マジックでマラを失う話

| EDIT

 陽成院の御代に滝口金の使に行き外術を習ふものがたり その1

             (今昔物語 巻20 第10)

 
 むかーし昔。陽成院の天皇の御代に、滝口に命じて黄金徴収の使いとして、

陸奥国(みちのく)に派遣しておりました。

 [註:滝口-宮中の滝口という詰所に伺候して、宮中を守護する侍]

 道範という滝口が、天皇の命を受けて陸奥国に下るときに、信濃国の或る郡に宿りました。

その郡の司の家に宿ったので、郡の司は待ち受けていて、いたれりつくせりのもてなしぶりでした。

食事など終わって、あるじの郡の司は、自分の家をお使いの一行に明け渡して、

郎党どもを引き連れて去っていきました。


 道範は、旅先でなかなか寝付けないので、そっと起きあがって、屋敷の中を見て歩き、

妻の居るところを覗くと、屏風几帳などが立て並べてあります。

 [註:几帳-貴人の室内の仕切りに用いた物。

   台に二本の柱を立て、その上に横木を組み合わせ「T」字型にし、横木に布を垂らした物。

高さは約90センチか120センチ。幅は180センチで、移動可能です。]

 畳などもこぎれいに敷いて、二層づくりの棚などを置いて、体裁良くしつらえてあります。

室内用の香でしょうか、非常に香ばしく漂っています。
 
 こんな山奥の田舎に、こんな心用意をと、奥ゆかしく思って覗いてみると、

二十歳ほどの女が、髪の毛は長く、ほっそりした体、額髪の様子も全て、

これと言って欠点も見あたらない姿形で、優雅に横になっています。


 道範は、それを見て、この女を見過ごして帰る気になれず、また考えてみると、

辺りに家人は居ないし、うち解けて寄っていっても、見とがめる様な人も居ないので、

そっと戸を開けて入りました。誰だ!と咎める人も居ません。


 灯火は、几帳の後ろに立ててあるので非常に明るい。

昼間あれほど自分を歓待してくれた郡司の妻に、後ろ暗い横恋慕をするとは、

郡司に対して気の毒とは思ったけれども、女があまりにも魅力的なので、怺えきれずに忍び寄ったのです。


 女の傍らに寄り臥しても、女は見苦しい慌てかたはしません。

寝たまま恥ずかしそうに袖口で口元を覆っている顔つきは、近寄って見れば見るほど、

なお一層あでやかで美しいのです。道範は、もう有頂天です。


 九月十日頃のことなので、衣も沢山は着ていません。紫苑(しおに-薄紫)色の綾の衣一重、

濃い紅の袴だけ着ています。香のかぐわしさは、辺りのものにまで、滲みているようです。


道範は、衣を脱ぎ捨てて、女の懐に入ろうとしました。

ちょっとの間は、女も着物の前を合わせて、遮ろうとしましたが、あくまでも拒むという風ではなかったので、

道範は肌触れあうばかりに、女の懐に入りました。


 と、その時、男は股間が痒くなったので、片手で探ってみたところ、なんと、毛だけがあって、肝心の物はありません。
 
驚き慌てて、両手で丁寧に探ったけれども、まったく頭髪を触っているようで、痕跡すらありません。

動転して、女の魅力的だったことも忘れてしまいました。

 女は、男が、この様に慌てて股間を探り、途方に暮れた顔をしているのを見て、微笑んでいます。
 
男は、ますます訳が分からず、不思議に思ったので、そっと起きて、元の寝所に戻って、

また丁寧に探りましたが、やはりありません。

 あきれ果てて、親しく使っている郎党を呼んで、本当の事情は告げないで、

「あちらの部屋に、素晴らしい女が寝て居るぞ。俺は今行ってきたのだ。別に何の支障もない、お前も行って来い。」

と言うと、郎党は、喜んで行きました。

 間もなく、この郎党は戻ってきました。素っ頓狂な呆れた顔をしているので、

これも同じような目にあったなと思って、また、別な郎等を呼んで、そそのかして行かせたところ、

これも戻ってきて、上を向いて不思議そうな気が抜けたような顔をしています。

このようにして、七八人の郎党を行かせたのに、みな戻ってきてからの茫然自失の様は同じようです。


 いくら考えても不思議だと思っている中に、夜が明けてきました。

道範は、内心、昨夜の家主(いえあるじ)が、盛大にもてなしてくれた事を嬉しいとは思ったけれども、

この麻羅喪失事件が何とも不気味なので、取る物も取りあえず、挨拶もそこそこに、薄明の中を急いで出立しました。


 七八丁ほど行くと、後ろから呼ぶ声がします。見ると、馬を走らせてくる者がおります。

追いかけてきたのは、先刻あの郡司の屋敷で給仕をした家来でした。

 白い紙に包んだ物を恭しく捧げてきました。

 道範は、馬を控えて、

「それは何だ?」

と尋ねますと、その家来は、

「これは郡司が差し上げなさいと、言った物です。この様な物をどうして棄てていらっしゃるのですか?

