水の精

| EDIT

 冷泉院の水の精、人の形となりて捕らへらるるものがたり

                  (今昔 巻27 第5)

 むかーし昔。冷泉院がいらっしゃった時は、二条よりは北、西の洞院よりは西、

大炊(おおい)の御門よりは南、油の小路よりは東二町に、お住みになっていらっしゃいましたが、

院がお亡くなりになった後には、その冷泉院の小路を開放し、北の町は人家になって、

南の町には、池などが少し残っておりました。

 そこに人が住んでいた時、夏の頃、西の建物の縁に人が寝ていたところ、

身長三尺(約90センチメートル)ほどのお爺さんが来て、寝ている人の顔を撫でたので、

怪しいと思ったけれども、怖ろしくて何も出来ずに寝た振りをしていました。

 お爺さんは、そっと立ち去っていくので、星明かりで見ていると、池の畔まで行って、

かき消すように見えなくなりました。

 池は掃除などする事もなかったので、浮き草や菖蒲(しょうぶ)などが繁茂して、非常に不気味で、怖ろしそうです。

 だから、池に住んでいる者であろうと、怖ろしく思っていましたが、その後、

何度も夜現れて、顔を撫でるので、この話を聞いた人々は、誰もが怖がっていました。

 すると武者めいた武勇自慢の男が、

「いざ、我が輩が、その顔を撫でる者を必ず捕まえよう。」

と言って、その縁に唯一人、縄を用意して、横になって、夜の更けるのを待ちましたが、宵のうちは現れませんでした。

 夜半を過ぎたかなと思う頃に、待ちかねて少し眠ったところ、顔に何かがひんやりと当たったので、

出るか出るかと期待して待っていたのだから、眠ってはいてもぱっと目覚めて、途端に起きあがって、それを捕まえました。

 縄でグルグル巻きに縛って、欄干に結い付けました。

 そうしておいて、人々に告げたので、人々が集まって、灯をともして見たところ、

身長三尺ほどの小さなお爺さんが、淡黄色の上着と袴をつけて、今にも死にそうな顔色で、

縛り付けられて、弱々しく瞬きしているばかりで、人々が尋ねても、何も答えません。

 しばらくして、少し笑って、きょろきょろ周りを見回して、細く弱々しい声で、

「盥(たらい)に水を入れて、持ってきて下さい。」

と言いました。

 そこで、大きな盥に水を入れて、前に置くと、お爺さんは首を伸ばして、盥を覗き込んで、

「私は水の精だ。」

と言って、水にほとりと落ち込んだと思うと、姿が見えなくなってしまいました。

 すると、盥に水が多くなって、ふちからあふれ出ました。縛った縄は、結び目が付いたまま、水の中にあります。

 お爺さんは、水になって溶けてしまったので、消えてしまいました。

 人々は、これを見て、非常に驚き、その盥の水をこぼさないように、静かに運んで、池に入れました。

 それから後は、お爺さんが現れて、人の顔を撫でることはありませんでした。

 これは、水の精が人間になって現れたのだと、人々とが言ったと、語り伝えたと言うことです。
                        
おわり

しょうげんの一言:これも摩訶不思議な話ですね。お爺さんというところが笑いどころでしょうか?

スポンサーサイト
Category: 古典文学

龍を見た男を治す

| EDIT

 忠明、龍にあへる者を治(じ)するものがたり

             (今昔 巻24 第11)

