妻を吸い取られた男

| EDIT

 妻を吸い取られた男の話
                (今昔物語 巻27 第17)

 むかーし昔、東国から五位の位を、金の力で買い取ろうと思って、京都に上ってきた者がおりました。

 その妻も、こういう機会に都見物をしようと言って、夫と一緒に上ってきたのですが、

予定していた宿所の当てが外れて、泊まるところが無くなってしまいました。

 川原の院(源融(みなもとのとおる)が建てた東六条にある大邸宅)には人が住んでいなかったけれども、

番人がおりまして、その番人が、遠縁の者だったので、丁重に頼み込んで、借りることになりました。

 表からは一寸見えない部屋に、幕などを張り巡らして、この夫婦は落ち着きました。

従者たちは、土間で、食事もし、馬を繋がせて、すっかりくつろいでおります。
 
 夕暮れ方に、その夫婦が座っている後ろの方にあった妻戸(つまど=開き戸)を、

突然内側から開いたので、あれっ!そこに人がいて開けたんだなと思っていると、

何とも正体の分からない物が、さっと手を伸ばして、この妻を捕まえて、妻戸の中に引き入れてしまいました。

 夫は驚いて、妻を引き留めようとしましたが、咄嗟のことで妻の体を捕まえることはかないませんでした。

急いで妻戸に寄って引き開けようとしましたが、もう、きちんと閉まって、開けることが出来ません。

 そこで、傍らの格子戸やすべり戸を、何とか開けようとしますが、どの戸も内側から鍵がかかっていて、

どうしても開きません。

夫は慌てふためいて、こっちへ走りあっちへ走り、東西南北の戸を試みましたが、開きません。

 近所の家に走っていって、「たった今、これこれのことがありました、助けて下さい。」と言ったので、

人々が沢山集まって、あれやこれやと見たけれども、開いてるところはないし、開ける手がかりもありません。
 
 そうこうしてる間に、夜になって暗くなってしまいました。

それじゃと思い悩んで、斧で戸を切り開いて、灯をともして、中に入りました。
 
 
 その妻をどういうふうにしたのでしょうか? 外傷もなくて、薄い布のようになって、

壁際の棹(さお)に打ちかけてあって、死んでいるのでした。


 鬼が、吸い殺したのだなあと、人々は口々に言い合ったけれども、今更どうしようもなく、

妻は死んだので、夫も怖くなって、外に逃げ出しました。

 このような希有な出来事があったのです。

 だから、様子のよく分からない古家などには、宿るものではないと、語り伝えたと言うことです。
                         
                            おわり

しょうげんの一言:この時代は、宿などはなかったので、このような教訓も生まれたのでしょうか。

スポンサーサイト
Category: 古典文学

柱の穴から子供の手

| EDIT

桃園の柱の穴より児(ちご)の手を指しだして人を招く物語
       
                  (今昔物語 巻27 第3)
 柱の穴から児の手が・・・

 むかーし昔。桃園の屋敷というのは、今の世尊寺です。もとは、寺でもなく、

西の宮の左の大臣と呼ばれた源高明が住んでいました。

 その時に、寝殿の東南方の母屋の柱に、木の節穴が開いていました。

夜になると、その木の節穴から、小さな児の手が出てきて、人を手招きすることがありました。

 大臣は、それを聞いて、非常に驚き、怪しく思い、その穴の上に、「お経」を下げておきましたが、

やはり手招きするので、今度は、仏像を架けたけれども、手招きはやはり止まりません。

このように、いろいろ試したのですが、決して止まりません。

二晩か三晩おきに、夜中頃で、人が皆寝静まった頃に、必ず手招きするのでした。

 そうしている中に、或る人が、また試してみようと思って、戦の時に使う弓矢を、

一本その穴に差し入れたところ、その矢がある限りは、手招きがなくなりました。

その後、矢の鏃(やじり)の部分だけ、穴の奥深く打ち込んだところ、手は出てこなくなりました。

 これは考えても、納得できないことです。

きっと、何者かの霊などがしたことでしょう。

それに弓矢の効き目が、佛力に勝るとは思えません。

だから当時の人は、みんなこれを聞いて、そのようなことがあるのかと怪しんで疑ったと語り伝えたと言うことです。
                       
おわり

しょうげんの一言:霊や鬼を恐れさせる力が、仏よりも武器の方が勝っているという事で、
   
        武士階級の台頭が、一般に認識されていく一過程を示しているのでしょうか?

