盗賊に襲われた

| EDIT

 妻を具して丹波の国に行く男、大江山に於いて縛らるるものがたり

                   (今昔 巻29 第23)

(註:芥川龍之介の「藪の中」の素材です。映画にもなりました。)
 

 むかーし昔。
 
 京都に住んでいた男の妻は丹波の国の出身だったので、男はその妻を連れて、丹波の国に向かいました。
 
妻を馬に乗せて、男は矢を10本程差した竹製のえびら(矢を入れて背負う道具)を背負って、

弓を持ち、馬の後ろについて行きました。

 大江山の辺りで、太刀だけを身につけた強そうな若い男と一緒になりました。

 そこで、同行することにし、お互いに世間話をながら歩いていくうちに、太刀を帯びた若い男が、

「私が身につけてるこの太刀は、陸奥の国から伝わった有名な太刀ですよ。良くご覧なさい。」

と言って、抜いて見せると、本当に素晴らしい太刀でした。

 男は、それを見ると、欲しくてたまりません。

 若い男は、その顔色を見て、

「この太刀は、名高い名刀なので、貴方の持っている弓と交換しましょう。」

と言いました。

 この男は、自分の持っている弓は大した物ではないし、その太刀は実に良い太刀なので、

かなり得をすると思って、言われるままに交換しました。

 そのまま行くうちに、若い男が、

「私が弓だけを持って歩くのは、よそ目にもおかしいので、山の中だけでも、矢を2本貸して下さい。

貴方のためにも、私がこの様にお供をしていくのですから、同じ事ではありませんか。」

と言います。

 男は、それを聞くと、全くだと思うと同時に、良い太刀と悪い弓を交換した嬉しさから、

言われたとおりに矢2本抜いて渡しました。

 若い男は、弓と矢2本を手にして、いつでも射られるように構えて、後ろからついてきます。

 男は、竹のえびらだけを背負って、太刀を腰に差して行きました。

そのうちに、昼時になって、昼食を取ろうとして、道から外れて藪に入ったところ、若い男が、

「街道に近いところでは見苦しい。もう少し奥に入って昼食を取りましょうよ。」

と言ったので、深く藪の中に入りました。

 さて、女を馬から抱き下ろしたりしていると、この弓を持った若い男は、突然、

弓に矢をつがえて、男に狙い定めて、弓を引き絞り、

「こりゃ、抵抗したら射殺すぞ。」

と言ったので、男は思いがけないことで呆然として、何も考えることも出来ずに、

若い男と向かい合っているだけです。

 「もっと山奥に入れ、もっとだ。」

と若い男が脅すので、命が惜しいから、妻をかばうようにしながら、七八町ほど山の奥に入りました。

 そこで、今度は、

「太刀を投げ捨てろ。」

と命令するので、言われたとおり、太刀も小刀も投げ捨てると、地べたにうつ伏せにさせて、

馬の引き綱で、後ろ手に縛り、更に木に厳重に縛り付けました。

 そうしておいて、女の側に寄って見ると、年は二十歳過ぎたばかりで、身分は低いけれども、

こざっぱりとした魅力的な匂うような女です。

 若い男はそれを見て、急にむらむらとなって、初めは盗みだけを考えていたことも忘れて、女の衣を脱がせます。

 女は、抵抗するすべもないので、言われたままに、衣を脱ぎました。

若い男も、着物を脱ぎ捨てて、女を抱いて横たわります。

 女は、どうしようもなく、若い男に犯されてしまいました、夫が縛り付けられている目の前ですから、

どんな気持ちだったでしょうか。

 その後、若い男は起きあがり、元のように着物を着、竹やなぐいを背負い、太刀を腰に差し、

弓を持って、馬に乗り、女に向かって、

「気の毒とは思うが、今更どうしようもないから、おれは去る。しかし、お前に免じて、

夫の命は助けるのだ。速く逃げるために、馬は貰って行くぞ。」

と言って、馬を走らせて行ったので、行方は分かりません。

 その後、女は身繕いをして、夫の縄をほどきましたが、夫は、ぼーっとして腑抜けたような顔つきをしていました。

 女は、

「なんとまあ、あなたは頼りないこと。こんな風では、今後も本当に心細いわ。」

と言ったので、夫は、今更言うこともなくて、とぼとぼと妻と一緒に丹波に行きました。

 
 若い男は、盗賊ながら奥ゆかしい心の持ち主です。この男は、女の衣服は奪わなかったのです。

 それに較べ、夫の心構えは全く話になりません。山の中で、見知らぬ男に弓矢を持たせたことは、

本当に愚かなことです。

 若い男の行方は結局分からないままだったと、語り伝えたと言うことです。

                        おわり

しょうげんの一言:作者の価値観には、疑問を抱きますね。

 盗賊が、女の衣服を奪わなかったという点を誉めて、被害者の女や夫には同情しないのですね。

 武家としての心構えを説こうとする風潮でしょうか?

スポンサーサイト
Category: 古典文学

特効薬

| EDIT

丹波守(たんばのかみ)平貞盛(さだもり)、
        児干(じかん-男の胎児の肝臓)を取るものがたり

                   (今昔物語 巻29 第25)