私共は、形の通りに、今朝のお食事の用意などをしておりましたが、お客様は非常にお急ぎのご様子で、

お食事も召し上がらずに、こんな大切な品まで落とし忘れて行かれました。

だから拾い集めて、お届けするのです。」

と言って、渡して寄こしました。


 道範が受け取って、何だろうと思いながら開けてみると、松茸を包み集めたようにして、

男の麻羅が九つありました。

 これは・・・と驚いて、郎党どもを呼び集めますと、郎等達はそれぞれ不思議に思って、

手許を覗き込みますと、確かに九つの麻羅です。

それを見た途端に、一度に消えてしまいました。


 使いの者は、それを見届けると、すぐ馳せ返っていきました。

 すると、郎党どもは、

「実は、私も心当たりがあります。」

と言い出して、みんな探ってみると、麻羅は元の通りに付いているのでした。

                 この項、終わり。
                道範の話は次号に続きます。  

しょうげんの一言:風流滑稽談ですね。               
  

スポンサーサイト
Category: 古典文学

和歌で縁を切る話

| EDIT

 或る殿上人の家に忍びて名僧通ふものがたり
                 (今昔物語 巻28 第12)

  むかーし昔。誰とは言いにくいので名前は書きませんが、或る殿上人の妻の住んでいる家に、

非常に高貴な名僧が、こっそり通っていました。

男はそうとは知らないで、そのまま過ごしている中に、三月の二十日過ぎ、男は宮中に参内しました。

 その間に、名僧がその家に入り込んで、装束を脱ぎ捨てて、我が物顔に振る舞っています。

女はその脱いだ装束を拾い上げて、男の装束を懸けてある棹に混ぜて懸けておきました。

 そうしていると、宮中から、男が使いを寄こして、

「宮中から、人々と遊びに出かけるので、烏帽子と狩衣を届けてくれ。」

と言って寄こしたので、女は、棹に懸けてあった狩衣をとり、烏帽子と一緒に、袋に入れて、使いに渡しました。
 
  註:遊び=管弦(楽器)の遊び。
    狩衣(かりぎぬ)=平安時代は公家の日常着。

 さて、男は、その遊ぶところに殿上人達と行ってましたので、その場所に使いが持っていったのを、

開けてみると、烏帽子はありましたが、狩衣がなくて椎鈍の衣(しいにびのころも=椎の葉で染めた薄黒い絹の衣、僧衣。)

が畳んで入ってました。


 これはどうしたことかと驚きましたが、ははーん不倫相手の坊主の衣と間違えたのだなと分かりました。

殿上人達が沢山集まって遊んでいる居るところなので、他の連中も見てしまいました。

 恥ずかしくてみっともないけれども、今更どうしようもなく、衣を畳んだまま袋に入れて返してやるのに、歌を付けました。

 こはいかにけふは卯月(うづき)の一日(ひとひ)かはまだきもしつる衣がへかな 

 (これはなんと、今日はまだ衣替えの四月一日には、まだ間があるというのに、
    早々とその支度をして寄こしたものだなぁ)

と、皮肉たっぷりに書いてやって、そのままその女の許には行かないで、縁を切ってしまいました。

 女の愚かさで、狩衣を取って袋に入れたと思ったのに、暗いところに、混ぜて懸けてあったので、

慌てて、同じように手触りの柔らかい僧の衣を取り違えて入れたのでした。

 女は、男の歌を読んで、どんなに己の浅はかさを嘆いたことでしょう。

しかし、もうどうしようもありませんので、そのままで、終わってしまいました。

 隠そうとしましたが、この事が世間に知れて、男を、奥ゆかしい心根の持ち主だなぁと、

褒め称えたと、語り伝えたと言うことです。

                       おわり。 
 
しょげんの一言:三角関係は珍しくない時代ですが、男の風流心が褒め称えられたのですね。

Category: 古典文学

狗が主人を守った話。

| EDIT

陸奥国(みちのくのくに)の狗山の狗、大蛇を食い殺すものがたり
 
                 (今昔物語 巻29 第32)

