修行僧のたくらみ

| EDIT

修行僧人の家に行き女主を祓ひて死するものがたり
              
  (今昔物語 巻26 第21)
 

 むかーし昔、或る国に猟師がおりました。

家で沢山の狗を飼っていて、山に入って、鹿や猪を食い殺させて取ることを、

生業にしていました。世間の人は、狗山と呼んでいました。

 ある日、いつものように、狗を沢山引き連れて、山に入りました。

食べ物なども持って、長く山に留まるときもあったので、

そういうときは若い妻が一人で留守を守っております。

 留守の間に、一人の修行僧が来て、恭しくお経を読んで、食べ物を乞うのでした。

僧の服装もさっぱりしていて、賤しい乞食坊主ではないようだと思って、女主(おんなあるじ)は

お経を有り難く聞いて、部屋に上げて食べ物を用意しました。
 
 僧が言うには、

「私は、乞食ではありません。仏の道を修行して、山野を流浪していますが、

食べ物が無くなったので、人里に下りて、この様に読経するのです。」と。

 
 女主はそれを聞いて、ますます尊敬の念が湧いてきます。

更に、僧が、

「私はまた陰陽の方面にも詳しく、霊験あきらかな祭りなどもしますよ。」

と言うと、

女は、

「その祭りをすると、どんな効果があるのですか?」

と尋ねました。
 
 僧は、

「充分に精進潔斎(しょうじんけっさい)して、その祭りをすれば、まず病にかからないし、

自然に財産が殖えて、神仏の祟りが無く、夫婦の仲は円満で、何事でも思うままに良いことばかり起きるのです。」

と言います。

 女は、

「さて、その祭りには、どんな物が必要なのですか?」

と尋ねると、

 僧は、

「いや、全く格別な物は不要です。幣(みてぐら)の為に、紙少し。白米少し。季節の果物、油などが必要です。」

と言います。

 女は、

「それじゃー、造作もないことです。では、その祭りをして下さいませんか」

と言うと、

僧は、

「まったく、たやすいことです。」

と言って、その晩は泊まりました。


 翌日、早速女に沐浴(もくよく)潔斎させて、精進を始めました。僧祭の用具を準備し、三日目に、

「この祭りは、清浄な深山で、ただ一人だけ行って祭るのです。」

と言って、祭りの用具を背負い、僧は女とただ二人で、深い山に入って、旗を立て並べ、

洗米・季節の果物など、非常に厳かに供えて、祭文(さいもん)を読んで、祭りは終わりました。


 女は、夫の留守の間に、素晴らしいお祈りをしたと、誇らしく思って、急いで帰ろうとすると、

僧は、女が若く美しいのを身近に見て、邪心が湧いてきて、他のことは一切忘れてしまいました。

 僧は、女の手を掴まえて、

「私は、まだこんな経験はありませんが、あなたのお姿を見て、愛欲の思いを抑えられないので、

二人が睦み合うのは仏の御意志であると悟りました。ここで、その望みを遂げようと思います。」

と言いました。

 女は、とんでもないことだと、逃げようとしましたが、僧は刀を抜いて、

「あなたが、私の望みを叶えなければ、この場で命を頂きますよ。」

と言うので、女は、人気のない山の中のことなので、どうしようもなく、呆然としていると、

僧は藪の中に連れ込んで抱きしめるので、女は拒むことも出来ず、僧の言うことを聞き入れました。


 一方、その夫は、狗を引き連れて家に帰る途中、そういう宿縁だったのでしょうか?