【前書き:今日の話は、題名で推測できると思いますが、残酷な内容です。
     そのつもりで、お読み下さい。】


 むかーし昔。平の貞盛の朝臣(あそん)という武士がおりました。

 丹波の守であった時、その任国で、体にたちの悪い瘡(かさ)が出たので、

有名な医師を、京都から迎えて見せました。

 その医師は、

「これは命に関わる瘡です。だから、児干といって、胎児の肝臓以外に効く薬はありません。

これは、人には言えない秘薬です。数日経ってしまうと手遅れになります。

早く探し出さなければなりませんよ。」

と言って、そそくさと屋敷の外に出ていきました。

 そこで、守は息子の左衛門の尉(さえもんのじょう)を呼んで、

「私の瘡を矢傷とこの医師は見抜いた。命に関わる瘡だ。しかし、児干を探し求めたら、

忽ち世間の評判になってしまう。ちょうど、お前の妻は妊娠したそうだな。その胎児を儂に呉れ。」

と言いますと、息子は、目の前が真っ暗になり、気を失いそうになりました。

 しかし、武士の家の決まりとして、親の言いつけに対して、拒否も出来ず、

「どうぞ、お召し下さい。」

と答えると、貞盛は、

「ありがとう。それでは、お前は暫く外に出ておれ。葬式の準備をしておくように。」

と、命じました。

 さて、左衛門の尉は、この医師の所に行って、

「こういうことになったぞ。」

と泣く泣く語ったところ、医師もそれを聞いて泣き出しました。

 そうして、

「これは、貴方にとって大変なことですね。私が何とか工夫しましょう。」

と言って、国守の館に行って、

「いかがですか、薬は見つかりましたか?」

と守に尋ねました。

 守は、

「それが、非常に難しくて、手に入らないのだ。だから、左衛門の尉の妻が妊娠したのを

貰い受けることにしたのだ。」

と答えました。

 すると医師は、

「それは困りました。血筋を引いた胎児では、効き目がありません。」

と言いいます。

 守は嘆いて、

「それではどうしようか?早く探し出せ!」

と言うと、ある人が、

「台所で働いている召使いが、妊娠して六ヶ月になりました。」

と教えました。

 守は喜んで、

「それでは、それを早く手に入れよ。」

と言って、腹を開いてみたら、胎児は女の子だったので、棄ててしまいました。

 そこで、また他を探して、ようやく手に入れて、守は命が助かりました。

 さて、医師に、良い馬・衣服・米などを沢山謝礼として贈り、都に帰すときに、

息子の左衛門の尉を呼んで密かに、

「私の瘡は、矢傷で原因だったので、児干をつけたと世間に広まっては困る。

朝廷でも、私を頼もしい武将と思し召して、夷(えびす-土着の部族)が反乱を起こしたからと、

陸奥(みちのく-東北地方)に派遣しようとしているのだ。

 それなのに、しかじかの人に矢を射られて、その矢傷が元で瘡になった、などと言いふらされては、