 むかーし昔。陸奥の国の或る郡に住んでいた身分の低い男がおりました。

家で沢山の狗を飼っていて、いつもその狗どもを引き連れて深い山に入って、

猪、鹿等を食い殺させて取るのを昼夜朝暮の仕事にしていました。
 
 だから、狗どもも、もっぱら猪鹿を食い慣れて、主が山に入ると、みな喜んで、

後前に立って付いていきました。

この様にしているので、世間の人は「狗山」と呼んでるようでした。

 ある時、この男、いつものように狗どもを引き連れて山に入りました。

以前も食い物なども持って、二三日も山に籠もる事がありましたので、

今回も山に留まったのですが、その夜。
 
 巨木の空洞を見つけて、その中に入り、傍らに粗末な弓とやなぐい(矢を入れて背負う器)

太刀などを置いて、前では火を燃やして、狗どもは周りにみな横になっていました。
 
 沢山いる狗の中で、とくに長年飼っていた格別に賢い狗が、夜更けに、他の狗はみな眠っているのに、

ただ一頭、突然起き上がって、この主が寄りかかっている木の空洞に向かって、激しく吠えたてました。

主は、この狗は何を吠えてるのだろうと、身の回りを見たけれども、狗が吠える対象となるような物も見あたりません。

 主は宥めようとしても、狗は吠えるのを止めないで、やがては、主に向かって躍りかかるように吠えるので、

主は驚いて、

「この狗が吠える対象も無いのに、自分に向かってこのように躍りかかって吠えるのは、

元々獣は主人の恩を知らぬものなので、きっとこのような人気(ひとけ)のない山中で、

自分を食ってしまおうと思っているのだろう、こいつを切り殺してやろう」

と思って、太刀を抜いて、脅したけれども、狗はそれでも吠え止めず、躍りかかるように

更に激しく吠え続けるので、こんな狭い空洞の中で、狗に食いつかれたら、身動きできないだろうと思って、

木の空洞から外に飛び出しました。
 
 途端に、この狗は、男の居た空洞の上の方に躍り上がって、何かに食いつきました。

その時になって、男は、自分を食おうと思って吠えたのではなかったのだと気付いて、

それにしてもこの狗は、何に食いついたのだろうと見ていると、

木の空洞から巨大な物が落ちてきました。狗が、離さずに食いついているのを見ると、

太さ六七寸(一寸は、約3センチ)ほどで、長さは二丈(一丈は約3メートル)ほどもある大きな蛇でした。

 蛇は、頭を狗にがっちり噛まれて、堪えられずに落ちてきたのでした。

主は、これを見て非常に恐ろしかったけれども、狗の心を不憫に思って、太刀でその蛇を斬り殺しました。

それで、狗はようやく蛇から離れました。

 以前から、梢遙かに聳える大木の空洞の中に、大きな蛇が住んでいたのも知らないで、

寄りかかって眠っていた男を、一呑みにしようと蛇が下りてきたその頭を、素早く狗が見つけて、

躍りかかるように吠えたのでした。

 男は、それに気付かないで、上を見上げなかったので、狗はただ自分を食おうとしてるのだと思いこんで、

太刀を抜いて狗を殺そうとしたのでした。

 もし殺してしまったならば、どんなに後悔することになるだろうと、その後、眠ることは出来ませんでした。

 翌朝、改めて蛇の太さ長さを見ると、ぞっとして気を失いかけるほどでした。

自分が寝入っているときに、この蛇が下りてきて、巻き付いたならば、どうしようもなかったでしょう。

 この狗は、自分にとって無二の宝だったわいと思って、狗どもを引き連れて家に戻りました。

 これを考えると、本当に狗を殺してしまったならば、狗も死に、自分もその後、蛇に呑まれてしまったでしょう。
 
だから、そのような場合には、充分に思慮をめぐらせて、うまく対処すべきです。

 この様な珍しい出来事があったと、語り伝えたということです。

                           おわり。  

しょうげんの一言:これも報恩談ですね。後の方はちょっとくどいような気がします。

Category: 古典文学

蜂が盗賊を刺し殺す

| EDIT

鈴香山(鈴鹿山と同じ)に於いて蜂盗人を刺し殺す物語
            (今昔物語 巻29 第36)
 