 むかーし昔。或る天皇の御代に、夏頃、夕涼みしようと言って、滝口(たきぐち-禁中警護の武士)どもが、

八省院の廊下に居たときに、差し当たってすることもないので、一人の滝口が、

「このように手持ちぶさたなので、酒肴を取りにやりたいものだ。」

と言うと、他の滝口どもがそれを聞いて、

「そりゃー良い。早く取りにやりなさいよ。」

と、口々に催促したので、この滝口は従者を呼んで、松明(たいまつ)を持たせてやりました。

男は、南の方に走って行きました。

 もう十町ほども行っただろうかと思う頃に、空が曇って夕立が降りました。

滝口どもは、世間話などをして廊下に居りまして、雨も止んで空も晴れたので、

もう酒を持ってくるだろうと待っていましたが、日が暮れるまで、行った男も見えなかったので、

「もう、帰ろう。」

と言って、みんな内裏に戻りました。

 この酒取りに従者を遣わした滝口は、恥をかき腹立たしく思ったけれども、どうしようもなくて、

一緒に詰め所に戻りましたが、この遣わした従者は、一晩中戻ってこなかったので、

希有(けうー滅多にないこと)のことだな、これはただ事ではないな、この男は途中で死んだのか、

もしくは重病にかかったのかと、一晩中心配して、夜を明かしました。

 夜が明けるのももどかしく、翌朝すぐに家に帰って、まず昨日この男を遣わしたことを語ると、家の人が、

「その男は昨日来たが、死んだようになってあそこに横たわっていますよ。

まるっきり物も言わないで、ただ横たわっているのです。」

と言うので、滝口が近寄ってみると、本当に死んだように横たわっているのです。

 声をかけても返事をしないで、僅かに手先が動くだけです。

非常に不思議に思って、近所だったので、滝口は、忠明朝臣という医師の許に行って、

「これこれのことが起きましたが、どうしたことでしょう?」

と尋ねたところ、忠明が、

「さあ、それは何の病かちょっと分かりかねます。それじゃ、木灰を沢山集めて、

その男をその灰の中に埋めて置いて、暫く様子を見なさい。」

と教えました。

 滝口は家に戻って、忠明の教えの通り、灰を沢山集めて、その中に男を埋めて置いて、

2~4時間ほど経って見ると、灰が動いたので、掻き除けてみると、この男は、

顔色も普通のようになって、横たわっているので、水を飲ませたりすると、完全に正気になったので、

「これは、どうしたことなんだ?」

と尋ねますと、男は、

「昨日、八省の廊下でご指示を戴いて、美福門の前を走り下りましたところ(壬生大路を南下)、

神泉苑の西側の所で、突然雷がとどろき、夕立が激しくなった時に、神泉苑の中が暗くなり、

そのまま西の方にずーっと暗くなっていきました。
 
そちらを眺めていますと、その暗がりに中に、金色の手がキラキラと光っているのを、

ちらりと見た瞬間に、目の前が真っ暗になり、意識も朦朧としてきましたが、だからといって、

路上に寝ているわけにもいかず、何とか我慢して、こちらのお屋敷まで逃げ帰った事までは、

わずかに覚えております。その後のことは、全然覚えていません。」

と言うのでした。

 滝口は、これを聞いて不思議に思い、また忠明の許に行って、

「あの男、おっしゃるとおりに、灰に埋めておいたところ、しばらくして、人心地が戻って、

これこれのことを申しています。」

と言ったところ、忠明は笑って、

「さればよ、人が龍の姿を見て、病みついたときは、その治療法しかないのだ。」

と言いました。

 滝口は家に帰りました。後に滝口の詰め所に行って、他の滝口どもにこの事を語ったところ、

滝口どもも忠明のこの処置を褒め感心しました。
 
 そもそも、こればかりじゃなく、この忠明は非常に勝れた医師であったと、

語り伝えたと言うことです。
                       おわり

しょうげんの一言:これも訳の分からない話ですねー。

 忠明が、病人を診ないで、何の病かわからんと言いながら、治ったと聞いて、

「龍の姿を見た人の治療法はこれしかない。」と言ったとか。 

 暗闇の中で、キラリと光ったのが龍の手だったと言うのも・・・

Category: 古典文学

人間になった寄生虫

| EDIT

寸白(すばく-人間の体内に寄生する虫)
          信濃の守に任じて解け失するものがたり

               (今昔 巻28 第39)