Category: 古典文学

蛇、淫を飲んで死んだ話

| EDIT

蛇、僧の昼寝のまらを見、淫を呑んで死んだ話              
 (今昔物語 巻29 第40)
 

 むかーし昔、高貴な僧に仕えている若い僧がおりました。妻子の居る僧です。

 その僧が、主人のお供で三井寺に行ったときに、夏の暑い盛りであり、眠りに誘われ、

広い建物だったので、人気のないはずれの方に寄って、敷居を枕に寝てしまいました。

 ぐっすり寝込んだ上に、起こす人も居なかったので、長ーい時間寝入っていると、

夢の中で、若い美しい女が、そっと寄ってきて、側に横になると、濃密に交わり、

射精した快感で目が覚めて、傍らを見ると、1メートル50ほどの蛇がいました。

驚いてさっと起きて見ると、蛇は口を開けて死んでいます。

 呆然とし、怖ろしいとも思い、自分の股間を探ってみると、確かに射精して濡れています。

 それじゃ、自分は寝ていて、美しい女と交わったと見たのは、実はこの蛇と交わったのかと思うと、

正気を失うほど恐ろしく、蛇の開いた口を見ると、確かに、精液が一杯で、口から溢れていました。

 それを見て、さっき自分が熟睡している間に、自然にマラが勃起したのを、蛇が見て、

呑み込んだのを、女と交わったと感じたのだと悟りました。

そして、射精したときに、その勢いと量の多さで、蛇の息が詰まって死んだのだと、

状況が分かると、なおのこと、呆れるほど恐ろしくて、その場を離れ、人目の付かないところに行って、

マラを丁寧に洗って、このことを人に語ろうかと思ったけれども、つまらないことを人に話して、

それが評判になって、「蛇と交わった僧」だと、言われてはみっともないと考えて、

しゃべらなかったのですが、あまりにも奇妙な体験なので、結局、特に親しくしている僧に話したところ、

その僧も非常に恐ろしいことだと共感しました。
 
 だから、人気のないところで、一人で昼寝をすべきではないのです。

しかし、この僧はその後祟りというようなこともありません。

畜生は人の精液を受けると、堪えられないで死ぬというのは、真実だったのです。

僧も臆病になり、しばらくは体が弱ったようでした。

 この話は、語り聞かされた僧がしゃべったのを聞いた人が、語り伝えたということです。

                    おわり

しょうげんの一言:動物が、人の精液を受けると死ぬというのは、生殖器崇拝の一種か?
   
        獣姦を戒めるためのものでしょうか? 面白い俗説ですね。

Category: 古典文学

子供を見捨てた女

| EDIT

女が、乞食(こじき)に捕らえられて、子を捨てて逃げた話
 
              (今昔物語 巻29 第29)

---------------------------------------------
前書き:今日のお話は、多分かなり衝撃的だと思います、
    そのつもりで、お読み下さい。
----------------------------------------------

 むかーし昔、ある国のある山の中を、乞食(こじき-当時、人間扱いされなかった賎民)