武士として不面目この上もないことだ。

 だから、この医師をどうしても殺してしまおうと思う。今日都へ帰すが、途中で射殺せ。」

と命じました。

 左衛門の尉は、

「非常に簡単な事です。都に上る途中、山中で、強盗を装って射殺しましょう。

ですから、夕方になりましたら、あの医師を出発させて下さい。」

と言いますと、守は、

「そうだな、それがよかろう。」

と言いました。

 左衛門の尉は、

「そのように取りはからいましょう。」

と、急いで館を出ました。

 さて、左衛門の尉は、そっと医師にあって、密かに、

「これこれのことを守はおっしゃっている。どうしたらよかろうか。」

と言うと、医師は、呆れ恐れおののいて、

「なんとか貴方のお計らいで、命をお助け下さい。」

と言いました。

 左衛門の尉は、言いました。

「都に上るときに、山まで護衛に付けられる判官代を馬に乗せて、あなたは徒歩で山を越えなさい。

先日のことは何時までも忘れがたい嬉しいことなので、この様に申し上げるのです。」と。

 【判官代(ほうがんだい)-庄園などに置かれ田政を司った職】

 医師は手をすりあわせて喜び、一方、守はさりげなく出発させたので、午後六時頃出かけました。

左衛門の尉が教えたとおりに、山で医師は馬から下りて、従者の様にして付いていくと、

盗賊が出てきました。

 盗賊は、馬に乗っている判官代を主と見間違えたように、(前もって企んでいたことですから、)

射殺してしまいました。

 従者達はそれぞれ逃げ散ったので、医師は、無事に都に帰りました。

 左衛門の尉は、館に戻って、射殺したことを守に報告しましたので、守は喜んでおりました。

 やがて、医師は無事に都に着いたこと、判官代が死んだことを知ったので、

「これは一体どうしたことか?」

と、左衛門の尉に尋ねますと、左衛門の尉は、

「医師が、徒歩で従者のようにしていたのを知らないで、馬に乗っていた判官代を主と間違えて、

射殺したのですね。」

と言いました。

 守は、そう言う事もあるんだなと思って、その後は無理に咎めることもなくて、そのままで済みました。

 だから、左衛門の尉は、医師の恩に報いることが出来たのです。

 貞盛が、息子の妻の妊娠した腹を切って、児干を取ろうと思ったのは、あきれ果てた無惨な性根であります。

 これは、貞盛の第一の家来である館の諸忠(たちのもろただ)の娘が語ったのを、

聞き伝えて、このように語り伝えたと言うことです。

                          おわり

しょうげんの一言:残酷な話です、武士の特権意識が現れはじめた時代ですね。

Category: 今昔物語

観音様のご利益

| EDIT

 御手代(みてしろ)の東人(あずまびと)、
             観音を念じて富を得むと願ふものがたり

                    (今昔 巻16 第14)