 むかーし昔。腹の中に寸白を持っている女が居ました。

ある人の妻になって、妊娠し男の子を産みました。その子は成長して、

元服した後、官職を得て、遂に信濃の守になりました。

 初めてその任国に下ったときに、「坂向かへの饗(あるじ)」と言って、

新任の国守を国府の役人が国境に出迎えてする歓迎の宴が開かれました。

 守がその宴席に着き、守の郎党もたくさんその席に着き、国の者どもも大勢集まりました。

 守が、席について見下ろしたところ、守の前の机から始まり、末席の机に至るまで、

胡桃(くるみ)一種類でいろいろに調理して、それだけを盛っているのです。

 守は、それを見るとどうしようもなく辛くなって、ただただ身を絞るように苦しみだしたのです。

 そこで辛くなって守は、

「どうして、この宴席にはこのように胡桃を沢山出すのか?これはどうしたことなのか?」

と問うと、国人が、

「この国には、あらゆる所に胡桃の木が沢山あるのです。だから、守の殿(こうのとの)のお膳にも、

館の上下の人にも、ただこの胡桃を色々料理して差し出したのです。」

と答えますと、守は、ますますどうしようもなく、辛そうにただ身を絞るようにします。

 どうしようもなく困っている気配を、信濃の国の次官が見て、怪しいと思いました。

この次官は、年輩で、万事を心得ていて、世故に通じた博識の男でした。

 次官は、もしや、この守は、寸白が人間として生まれ、この国の守となって来たのではないだろうか。

この気配を見ると、まったく納得出来ないことで、試してみようと思いました。

 そこで、旧酒(ふるざけ)に胡桃を濃く摺り入れて、提(ひさげ-酒を入れて杯に注ぐ器)

に入れて、熱く沸かして、国の人に持たせ、この次官は、杯を盆に乗せ、目の高さに捧げて、

恭しい動作で、守の前に持ってきました。

 守が杯を手にしたので、次官が提を持ち上げて、守の持っている杯に酒を注ぎますと、

酒に胡桃を濃く摺り入れたので、酒の色は白く濁っていました。

 守はこれを見て、非常に気分悪そうに、酒が一杯入った杯を持ったまま、

「この酒の色は、普通のものと違って白く濁っているのは、どうしたのか。」

と尋ねると、次官が、

「この国では、新政の儀の手はじめとして、新任の守がいらっしゃる坂向かえには、

三年過ぎた旧酒に胡桃を濃く摺り入れて、国庁におります役人が、徳利を持って、

守の御前に参上して、献上しますので、新任の守がそのお酒を召し上がるのが、恒例の儀式なのです。」

と、仰々しく申し上げます。

 守はこれを聞いて、顔色は真っ青になり、ぶるぶる震えだしました。

それでも、次官が、

「これをお飲みになるのが、定めです。」

と、せき立てると、守は、震えながら杯を引き寄せ、

「実は、自分は寸白が人間の男に化したものだ、とても胡桃酒にはかなわない。」

と言ったかと思うと、さっと水になって流れてしまいました。

あっと言う間に、影も形もなくなってしまったのです。

 その時、郎党どもはこれを見て、驚き、

「どれは、どうしたことだ。」

と、不思議がり大騒ぎしています。

 その時、次官が、

「あなた達は、この事をご存じなかったのですか? これは寸白が人間になって生まれていらっしゃったのです。

胡桃が沢山盛られているのをご覧になって、非常に耐え難そうにしていらっしゃる顔色を見て、

私は兼ねて聞いていたことがありましたので、試してみようと思いまして、

このように胡桃酒を勧めてみたところ、耐えきれなくて、溶けてしまったのです。」

と言い、国庁から来た人々を引き連れて、国に戻りました。

 守のお供の者どもは、今更どうしようもないので、皆都に帰りました。

そして、この事を語ったので、守の妻子一族も、これを聞いて、もともと寸白がなった人だったのだなと、初めて知りました。

 これを考えると、寸白も人間になって生まれるものなのです。これを聞いた人は誰もが笑いました。

滅多にないことなので、このように語り伝えたと言うことです。
                      
 おわり

しょうげんの一言:寄生虫が人間になったという、奇妙奇天烈な話でした。

Category: 古典文学

箸墓の由来

| EDIT

 大和の国の箸の墓の本縁のものがたり

                   (今昔 巻31 第34)