ちょうどその時、そこを通りかかり、藪の中でがさごそと音がして、物が動いているのを見て、

立ち止まり、この藪の中に鹿が居るのだなと思って、先の鋭くとがった鏃のついてる矢の長いのを、

弓につがえて、強く引き絞って、動いているところを狙って射たところ、人の声で、「あ」と聞こえました。

 不思議に思って、近寄って草を掻きのけてみると、法師が女の上に重なって背中のど真ん中に矢が当たっています。
 
どうしたことかと思って、更に近寄って、法師を退けさせると、急所を深々と射られて、死んでいました。

 下の女を見ると、自分の妻です。あきれ果てて、自分の見間違いかと思って、引き起こしてみると、

やはり間違いなく自分の妻なので、

「これは一体どうしたんだ?」

と尋ねると、妻は事の次第を詳しく話しました。

 傍らを見ると、確かに、御幣・御供物などが、全く仰々しく並んでいます。

そこで、法師を谷に投げ捨てて、妻をいたわるように、家に帰りました。

 あきれ果てた法師を、仏様も憎らしい奴とお思いになったのでしょう。

また、前世の因縁によるものと理解できるでしょう。
 
ただし、この事件を考えると、世間の女たちは、身分の上下に関わりなく、

つまらない者の甘言を、幼稚に信じて、一人で何かをやるというのは、止めた方がよいと、語り伝えたと言うことです。

                        おわり

しょうげんの一言:これも堕落法師の話で、一方では無知な女を戒めているのでしょうか。

スポンサーサイト
Category: 古典文学

赤い単衣

| EDIT

 冷泉院東の洞院の僧都殿の霊のものがたり
               
                  (今昔物語 巻27 第4)
 
 
 むかーし昔。冷泉院よりは南、東の洞院よりは東の角(すみ)は、僧都殿(そうずどの=現在不明)

という非常に不気味なところです。だから、人々も安心して住むことが出来ませんでした。


 ところが、その冷泉院のすぐ北側は、左大弁の宰相源の扶義(すけよし)という人の家です。

その左の大弁の宰相の舅は、讃岐の守源の是輔という人です。

 その家から見ると、向かいの僧都殿の北西の隅には、大きく高く聳える榎がありました。
 

 黄昏時になると、寝殿の前から、赤い単衣(ひとえきぬ)が飛んで、あの北西の榎の方に飛んでいって、

梢の方に上っていくのです。

 だから、人々はそれを見て怖くなって、その近くにも寄らなかったのですが、

あの讃岐の守の家で、宿直(とのい)をしていた或る武士が、この単が飛んでいくのを見て、

「誰にも出来ないなら、この拙者があの単を射落としてやろう。」

と言ったところ、それを聞いた人たちは、

「いやー、とても射落とすことは出来ないだろう。」

と口論しながらも、その武士を煽動したので、その武士は、

「必ず、射落としてみせる。」

と言い切りました。

 夕暮れの頃、あの僧都殿に行って、南側の簀子(すのこー濡れ縁)に、そっと上がって、

待っていると、東の方に竹がすこし生えている中から、この赤単衣が、いつものようにひらひらと飛んでいきます。

 男が雁股の矢を弓につがえて、強く引いて射たところ、単衣のど真ん中に的中したと思ったのに、

単衣は、矢が刺さったまま、いつものように、榎の梢に上っていきました。


 その矢が当たったと思われたところを見ると、真っ赤な血が沢山落ちていました。

 男は、もとの讃岐の守の家に戻って、あの連中に、この事を語りますと、

その人達は、非常に怖れおののきました。
 
 その武士は、その晩、寝たまま死んでしまいました。

 だから、あの言い争った連中を始めとして、これを聞いた人たちは、

「無益なことをして、死んでしまったもんだ。」

と言い合いました。

 まことに、人間にとって、命以上に大切な物はないのに、つまらない豪傑ぶりを見せつけようとして、

犬死にするとは、全くばからしいことだと、語り伝えたと言うことです。

                     おわり

しょうげんの一言:結局、赤い単衣の正体は分かりません、

Category: 古典文学

死んだ妻が・・・

| EDIT

人妻悪霊となりてその害を除く陰陽師のものがたり
 
        (今昔物語 巻24 第20)