 むかーし昔。聖武天皇の時代に、御手代の東人という人がいました。

この人は吉野山に入って、法を修め、富を願いました。

 特に、観音様を拝んで、

「南無!銅鉄万貫、白米万石(ごく)、好女多得。」

とひたすら三年間、そのことばかり祈願しました。

 【銅鉄万貫ー莫大な金額。】  
 【好女多得ー美人をたくさん授けて下さい】

 その頃、三位粟田の朝臣(あそん)という人がいました。

その娘は未婚で大和の国広瀬郡の家に住んでいましたが、

原因不明の病気になってしまいました。非常に痛み苦しみましたが、なかなか治りません。

 父親は嘆き悲しんで、多くの人にこの事を尋ねて、この病気を祈祷させるために僧侶を捜しました。

その使いがこの東人に出会って、祈祷僧として招きました。早速、来てこの病人を祈ると、

あっと言う間に、病気は治りました。

 この女は、東人に恋いこがれてしまいました。東人もすぐに娘の意中を察して、密かに契りを結んでしまいました。

 その後、親はそのことを聞いて憤慨し、東人を捕らえて、監禁してしまいました。

 ところが、女は愛欲の気持ちに耐えられず、東人を恋い慕って、人目を忍んで、その辺りを離れません。

 そこで、東人を閉じこめた牢獄の番人は、女の心を知って、東人を許して女に会わせてやりました。

 そうしてる間に、親も娘の心を理解して、遂に許して、夫婦にさせ、家を譲り、財産も全て東人に与えました。

 その後数年経って、その女は病気のために死にそうになりました。

 その死期が迫ったときに、妹に向かって、

「私は、もう死んでしまうわ。気がかりなことが一つあるの。おまえは承知してくれるかしら?」

と言うと、妹は、

「私は、お姉さんのお願いなら何でも聞くわ。」

と言いました。

 お姉さんは、

「私は、東人のことを考えると、死んでも死にきれないの。だから、私が死んだ後、

おまえが東人の妻となって、家のことを守ってくれたら・・と思うのよ。」

と言いました。

 妹は、姉の遺言を承諾しました。 姉は、ほっとしたように死んでいきました。 

 親たちも、娘の遺言に従って、妹を東人の妻にし、家の財産を与えました。

 そのご、長く夫婦として家を守りました。

 東人が、現実に、願い通りの美女・財宝という大福徳を授かったのは、ひたすら修行を積んだ効験と、

観音様のお力によるものだと、見聞きした人は、褒め称えたと、語り伝えたと言うことです。
                      
    おわり

しょうげんの一言:観音信仰の一つですね。
 
         今昔物語には、観音様のお力によって・・・と言う話が沢山あります。

Category: 古典文学

麦縄が蛇に?

| EDIT

寺の別当のもとの麦縄、蛇となるものがたり

【別当(べっとう)-僧侶の階級の一つ】 
【麦縄(むぎなわ)-米の粉と麦の粉とを混ぜて縄のように作った食べ物】

                (今昔 巻19 第22)

 むかーし昔。或る寺の別当に□□という僧がおりました。

 形は僧侶ですが、心は俗っぽく、いつも京中の人を集めて、遊び耽って、酒を飲み魚類を食べて、

少しも仏事を営みませんでした。つねに、遊女たちを集めて歌い騒ぐのを仕事のようにして過ごしていました。
 
だから、勝手気ままに寺の物をごまかして、少しも怖ろしいとも思わず、反省することもありませんでした。

 そうしてる間、或る夏の事、麦縄がたくさん出来たのを、お客をいっぱい集めて食べましたが、

大分食い残したのを、

「少しこれを取って置こう。古くなった麦縄は薬だと言うから。」

と言って、大きな折櫃にいっぱい入れて、蓋をし長押の上の棚に載せておきました。

 【折櫃(おりびつ)-檜の薄板を折り曲げて作った箱、肴や餅菓子などを盛る。】

 その後、特に必要でもなかったので、その麦縄を入れた折櫃を下ろして見ることもありませんでした。

 そのまま過ぎて、翌年の夏頃になって、別当があの麦縄の折櫃を、ふとしたことから、キッと見やって、

「あれは去年置いた麦縄だな。きっと悪くなってしまっただろう。」

と言って、下ろさせて、折櫃の蓋を開けて見させました。

 折櫃の中には、麦はなくて、小さな蛇がとぐろを巻いていました。

寺主の言いつけで蓋を開けた僧は、思いもしなかった物が入っていたので、驚いて手放してしまいました。

 そのまま、もう一度、別当の前で開けたので、別当も他の人々も、ちらりと見ました。

「仏様の物なので、こうなったのだなー。」

と言って、折櫃の蓋をして、河に流しました。

 それも、本物の蛇ではなかったでしょう。ただ彼らの目には蛇と見えたのでしょう。

 まして、読経して受けた施し物や、鉦(かね)を叩いて供養して貰った米などを、

勝手気ままに私用した者の罪深さが思いやられますね。

 間違いなくその寺の僧が語ったのを聞き伝えて、この様に語り伝えたと言うことです。
                       
                             おわり。

しょうげんの一言:他愛のない話ですが、法師の堕落がみられますね。

Category: 古典文学
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。