マジックで瓜を

| EDIT

 外術(げじゅつ)を以て瓜を盗み食はるるものがたり

          (今昔物語 巻28 第40)

 むかーし昔。7月頃、大和の国から沢山の馬に瓜を積んで、

下衆どもが沢山連れ立って京都に上ってくる途中、宇治の北に、

実の生らない柿の木がありました。

 [下衆(げす)-1、身分の低い者。素性の賤しい者。下層階級。
         2、使用人。召使い。下僕。供人。ここでは、1の意味]

 その木の下の木陰で、この下衆たちはみな足を止めて、瓜の籠を全部馬から下ろして、

馬も休ませ、自分たちも休んで、涼んでいる中に、私物として別にして運んできた瓜を、

少し取り出して、切って食っていました。

 この付近に住んでいた者でしょうか、単衣に帯を締めて、下駄を履いた見るからに高齢のお爺さんが、

杖を突いて現れ、この瓜を食っている下衆どもの傍らに寄って、弱々しく扇子を使いながら、

この瓜を食うのを、じーっと見つめています。

 しばらくして、そのお爺さんが、

「その瓜、一個、私に食わせて下さい。のどが渇いてどうしようもないのです」

と、言いました。

 下衆たちは、

「この瓜は、全部我々の私物ではないんだよ。気の毒だから、一つくらいは食べさせたいけれども、

或る人が、京都に贈る物なので、一つでも食わせるわけにはいかないんだよ。」

と言いました。

 お爺さんは、

「人情味のない人たちですね。年老いた者を哀れむというのは、良いことなんですよ。

それにしても、何処で手に入れていらっしゃったのでしょうね。そうだ、私がここで瓜を作って食おう。」

と言いました。

 この下衆どもは、冗談を言ってるんだろうと思って、顔を見合わせて笑っていると、

お爺さんは、木の枝を拾って、自分の足許の地面を掘って、畑のようにしました。

 下衆どもが、このお爺さんは何をするのかなと見ていると、そこに食い散らした瓜の種を拾い集めて、

その均した地べたに植えました。

 その後間もなく、瓜の双葉となって発芽しました。

下衆どもは、それを見て、なんだなんだと不思議に思って見ている中に、

その双葉は、あっという間に成長して、枝葉を広げました。更にうっそうと繁茂して、花が咲いて、

瓜が生りました。その瓜が、目の前で、大きくなり、美味しそうに熟しました。

 その時、この下衆どもはこれを見て、これは神様だろうかと恐れおののいている中に、

このお爺さんは、この瓜を採って、食いながら、下衆に、

「あなた方が呉れなかった瓜は、ほらこのように自分で作って食いますよ。」

と言って、下衆どもにも食わせました。

 瓜は沢山あったので、道行く人をも呼んで食わせたので、みんな喜んで食べました。

 食い終わると、お爺さんは、

「では、そろそろ帰るとしようかな。」

と言って、去っていきました。そのまま、行方は分かりません。

 それから、下衆どもは、馬に瓜を積んで出発しようかと思って見ると、なんと、籠はあっても、

その中の瓜は一つもありませんでした。

 その時になって、下衆どもは、はたと手を打って、口惜しがること、この上もありません。

 先に、あの老人が籠の中の瓜を取りだしたのだが、自分たちが外術にはまって

気付かなかったのだとようやく悟って、口惜しがったけれども、老人の行方は分からないし、

今更どうしようもなくて、みんな大和に戻りました。

 道行く人達はこれを見て、奇妙だと思いながらも笑っていました。

 下衆どもが、瓜を惜しまないで、二つ三つだけでも、老人に食わせたならば、

全部は取られなかったでしょう。

 惜しんだのを老人は憎んで、この様にしたのでしょう。また、この老人は

妖怪変化の類だったのでしょうか?

 その後、この老人の正体は遂に明らかにはならなかったと、語り伝えたとか言うことです。
                          
                            おわり

しょうげんの一言:これも外術譚ですね。昔、絵本で読んだ記憶があります。

         今日は天皇の80歳の誕生日ですね、長寿を祈ります。

         今年最後の更新とします、よいお年をお迎えください。 

スポンサーサイト
Category: 古典文学

犬頭の糸

| EDIT

参河(みかわ)の国に犬頭(いぬかしら)の糸を治むるものがたり

                  (今昔物語 巻26 第11)