が二人連れで歩いていると、前に子供を負ぶった若い女が歩いていました。

 女は、この乞食どもが後ろに近づいてくるに気付いて、道ばたによけて、

乞食を通り過ぎさせようとすると、乞食ども立ち止まって、

「いいよ、さっさと行けよ。」

といって、前に立たないので、しかたなく女がそのまま先に立っていくと、

突然、一人の乞食が走り寄って、女を捕まえました。


 女は、全く人影もない山の中であるし、相手は二人なので、防ぎようもなく、

「これは、なにをするんですか?」

と言うと、乞食は、

「さあこっちへ来い、お前の体に用があるんだ。」

と言って、更に山の中に引きずるように引っ張っていき、もう一人の乞食は、傍で見張るように立っています。

 女は、

「こんな無理無体なことはしなさんな。あんたの言うことは聞きますよ。」

と言いいました。

すると乞食は、

「よしよし、それじゃ、さあ。」

と、女を抱き寄せようとします。

 女は、

「 いくら山の中でも、周りから見えるような所で、体を開くことは出来ないわ。

柴などを折って、囲いを作って見えないようにしてよ。」

と言うと、乞食は、それもそうだと思って、木の枝の茂っているのを、切り下ろしたりし始めると、

もう一人の乞食は、女が逃げ出さないように、女の腕を捕まえて立っていました。

 女は、

「今更逃げないわよ。ただね、今朝から酷い下痢をしているので、あっちに行って

用を足してきたいので、ちょっとの間手を離してよ。」

と言いました。

 すると、乞食は、

「そんなことを言って、逃げるんだろう。放すものか。」

と言います。

 女は、

「それじゃ、この子を人質におくわ。この子のことは、我が身以上に大切に思ってるの。

世の中の人は、身分の上下に関わらず、子供の可愛さを知ってるもんだわ。

だから、この子を見捨てて絶対に逃げないから。」

と言い、

「さっきも、お腹が痛くて、しょっちゅう下痢するので、あの場所で用を足すつもりで立ち止まって、

あんた達を先にやろうとしたんだよ。」

と言ったので、

乞食は、子供を抱きとって、いくらなんでも子供を置いて逃げないだろうと思ったので、

「じゃ、早く行って、用を足してこい。」

と言ったので、女は離れた所に行って、しゃがみ込んで用を足すふりをして、

そのまま子供は構わず逃げようと考え、体を低くしてその場を離れ、あとは

ひたすら走って逃げたので、追いつかれることもなく、街道に出ました。

 弓矢を持って、馬に乗った武士が4,5人連れだって来るのに出会いました。

女が息を切らして走っているのを見て、

「もしもし、ご婦人、どうしてそんなに走っているのかね。」

と尋ねました。

女は、

「かくかくしかじかの事があって、逃げてきたのです。」

と言うと、武士達は、

「それは、どの辺りだ。」

と言って、女が教えたとおりに、馬を走らせて山に入って見たところ、その場所に、

柴を巡らせて、その傍らに二つ三つに切り裂かれた子供の死骸があって、乞食達は逃げ去ったあとでした。

だから今更どうしようもありませんでした。

 女が、子供は可愛いけれども、乞食に貞操を奪われまいとして、子供を見捨てて逃げたことを、

武士達は感心し、褒め称えました。身分の低い者でも、この様に恥を知る者が居たのだ。

と語り伝えたと言うことです。

                        おわり

しょうげんの一言:これは貞操観念の強さとか、子供に対する愛情の欠如とかの問題ではなく、

    乞食に対する差別感の強さと受け取って下さい。
  
    相手が一般人で、人里離れたところならば、やむを得ず身を任せるのが、今昔物語の世界です。


Category: 古典文学

鼻長僧の話

| EDIT

鼻長僧の話   (宇治拾遺物語 巻2 7 )
  (今昔物語  巻28 第20)

