二者択一

| EDIT

河辺に住む僧、洪水にあひ、子を棄てて母を助くるものがたり

                   (今昔 巻19 第27)

 むかーし昔。高潮の影響のため淀川が増水して、河辺の沢山の家が流された時に、

年5,6歳くらいで、色白く容姿端正で心根の可愛らしい男の子を持って、

片時も側を離さず可愛がってる法師がおりました。

 ところが、この洪水で、この法師の家が流されてしまいました。

 突然のことだったので、法師は、同居していた年老いた母の姿も、愛児の姿も見失ってしまって、

大声を上げながら、慌てふためいていたところ、子供は目の前を、

母は一町ほど下ったところを浮かんだり沈んだりして流れ下っていました。

 この法師は、色の白い幼子が流されているのを見て、あれは我が子だろうと思って、

急いで抜き手を切って、流されている幼子のところまで行き合わせてみると、

間違いなく我が子だったので、喜びながら片手でこの子を掲げ、片手で泳ぎながら岸に

向かっているときに、また母が溺れて流れ下るのを見て、二人を助けるすべはなかったので、

法師は、

「命があれば子供はまた儲けることは出来る、母に今別れたならば、二度と会うことは出来ないのだ」

と思って、子供を手放して、母の流されている方に泳いでいって、母を助けて岸に上げました。

 母は水を呑んで腹が膨れていたので、水を吐かせたりして手当をしているところに、

妻が寄ってきて、

「なんとまあ、あんたという人はあきれたことをする人だわ。目は確かに二つあるわね。

たった一人の掌中の珠のような可愛い子供を見殺しにして、今日明日にも死にそうなこんな朽木婆を、

なんだとおもってあんたは助けたんだよぉ。」

と、泣き叫ぶと、法師は、

「お前の言うのはもっともだよ。だが、明日死にそうな老婆だからと言って

どうして母を棄てて子を助けることが出来ようか。我らの命さえあれば、

また子供は作ることが出来るんだ。そんなに嘆き悲しむなよ。」

と、宥めすかしたけれども、妻の悲しみと恨みは納まりようもなく、声を上げて泣き叫んでいます。

 年老いた母の命を助けたことを、仏様が哀れとお思いになったのでしょうか、

その子供を、川下で他の人が救い上げてくれたので、その子供を手許に引き寄せ、父母ともに大喜びでした。

 その夜、法師の夢に、見たことのない高貴な僧が現れて、法師にむかって、

「お前の心は非常に尊いものだよ。」と褒め称えるのを見て、夢が覚めました。

 実に珍しい法師の心だと、これを見聞きした人はみんな法師を褒め尊んだと語り伝えたと言うことです。
                        
おわり。

しょうげんの一言:究極の二者択一ですねー。
  

スポンサーサイト
Category: 古典文学

艶夢を見たら・・・

| EDIT

吉祥天女(きちじょうてんにょ)の塑像(そぞう)を
                犯したてまつる人のものがたり

                    (今昔 巻17 第45)