 むかーし昔、長年通い親しんでいた妻を捨ててしまった男が居ました。

妻はひどく恨み、嘆き悲しんでいる中に、その思いが積もって、病気になり、

数ヶ月床について、煩悩煩悶(ぼんのうはんもん)のあげく死んでしまいました。


 その女は、親もなく、親しい人も居なかったので、死体を引き取る人もなく、

死体は、そのまま家の中にあったのですが、髪は落ちないで、元の通りに付いていました。

また、骨はみな繋がって離れません。

 隣の人が、物の隙間からのぞき見て、怖れおののくことこの上もありません。

またその家の中は、いつも、真っ青に光っております。

またいつも、何か物音などしておりますので、近所の者も怖れて、近寄りもしません。


 そうしている中に、その夫はこの事を聞いて、半分は死んだような心地で、

なんとかしてこの霊の呪いから逃れられるだろうか?自分を恨んで、「思い死に」で死んだ者なので、

自分は必ずあの女の怨霊のために呪い殺されるだろうと恐ろしがって、

或る陰陽師の許に行って、この事を話し、なんとか災厄を免れたいと相談しました。


 陰陽師は、

「このことは、まったく逃れがたいことのようですよ。でも、貴方がそれほどおっしゃるなら、

何とか工夫してみましょう。ただし、そのためには、非常に恐ろしいことなども、しなければなりません。

それを、なんとか我慢しなさいよ。」

と言って、夕方、日の沈む頃に、あの死体のある家に、この夫を連れていきました。

 男は、ほかで聞いてさえ、髪の毛も太くなるかと思われるほど怖いのに、

ましてその死体の横たわっている家に行くなど、まったく堪えられなかったけれども、

ただただ陰陽師を信頼して、付いていきました。

 行ってみると、本当に死人の髪は落ちてないし、骨は繋がったままで、うつ伏せになっています。

 陰陽師は、夫をその死人の背に馬乗りにさせて、その髪の毛を強く掴ませ、

「決して決して、放してはいけないよ。」

と教え、呪文を唱えて、

「私が、ここに戻ってくるまで、こうしていなさい。きっと怖ろしいことが起きるでしょう。

でもそれを堪え忍びなさい。」

と言い置いて、陰陽師はどこかへ行ってしまいました。

男は、しかたなく、生きた心地もしないで、死人に乗って、髪を掴まえていました。


やがて夜も更け、真夜中になったと思う頃、この死人が、「ああ、重いなぁ」

と言ったかと思うと、立ち上がり走り出して、

「あいつを捜して連れてこよう。」

と言って、家から飛び出しました。

 何処を走っているとも分かりませんが、かなりの遠くまで行きます。

でも、陰陽師の教えを守って、髪をしっかり掴まえていると、やがて死人は戻ります。

元の家に来て、同じように横になりました。


 男は怖ろしいなどという言葉では言い表せない気持ちです。

前後の状況も分からず、兎も角我慢して、髪を放さずに馬乗りになっていると、

鶏の鳴き声が聞こえてきました。すると、死人は、まったく音も立てなくなりました。

 そうしているうちに、夜が明けると、陰陽師が来て、

「昨夜はきっと怖ろしいことがあったでしょう。髪は最後まで放さなかったかね?」

と尋ねたので、男は、放さなかったと答えました。

 すると、陰陽師は、また死人に呪文を唱えて、

「さあ、ではおいでなさい。」

と言って、男を抱くようにして家に帰りました。

 陰陽師は、

「今はもう、まったく怖いことはありません。あなたのおっしゃることが気の毒で、

断りきれないので、こうやってみたのです。」

と言いました。

 男は、涙を流しながら陰陽師を拝みました。その後、男は全く無事で長生きしました。

 これは最近の出来事のようです。その人の孫は、今、現に居るのです。

また、陰陽師の孫も、大宿直(場所不明)という所に、今もいるのだと、語り伝えていると言うことです。
                     
                              おわり 

しょうげんの一言:怪異談ですね。死者が動くのは珍しい話ではありません。

Category: 古典文学

蛇に魅入られた女

| EDIT

 蛇、女の陰(つび=女陰)を見て、発情し、刀に当たって死んだ話
             
                (今昔物語 巻29 第39)