 むかーし昔。三河の国の或る郡に一人の郡司がおりました。

妻が二人いて、それに養蚕をさせて、糸を沢山手に入れていました。

 それなのに、元の妻の蚕は、どうしたのか、みな死んでしまって、育てられないので、

夫も、興ざめし、愛想づかしをして、寄りつかなくなってしまいました。

 だから、従者たちも、主が行かなくなったのですから、だれも行かないので、家は貧しくなり、

そうなるとますます立ち寄る人も居ません。

だから、家には妻一人と召使い二人だけになってしまい、妻は心細さと悲しさで、泣き暮らすばかりです。

その家で飼っていた蚕はみな死んでしまったので、養蚕は止めてしまったのですが、

蚕が一匹だけ、桑の木の葉について、食べているのを見つけて、それを取ってきて、

大事に飼っていたところ、見る見るうちに大きく成長するので、桑の葉を取ってきて入れてやると、もりもり食べます。

それを見ていると、可愛らしくなって、撫でるように大事に養っていますが、

これを養い育てても一匹だけで、どうしようもないなぁとも思います。
 
 多年やっていた養蚕を、この三四年はピタリと止めていたのですが、このように思いがけなく、

養うことになったのがなんとなく愛情が感じられて、ますます大事に育てています。

 その家では、白い犬を飼っていました。非常に慣れて、いつも人の前で尾を振っていました。

 その犬の前で、蚕を器の蓋に入れて、桑を食うのを見ていたところ、この犬が走り寄ってきたかと思うと、

この蚕をぱくりと食ってしまいました。
 
 驚きながら口惜しいと思ったけれども、この蚕を食ったからといって、犬を打ち殺すわけにもいきません。

 さて、犬が蚕を食い、そのまま呑み込んで、逃げもせずに、前に座って尾を振っています。
 
 妻は、蚕一匹さえ飼育することが出来なかったとは、何と自分の運命は呪われたものだなぁ、

と思うと、しみじみと悲しくなって、犬に向かって泣いておりました。

 突然、犬がクシュンとくしゃみをしました。すると、鼻の二つの穴から、白い糸が二本一寸(約3センチ)ほど出てきました。

 不思議に思って、その糸を引っ張ったところ、二本とも、くるくると長ーく出てきたので、

糸巻きに巻き付けました。糸巻きがいっぱいになったので、また別な糸巻きに巻き、

またそれがいっぱいになったので、また別な糸巻きに巻き付けました。

このようにして、二三百の糸巻きに巻き付けましたが、糸が尽きませんので、竹の棹に渡して括りました。

それでもなお、糸が尽きませんので、桶に巻きました。

 四五千両ほど巻き取って、糸の最後が繰り出された時に、犬が倒れて死んでしまいました。

 (両-重さの単位、時代によって違うが、約37.5グラム)

 妻は、これは仏神が犬になってお助けになったのだと思って、家の裏の畑の桑の木の根本に、丁寧に埋めました。

さて、この糸を細くする方法が分からず困っていると、夫の郡司が所用で出かけたときに、

たまたまこの家の前を通ったところ、家は非常にみすぼらしく、人の気配もなかったので、

急に哀れになって、ここに住んでいたあの女はどうして居るんだろうと、懐かしく思い出したので、

馬から下りて、家に入って見ると、人も居ません。
 
 ただ、妻が一人、沢山の糸を糸車で縒り合わせていました。これを見ると、

我が家で蚕を飼い、設備を整えて、取った糸は黒いし、ぶつぶつとしていて良くありません。

ところが、この糸は、雪のように真っ白で、光沢があってこの上もなく素晴らしい物です。全く見たこともない物です。

 郡司は驚いて、

「これはどうしたんだい?」

と尋ねると、妻は、事の事情を、包み隠さずに話しました。

 郡司は、それを聞いて、仏神がお助けになるほどの人を、自分が疎略にしたことを後悔して、

そのままその家に留まって、今の妻の所へは行かずに、一緒に暮らす事にしました。

 その犬を埋めた桑の木に、蚕が隙間もないほど繭を作っていました。そこで、又それを集めて、

糸を取ると、同じようにこの上もない素晴らしい物です。

 郡司は、こういう糸が出来たことを、国司に報告して、差し出したところ、国司は、

朝廷に申し上げて、それ以来、『犬頭(いぬかしら)』と言う糸を、

この国の特産物として献上することになったのでした。

 その郡司の孫が伝えて、現在は犬頭の糸を献上する家であるのだそうです。

 この糸は、蔵人所に納められて、天皇の御衣服に織られたのです。

天皇の御衣服の材料になるために、こういう由緒ある糸がこの世に現れたのだと、

人々が語り伝えました。

 [蔵人所(くろうどどころ)-宮中の諸事務・諸雑務をとる役所]