 むかーし昔。崇神天皇と申し上げた帝に、一人の娘がおりました。

容姿端正でしたので、天皇も母のお后様も可愛がり大切に育てなさっておりました。

 この娘は、まだ結婚なさる前に、誰とは分からない人で、非常に高貴な上品な方が、

娘の許に忍んできて、

「私は、あなたと夫婦(めおと)になろうと思う。」

とおっしゃいます。

 娘は、

「私は、まだ男の肌に触れたこともありません。どうして簡単に貴方の言葉に従えましょうか。

また、父母にこの事を、申し上げないわけにはいきません。」

と、答えました。

 男は、

「たとい、父母がご存じになっても、不都合なことはありませんよ。」

と言い、毎晩訪れて、恋を囁きますが、娘は肌を許しません。

 しばらくして、娘が天皇に申し上げました、

「これこれの人が、毎晩来て、このように申すのです。」と。

 天皇は、

「それは人ではないだろう。きっと神様がいらっしゃって、おっしゃているのだろう。」

と諭しました。

 そうしているうちに、娘はついに男に肌を許しました。

【日本書紀では、「倭迹迹日百襲姫命(やまとととひももそひめ)」と「大物主神」の話になっています。】

 その後は、相思相愛で過ごしていらっしゃいましたが、何処の誰とも分からないので、女が男に、

「私は、貴方が誰とも分からないので、非常に不安です。何処からいらっしゃるのですか。

私を本当に愛して下さるならば、お名前を名乗って下さい。また、住んでいらっしゃる所も。うち明けて下さい。」

と、申し上げました。

 男は、

「私は、この近くに居るんですよ。私の本当の姿を見たいと思うならば、明日、

あなたが持っている櫛の箱の中にある油壺の中をご覧なさい。

しかし、それをご覧になっても驚いたり怖がったりしないで下さい。もし、驚きなさると、

私が非常に辛い目に合うことになるでしょう。」

と、おっしゃいます。

 女は、

「絶対に驚きません。」

と言い、夜が明けたので、男はお帰りになりました。

 その後、女が櫛の箱を開けて、油壺の中を見ますと、壷の中に動く物があります。

何が動いているのだろうと思って、持ち上げてご覧になると、非常に小さな蛇がとぐろを巻いているのです。

 油壺の中にいる蛇ですから、その大きさ(小ささ?)は想像できますね。

女はそれを見た途端に、あれほど驚かないと約束したのに、どうしようもなく恐れおののいて、

大声を上げて、放り出して逃げてしまいました。

 その晩、男が来ました。いつもと違って機嫌が悪く、女に近づこうともしません。
 
 女は、不思議に思って、自分から身を寄せますと、男は、

「あれほど堅くご注意申し上げたのに、あなたはお忘れになって、驚きなさったことは、

全く情けないことです。だから、私はもう参りませんよ。」

と言って、たいそう無愛想な様子でお帰りになろうとします。

 女は、

「あればっかりの小さな私の違約によって、もうここへは来ないと言うあなたのお心こそ、

口惜しゅうございます。」

と言って、袖を捕まえて、引き留めようとなさいました。

 男は、女の前(まえ-陰部)に箸をつきたてました。

 女は、即死してしまったので、天皇、后がお嘆きになっても、今更どうしようもありません。

 さて、その墓を大和の国城上(しきのかみ)の郡に建てました。箸の墓と呼ばれて現在残っているのが、

それであると語り伝えたと言うことです。

                        おわり

しょうげんの一言:箸墓伝説ですね。奇妙なお話でした。

Category: 古典文学

転んでもただでは起きない

| EDIT

 信濃の守藤原陳忠(のぶただ)御坂(みさか)に落ち入るものがたり

                   (今昔 巻28 第38)