 むかーし昔、或る若い女が、夏の頃、近衛大路を西の方に歩いていました。

小一条と言う通りは宗形神社があるところで、その北側を通っているときに、

急におしっこがしたくなって、土塀に向かって、南向きにしゃがんで、おしっこをしました。


 お供の女の童は、大路に立って、そのうちに用を足しおえて、立ち上がるだろうと思って待っていると、

午前八時頃のことだったのに、もう2時間も経つのに、主人が立ち上がらないので、どうしたことかと思って、

「もしもし。」

と声をかけましたが、返事もしないで、同じ姿勢でしゃがんだままです。


 そのまま、さらに2時間経って、もう正午頃です。

女の童は、何度も声をかけますが、主人は何の返事もしないので、

幼心で途方に暮れて、だだ泣きながら立っているだけです。


 その時、馬に乗った武士が、家来を沢山連れて、通りかかりました。

女の童が泣きながら立っているのを見て、

「どうして泣いているのか?」

と家来に尋ねさせたところ、「かくかくしかじか。」と言ったので、その武士が見ると、

上品な服装で、市女笠(いちめがさ)をかぶった女が、土塀に向かってうずくまっています。
 
 「この女性は、いつからこうしているのか?」

と尋ねますと、女の童は、

「今朝から、こうしていらっしゃるのです。もう4時間もこのままです。」

と言って泣きますので、武士は不思議に思って、馬から下りて、近寄って、女の顔をのぞき込むと、

その女性は顔色もなくて、まるで死人のような顔つきです。

「これはどうしたんだ。何か発作が起きたのか。普段からこういうことがあるのか?」

と、尋ねると、女主は何も答えません。

女童は、

「今まで、こんな事はありません。」

と答えます。
 
 武士が見ると、まったくの下賎(げせん=下層階級)な者でもないようなので、気の毒に思って、

引き起こそうとしますが、女は石のように動きません。


 武士が、ふと女の前の土塀を見ますと、土塀の穴の開いたところから、大きな蛇が、

頭を少し出して、女を見守っているのです。
 
 なるほど、この蛇は、女がおしっこをしている陰(つび)を見て、欲情を催し、

女を誑(たぶら)かしてしまったのだと納得し、腰に帯びた刀を抜いて、その蛇のいる穴の方に、

刀の刃を向けて、地面に堅く突き立てました。
 
 そうしておいて、家来に命じて、女を両脇から抱え上げるようにして、その場から離れさせます。
 
 途端に、蛇は、その土塀の穴から、一筋の槍のように飛び出して、刀に当たり、二つに裂けてしまいました。

30センチくらいも裂けたので、その場で死んでしまいました。

ずうっと女を見守って、誑かしていたのに、急に女が、離れたのを見て、

刀が立っているのにも気付かないで飛び出したのでした。

 だから、蛇の執念は、呆れるほど恐ろしいものですね。

往来の人々が沢山集まってきて見たというのも当然です。

武士は馬にまたがって去っていきました。家来が、刀を納めました。

女の身を不安に思ったので、家来を付けて家まで送り届けました。

女は重病人のように手を取られて、ようやく家にたどり着きました。その後のことは分かりません。

 だから、この話を聞いた女性は、そのような土塀とか藪(やぶ)に向かって、おしっこをしてはいけないのです。

これは、見た人が語ったのを、聞き次いで、このように語り伝えたと言うことです。

                          おわり

しょうげんの一言:蛇にまつわる話はよくありますが、蛇に魅入られたというのは珍しいですね。

         野外での放尿を戒めたのでしょう。

Category: 古典文学
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。