※前書き:この話は、ご存じのように芥川龍之介の短編小説『鼻』の元になったものです。

     芥川の非凡さがよく分かりますね。   


 むかーし昔、山城の国池の尾という所に、禅智内供という僧が住んでいました。

心汚れなく梵語にも通じ、長い間仏道修行を修めた尊い僧だったので、世間の人々は、折りある度に、

加持祈祷を依頼したので、自然に裕福になり、本堂も庫裡(くり-僧侶の住居)も少しも荒れている所もありません。

 仏前の供物も常夜灯も絶えたことがありません。

訪れる僧侶の食事も並々でなく、寺での講演も頻繁に行ったので、

寺の僧坊にも空きがないほど僧侶が住んで賑やかでした。

浴室には毎日お湯が溢れ、僧俗ともに、入浴し大声で話し合っていました。

また、寺の辺りには、小さな家が沢山できてきて、賑わいのある里になりました。


 さて、この内供は、鼻が長かったのです。

五六寸と言いますから、15センチから18センチくらいはありましたので、

顎(あご)の下まで下がっていました。

色は赤紫で、夏みかんの皮のようにブツブツして腫れ上がっているのです。

これがとてつもなく痒いのです。

 それで、鍋のようなものにお湯をぐらぐらと沸かして、お盆に鼻が通るほどの穴を開けて、

炎や湯気が顔に当たらないようにして、そのお盆の穴から鼻を出して、お湯に浸して、

十分に茹でて引き上げると、色は濃い紫色に変わっています。

 内供が横向きに寝て、鼻の下に物を当てて、人に踏ませると、粒立っている穴ごとに、

煙のような物が出ます。

それを更に踏むと、白い虫が穴から出てくるので、それを毛抜きで抜くと、

1センチくらいの白い虫が、一つの穴から一匹ずつ取れます。

その跡は、穴が開いているように見えます。

 それを、また、同じお湯に入れて、さらさらと煮立たせて、茹でると、普通の人の鼻のようになりました。

 でも、二三日過ぎると、また以前のように腫れて大きくなるのです。

こんな事を繰り返していますが、腫れてる日の方が多いのです。

 だから、食事の時は、弟子の法師に向かい側に座らせ、長さ30センチほどで、

幅3センチ位の平らな板を、鼻の下にさし込んで、食い終わるまで、持ち上げさせていました。

他の人に命じて持ち上げさせると、持ち上げ方がまずいので、内供は気分を害して、箸もとらないのです。

ですから、この法師一人に決めて、食事の度毎に、持ち上げさせていました。

 ところが、ある日、この法師が熱を出して、出て来れませんでした。

内供が朝粥を食うときになって、鼻を持ち上げる人がいないので、

「どうしようか?」と、周りの者が心配していると、

もともと給仕係として雇われていた童が、

「私が上手く持ち上げて差し上げましょうか。あの専任の先輩僧には、決して劣らないと思いますよ。」

と、言ったのを、別な弟子の法師が耳にして、

「この童が、こんな風に言ってますよ。」

と伝えました。

 この童は、身分もそれほど低くもなく、容姿はこざっぱりとしているので、

もともと上座敷にも出入りさせていたです。

「それでは、その童を呼べ。本人がそう言うなら、持ち上げさせよう。」

と言い、朝食の間に呼び寄せました。

 さて、童が鼻持ち上げの木を持って、内供の向かい側に、きちんと正座して、

高くもなく、低くもなく、ちょうどいい具合に持ち上げて、粥を食べさせたので、

内供は、

「この童はとても上手だ。いつもの法師より優秀だな。」

と言って、粥を啜っていると、童が急に顔をそむけて、

「ああ、くしゃみが出そうだ。」

と言ったかと思うと、大きなくしゃみをしてしまいました。

 その時に、手が震えて、鼻持ち上げの木が動いたので、鼻がはずれて、粥の中に、

ぽたりと落ちて、粥が、内供の顔にも、童の顔にも、それから周りにも飛び散りました。

 内供は、非常に怒って、紙で、頭や顔にかかった粥を拭いながら、

「お前はいまいましい奴だな。無分別な乞食坊主とはお前のような奴を言うんだ。

この度は、わしだから良いが、もっと高貴なお方のお鼻を持ち上げる時に、

こんなざまで良いと思うか。とんでもない馬鹿者だ。顔を見たくもない。消えてしまえ。」

と罵って、追い立てたところ、立ち去り際に、

「この世で、こんな鼻を持った人がいるからこそ、鼻持ち上げにも参ったのですよ。

馬鹿なことを仰るお方ですねー。」

と言ったので、弟子達は、物陰に逃げ込んで、笑い転げました。

 これを考えてみると、本当にどんな鼻だったのでしょうか、全く呆れるほどの鼻だったのでしょうね。

 童がいみじくも面白いことを言ったと、聞いた人たちは褒め称えたと、語り伝えていると言うことです。
                     
                       おわり。

しょうげんの一言:今昔物語と宇治拾遺物語の話を、適当に混合しました。

         童の言ったことを褒めるという結末が意外でした。

Category: 古典文学
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。