 むかーし昔。信濃の守藤原陳忠という人がおりました。

任国に下って国を治め、任期が終わったので、都に上る途中、御坂を越えるときに、

沢山の馬に荷を積み、人の乗った馬も、数えられないほどに続いて進んでいましたが、

たくさんの人が乗った馬の中で、どういう訳か、守の乗った馬が、懸け橋の端の板を、

後足で踏み抜いて、守が馬に乗ったままで、真っ逆様に落ちてしまいました。

  【御坂-信濃国伊那郡と美濃国恵那郡を結ぶ峠道】

  谷底はどれくらいとも分からないほどの深さなので、守は生きているはずもありません。

 二十尋(ひろ-大人が両手を広げた長さ)もあるような檜や杉の大木が谷底から生えているが、

その木の梢でさえも遙かの底に見下ろされるので、谷の深さも想像できそうです。

 そこに、守が落ちたのですから、体は絶対無事だとは思われません。

 そこで、多くの郎党どもは、みな馬から下りて懸け橋の端に並んで谷底を見下ろしましたが、

どうしようもないので、途方に暮れています。

 「下りることの出来る場所があれば、谷底に下りて、守のご様子も見ることが出来るのに。

もう一日歩いて、谷の浅い方から回り道して捜そう。今すぐには、谷底に下りる手段もないので、

どうしようもないなぁ。」

などと、口々に言い合っていると、遙か谷底から呼んでるような声が、かすかに聞こえました。
 
「守の殿(こうのとの)は、ご無事だったのだ。」

などと言って、今度は応答を期待して、大声で呼ぶと、守が叫ぶように何か言っているのが、

遙か遠くに聞こえましたので、

「何かおっしゃってるぞ。静かにしろ。何をおっしゃってるのか、みんな静かにして、聞け、聞け。」

と言うと、

「旅籠に縄を長く付けて下ろせ。」

とおっしゃってるのでした。

 【旅籠(はたご)-竹皮で編んだ籠。旅行用の食料や雑具を入れて携行。】

 そこで、守は生きていて、何かに掴まっていらっしゃるのだと分かって、

旅籠に多くの人の差縄(さしなわ-馬の引き綱)を集めて、結び繋いで、そろそろと下ろしました。

 縄の残りもなくなるほど下ろした頃に、縄が留まってそれ以上は伸びないので、

もう下に着いたのだなと思っていると、谷底から、

「さあ、引き上げよ。」

と言う声が聞こえたので、

「それ、引けと言ってるようだぞ。」

と言って、手繰り上げると、非常に軽々と上がってきます。

 「この旅籠は軽いなぁ。守の殿が乗っていらっしゃるならば、重いはずなのに。」

と言うと、ある男は、

「木の枝などに掴まって、守も手繰っていらっしゃるから、軽いのだろう。」

などと言って、男達が力を合わせて引いて、やがて旅籠を引き上げてみたところ、

平茸(ひらたけ)だけ、旅籠にいっぱい入っていました。

 みんなは、呆然として、互いに顔を見合わせて、

「これは、一体どうしたことだ。」

と言ってると、また谷底から声がして、

「さあ、また下ろせ。」

と叫んでいるのでした。

それを聞いて、

「では、また下ろせ。」

と言って、旅籠を下ろしました。

 また、引けという声がして、その通りに引くと、今回は非常に重いのです。

沢山の人が縄にとりついて引き上げたのを見ると、守が旅籠に乗って引き上げられたのでした。

 守は、片手では縄をしっかり握って、もう片方の手には、平茸を三房ほど持って、上っていらっしゃったのです。

 完全に引き上げたので、懸け橋の上に腰を下ろして、郎党共は喜び、

「それにしても、これはどんな平茸なのですか。」

と聞きますと、

守が答えるには、

「落ちたときは、馬は先に落ちていったのに、自分は後からばたばたしながら落ちていくうちに、

茂り合った木の枝に不意に落ちかかったので、その木の枝を掴んで下におりたら、

足に大きな木の枝が触ったので、その枝を踏まえて、大きな股になっている枝にしがみついて、

留まっていたところ、その木に平茸が沢山生えていたで、見捨て難くなって、まず手の届く限り取って、

旅籠に入れて上げたのだ。まだ残ってるだろうなぁ。本当に見たこともないほど沢山生えていたよ。

大変な損をしたもんだなぁ。全くとんでもない損をしたような気持ちだよ。」

と言うと、郎党共は、

「全く損でしたね。」

と言って、集まっていた者どもは、くすっと笑いました。

 守は、

「心得違いをするなよ。おまえら、宝の山に入って手ぶらで帰ってきたような気分だよ。

受領(ずりょう-国守)は転んだら土を掴んで起きあがれと言うだろう。

つまり、失敗しても空手では帰るなと言うことだよ。」

と言うと、頭株(かしらかぶ)の目代が、心の中では非常に憎らしいと思ったけれども、

 【目代(めしろ)-国司不在の時その代理を勤める者。】

「全くその通りですね。容易に取れる物を、どうして取らないことがありましょうか。

誰でも取らないはずがありません。もともと賢明でいらっしゃるお方は、

このような死にそうな極限の際にも、少しも慌てず、万事を平常と変わりなく処理なさるので、

落ち着いて平茸をお取りになったのですね。だから、国の政をよくしたため、万民に憩いを与え、

税はきちんと納めさせて、満足なさって、都にお帰りになるので、国の人たちは、

父母のように恋い慕っていたのですね。だから、行く末も千年万年栄えられますこと、つゆ疑い

もございません。」

などと言って、陰に回って、自分たちだけであざ笑いました。

 これを思うと、これほどのことにあって、慌てないで、まず平茸を取って上がってきた根性は、

全く醜くいやらしいことだ。

 取れる物は少しでも取って私腹を肥やしたのであろうと、推測できますね。

これを聞いた人は、憎み笑ったと、語り伝えたと言うことです。

                        おわり

しょうげんの一言:ちょっと現代の感覚とは違うような気がします。

Category: 古典文学
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。