が悪かったということでしょうね。

Category: 古典文学
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。