 むかーし昔、京都に水銀商人が居りました。長年商いに精を出したので、

非常に繁盛して、財宝は蔵に満ちているという大金持ちでした。

 伊勢の国に、長年通っていますが、馬百数十頭に、沢山の絹・糸・綿・米などを積んで、

常に伊勢と京都の間を往復する際に、少年達数人に馬を追わせているだけなのです。

 こうしている中に、次第に年老いてきました。

それなのに、盗賊に紙一枚も奪われることはありませんでした。

だから、ますます豊かになり、財宝を失うことはありません。

また、火事にあったり、水難にあったりということもありません。

 特に、伊勢の国というところは、大切な親の物を奪ったり、親しい疎い仲も構わず、

身分の高い人も低い者も、お互いに相手の隙を窺って、相手を騙して、

弱い者の持っている物をためらわずに奪い取って、自分の物にするお国柄です。

 それなのに、この水銀商人が、このように大した警備もしないで、行き来しているのを、

どういうわけか、この商人の物だけは、誰も取りませんでした。

 そうしている間に、どんな盗賊だったのでしょうか、80数名徒党を組んで、鈴鹿山中で、

各地の往来の人々の物を奪い、役所の物、個人の物の区別もなく財宝を奪って、

その場に居合わせた人間は皆殺して、年月を送っておりましたが、

朝廷の力でも、地方官の権力でも、この盗賊を捕らえることは出来ませんでした。

 そういう時に、この水銀商人は、伊勢の国から、馬百数十頭にいろいろな荷物を積んで、

いつものように、少年達に馬を追わせて、女達も引き連れて、食い物なども充分に調えて、

上ってきたところ、この80数名の盗賊は、

「これはとんでもない馬鹿者だなー。こいつの物を全部奪い取ってやろう」

と思って、あの山中で、前と後ろから一行を中に取り込めて威嚇したので、

少年達はみな逃げてしまいました。物を積んだ馬は全部手に入れました。

女達は、皆着ている着物をはぎ取って、追っ払ってしまいました。

 水銀商人は、浅黄(あさぎ-淡黄色)の打衣(うちぎ)に、青黒の打狩袴(うちかりばかま)を着て、

練色(ねりいろ-淡黄を帯びた白色)の衣で真綿の入った物を三枚重ね着して、菅笠を被って、

駄馬に乗ってましたが、かろううじて逃げて、高い丘に登りました。

  [服装が詳しく説明されてますが、本文では無関係のようです]

 盗賊どもはそれを見たけれども、どうせ何の抵抗もできない者だと侮って、みんな谷におりました。

さて、80数名の盗賊は、それぞれ自分の望みの物を先を争うように、分配していました。

いくら取ってもとがめ立てする者もいないので、安心していました。

 一方、水銀商人は高い峰に立って、盗賊達のことは歯牙にもかけない様子で、大空を見上げて、大声で、

「どこだ、どこだ。遅いぞ、遅いぞ。」

と言っておりますと、一時間ほどたって、大きさは10センチほどの怖ろしそうな蜂が、

空から飛んできて、ぶぶんと羽音をたてて、傍らの高い木の枝に止まりました。

 水銀商人はそれを見て、いよいよ祈るように、

「遅い遅い。」と言う中に、

虚空に赤い雲二丈(約6メートル)ほどで、長さは果てが分からないほどのものが、突然現れました。

道行く人も一体どうした雲なんだろうと見ていると、あの盗賊達は、略奪物の整理をしているときで、

この雲は次第に下りてきて、盗賊達の居る谷に入っていきました。

この木に止まっていた蜂も飛び立ってそちらにの方に行きました。

なんとこの雲のように見えたのは、沢山の蜂が群がって飛んできたものでした。

 さて、その蜂は盗賊共にみな襲いかかって、刺し殺してしまいました。

一人に1,2百の蜂が付いてさえ、どんな人間でも防ぎきれるものでありません。

それなのに、一人に2,3百の蜂が付いたのですから、少々の蜂を打ち殺したものの、

結局全員が刺し殺されてしまったのです。

 その後、蜂が飛び去ったので、雲も晴れたように見えました。

 さて、その水銀商人は、その谷に行って、盗賊共が長年人から奪って蓄えておいた物を

沢山、弓、刀、馬、鞍、着物に至るまで、みな取って、京都に帰りました。

だから、ますます富み栄えたのです。

 この水銀商人は、家に酒を造って置いて、他のことには使わずに、もっぱら蜂に呑ませて、養っていたのです。

だから、彼の物を盗人は取らなかったのに、事情も知らない盗賊共が、彼に手を出して、

このように刺し殺されてしまったのです。

 であるから、蜂でさえ物の恩は知っているのです。心ある人は、人に恩を受けたならば、必ず恩返しすべきです。

また大きな蜂を見つけても、むやみに打ち殺してはいけないのです。

このように沢山の蜂を引き連れて来て、きっと恨みを果たすでしょう。

これはいつの時代のことだったのでしょうか、このように語り伝えたと言うことです。

                    おわり。

しょうげんの一言:報恩説話ですね。高校の教科書に採用されてる話です。

Category: 今昔物語
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。