 むかーし昔。聖武(しょうむ)天皇の時代に、和泉(いずみ)の国、和泉の郡の

血渟上山寺(ちぬかみやまでら)に、吉祥天女の塑像がありました。

 その頃、信濃の国から、或る縁があってこの国に一人の男がやってきました。

 その山寺に行って、この吉祥天女の塑像を見て、たちまち愛欲の心が湧いて、

その像に心を奪われて、明けても暮れても、この像を恋い慕って、

「この天女のように容姿端麗な女に巡り会わせて下さい。」

と祈りました。

 その後、この男、夢の中で、あの山寺に行ってその天女の塑像と性行為をしてしまいました。

 夢が覚めて、奇妙なこともあるものだと思って、翌日あの山寺に行って、天女の像を見ますと、

天女の像の衣装の腰の所に、べっとりと「不浄の淫」が付いて、染みになっていました。

 男はそれを見て、過ちを悔い、泣き悲しんで、

「私は、天女の像を見て、愛欲の心が湧いたので、天女に似ている女に巡り会わせて下さい

と祈ったのに、勿体なくも、天女はご自身で私と交わって下さいましたが、だからと言って、

何と罰当たりなことをしたものだと、怖ろしいし、嘆かわしいことです。」
 
と言いました。

 だからこの事を恥じて、全く他人には語りませんでしたが、親しく使われていた弟子が、

密かにこの事を知ってしまいました。

 その後、この弟子が、師のために無礼なことをしたので、弟子は師のもとを追放されて、

その里から出て行きました。

 他の里に行って、師の事を悪し様に罵って、この事も暴露しました。

 その里の人はこの事を聞いて、師のもとに行って、それが本当かどうかを尋ね、

更にあの天女の像に、「不浄の淫液」が付いていたのかと尋ねますと、

師は隠すことが出来なくなって、詳しく話しました。

 人々は、みんなこの事を聞いて、珍しい出来事だと思いました。

 本当に、真面目に丁寧に心を尽くして祈ったので、天女が、仮に人間と同じふるまいを

お示しになったのでしょうか、非常に奇妙な事です。

 これを思うと、例え性欲絶大な人がいて、好い女を見て愛欲の心が湧いたとしても、

無理無体な情欲をかけることは止めるべきです。これは全く無益なことだと語り伝えたと言うことです。
                          
おわり

しょうげんの一言:ちょっと上品な?下ネタですね。

         一週間ほど緊急入院して、更新が出来ませんでした。お詫びします。

Category: 古典文学

お地蔵さまの功徳

| EDIT

地蔵菩薩、小僧の形と変じて矢を受くるものがたり

             (今昔 巻17 第3)

 むかーし昔。近江(おうみ)の国、依智(えち)の郡、賀野(かの)の村に、一つの古い寺がありました。

 その寺に地蔵菩薩の像がございました。その寺は、検非違使左衛門の尉平の諸道(もろみち)の先祖の氏寺です。

 【検非違使左衛門の尉(けびいしさえもんのじょう)-京都の警察裁判を
  司る検非違使と、宮中を警護する左衛門府の三等官を兼ねた人】
 
 この諸道の父は、非常に勇猛な武士でしたので、幾度も合戦に出かけていました。

ある時、賊を討つために、多くの兵士を引き連れて、戦ったのですが、敵も手強く、

矢入れに入っていた矢を全部射尽くして、どうしようもなくなった時に、心の中で、

『我が氏寺の三宝地蔵菩薩、私を助けて下さい。』

と祈りました。

 突然、合戦の場に一人の小僧が出てきて、矢を拾っては諸道の父の所に運んできたのです。

 これは全く意外なことでしたが、取りあえずその矢を貰って、激しく射戦いながら見ると、

その矢を拾っている小僧の背に敵の矢が突き刺さりました。

 その後、その小僧の姿が、ふと見えなくなりました。

 小僧は、巧く逃げ出したのだなと思って、戦っていると、遂に諸道の父の望み通り、

敵を討伐することが出来たので、勝利を喜んで家に帰りました。

 この矢を拾ってくれた小僧は、誰の従者か?又何処から来たのか?も分からず、

あちらこちらを捜索させたが、結局その正体も行方も知る者は居りませんでした。

 自分のために矢を拾っている間に、背中に敵の矢が当たったのだから、その傷が元で

死んでしまったのかではないかと、気の毒に思ったが、居場所が分からず、そのままになってしまいました。

 その後、諸道の父が、氏寺に参拝して、地蔵菩薩を拝観すると、背中に矢が一本突き刺さっていました。

あの時の敵の矢に間違いありません。

 諸道の父はそれを見て、それでは、戦場で矢を拾って自分に呉れた小僧は、自分への助太刀のために、

この地蔵菩薩が変化なさったお姿だったのかと思うと、あまりのもったいなさに感動して、

泣く泣く丁寧に礼拝しました。

 その辺りに住む人々は、身分の上下を問わず、この事を見聞きして、感動の余り涙を流し、

ありがたがりました。

 全く、非常に尊いことです。

地蔵菩薩が、大衆を救う方便として、戦いの場に登場して、普段から信仰している人のために、

矢を我が身に受けたのでした。

 まして、死後の幸福を願ってお祈りする人には、必ず報いて下さると、語り伝えたと言うことです。
                          
おわり

しょうげんの一言:お地蔵様の功徳ですね。

Category: 古典文学
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。