 また、今の妻が、元の妻の蚕をわざと殺したのだ、と言う人もいましたが、真実は分かりません。

 これを考えると、前世の因縁によって、夫婦の仲も戻り、糸も出てきたのだと、語り伝えたと言うことです。
                     
                                おわり。

しょうげんの一言:捨てられた女のもとで奇跡が生じ、それを「前世の因縁」で結ぶところが、今昔の世界ですね。

Category: 古典文学

女が鬼に食われた。

| EDIT

 在原業平中将女を鬼に食わるるものがたり

                 (今昔物語 巻27 第7)

 むかーし昔。右近の中将在原の業平という人がおりました。

当時有名な色好みで、世の中の女で、美しいと聞くと、宮仕えしている女性でも、

人の娘でも、残りなく自分のものにしようと思っていました。

 註:色好み-平安時代は男女いずれの場合にも用いられ、容貌・態度・性格・
才能など諸方面で、異性を惹き付ける魅力を持ち、また恋愛の情趣を
解するような人を言い、それが貴族として好もしいタイプの一つと
考えられていた。現在の「好色」とは全く違うのでご注意下さい。

 ある人の娘の容貌スタイルが、この世で比較するものがないほど素晴らしいと聞いて、

精魂込めて言い寄ったけれども、天皇のおそばに差し出そうと親たちが大事に育てていたので、

業平の力が及ばなかったのですが、どのようにはかりごとをめぐらしたのか、

その女を密かに連れ出すことに成功しました。
  
  
 連れ出したものの、すぐ隠しておくような家や場所もなかったので、いろいろ思いめぐらせて、

北山科の辺りに、荒れ果てた古い山荘で人も住んでいないところがあり、その山荘の中に大きな校倉(あぜくら)

があるのを思い出しました。

 註:校倉-三角形の長材を横に密接に積み上げて造った古代の倉庫。
     奈良の正倉院などの造り。

 戸は倒れていました。住まいの建物は、板敷きの板もなく、腰を下ろすような場所もなかったので、

この倉の中に畳一枚持ち込んで、この女を連れていって、その上に二人で横たわりました。


 突然雷が鳴り稲妻がきらめいて、辺りが騒然としてきたので、中将は起きあがって

女を後ろの方に押しやって、太刀を抜いて、白刃をきらめかしました。

雷もようやく鳴り止み、夜も白々と明けてきました。

[雷に対して、太刀を抜いて、威嚇するのは、平安時代の常套手段のよう
です。危険きわまりないことですよね。]
 
 さて、女は、かさっとも音を立てないので、中将は、不思議に思って振り返ってみると、

女の頭と着衣だけが残っていました。

 中将は、びっくりし、恐怖に駆られて、自分の着物もろくに着ないまま逃げ出してしまいました。

 その後、この倉は、「人取る倉」であると分かりました。だから、雷鳴稲妻ではなくて、

倉に住んでいる鬼の仕業だったのでしょうか。

 だから、事情の分からない場所には、絶対立ち寄ってはいけないのです。

ましてや泊まるなんていうことは、考えるべきではないと語り伝えたと言うことです。

                         おわり

しょうげんの一言:不気味なお話ですね。

Category: 今昔物語

外術を習う その2

| EDIT

陽成院の御代に滝口金の使に行き外術を習ふものがたり その2
          
                (今昔物語 巻20 第10)

 道範は、その後、陸奥国に行き、黄金を受け取って帰るときに、この信濃の郡司の家に

立ち寄って泊まりました。郡司に、馬や絹など他にも様々な物を沢山贈ったので、

郡司は非常に喜んで、

「これはこれは!それにしてもどうして、こんなに下さるのですか?」

と尋ねました。


道範は、郡司の側にそっと寄って、

「まことに申し上げにくいことですが、初めてこちらに泊まった時に、全く不思議な目に合いましたのは、

どうしたわけでしょうか?非常に訝しい事でしたので、それをお尋ねしたいのです。」

と言いました。


 郡司は、貴重な物をたくさん貰ったので、隠すこともなくありのままに説明しました。

「私がまだ若かったとき、この国の奥郡(おくのこおり)の年老いた郡司の、若い妻の許に忍び寄ったときに、

麻羅を失ったのです。その怪しい術を、その老郡司に、礼物などを贈って無理に頼み込んで、習ったのです。
 
もし、あなたさまも、その術を習いたいとお思いでしたら、この度は、公の品を沢山お持ちの旅ですから、

速やかに都に上って、お勤めを果たして、後日改めておいでになって、ゆるりとお習い下さい。」

と言うと、道範は、その約束をして、都に上り黄金など献上して、休暇を貰って、下ってきました。

 プレゼントを沢山持って下り、郡司に与えたので、郡司は喜んで、自分の知ってる術の

ありったけを教えようと思って、

「これは手軽に習えることではありません。七日間きちんと精進して、毎日水を浴びて

身を清めた上で習うことなので、明日から精進を始めなさい。」

と言うのです。


 そこで、道範は精進を始めて、毎日水を浴びて身を清めました。七日の精進が終わった日の深夜、

郡司と道範は、他人を交えず、深山に入りました。

大きな川の畔で、永く仏法を信じないという願(がん)を発し、様々な仕草をし、

仏道にとって口には出来ないような罪深い誓いを立てました。


 それから郡司が、

「私は川上に行きます。その川上から来る物を、鬼であろうと神であろうと、なんでも、抱き留めなさい。」

と言い置いて、川上に姿を消しました。

 間もなく、川上の方で、空が曇り雷鳴がとどろき風が吹いて雨が降りだして、川の水が急に増えてきました。

突如、川上から、頭は一抱えもある蛇が、目は金属製のお椀を入れたようで、頚の下は深紅で、

体の表面は紺青や緑青を塗ったようにぎらぎら光って見えました。

 郡司は、下ってくる物を抱き留めよとは教えたけれども、道範はこれを見て、非常に恐ろしかったので、

草の中に隠れ潜みました。

 間もなく、郡司が現れて、

「どうですか、抱き留めましたか?」

と尋ねたので、

「非常に恐ろしかったので、抱き留めることは出来なかった。」

と答えると、郡司は、

「全く残念なことですねー。それではこの事は習うことは出来ません。それにしても、もう一度試してみましょう。」

と言うので、また水に入りました。

今度は、身の丈四尺(一尺は30.3センチメートル)ほどの猪が、牙を光らせて、

石をばりばりと音を立てて食うと、その度毎に口から炎がめらめらと出て、毛を逆立てて走りかかって、

道範をかみ殺そうとします。

 道範は、肝もつぶれるほど怖ろしかったけれども、これが最後だと思って、

自分から近寄って抱きついたところ、三尺ほどの枯れ木でした。

 その時の、ねたましさ悔しさと言ったらありません。

初めもこういう幻覚だったのでしょう。どうして抱きつかなかったのだろうと悔やんでいると、

郡司が出てきて、

「どうでした?」

と尋ねるので、

「これこのとおり抱きついたよ。」

と答えると、郡司は、

「前の麻羅を失う技は、習うことは出来なくなりました。しかし、一寸した物の形を変える術は

習うことが出来るでしょう。ですからそれをお教えしましょう。」

と言いました。

 道範は、そのことを習って帰りました。麻羅を失う術を習うことが出来なかったのが、いくら考えても残念です。

 都に帰り上って、皇居に参上し、滝口の陣で、滝口たちのぬいでおいた沓を、

出来るか出来ないかと賭をしたあげく、みな犬の子にしてそのあたりを歩き回らせました。

また、古い藁沓(わらぐつ)を三尺ほどの鯉にして、大盤(だいばん-食器を載せる台)の上で、

生きたまま踊らせるというようなことをしました。

 そんなことをしていると、天皇がそれをお聞きになり、道範を黒殿の方に呼んで、この事をお習いになりました。

 註:黒殿(くろどの)-黒戸の御所。宮中の清涼殿の北、滝口の西にある間。
            煙にすすけたのでこう呼ばれている。

 その後、天皇は御几帳の横木の上で、加茂の祭りの行列を渡すなどのマジックをご自分でなさいました。

しかし、殿上人たちは、天皇のこうした振る舞いは、喜びませんでした。

 そのわけは、天皇の身で永く仏法に背く術をお習いになることを、人々はみんな非難申し上げたからです。

問題にならないような身分の低い者がしてさえ罪深いことなのに、天皇がこういうことをなさったせいでしょうか、

のちに、気が狂っておしまいになったのです。

 これは天狗などの外道を祭って、仏法に背いたからでしょう。

人間世界では受け入れがたい事です。仏法に叶うことはそれより難しいでしょう。
 
 たまたま人間世界に生まれて、仏法に巡り会いながら、仏道を棄てて、魔界に出向くことは、

まるで宝の山に入って手ぶらで出てきて、石を抱えて深い淵に入って、命を失うようなものです。
 
 だから、絶対にしてはいけないことだと、語り伝えたと言うことです。

                          おわり
  
しょうげんの一言:仏法至上主義の時代ですから、こういったいたずらは忌避されたのでしょうね。

Category: 古典文学
↑