狐が化けた話

| EDIT

狐が人妻に変身した話      (今昔物語 巻27 第39)

 むかーし昔、京都に住んでいた小者の妻が、夕方暗くなりかけたころ、

用事があって外出しましたが、しばらく帰ってきませんので、

夫が、随分遅いなあと、不審に思っている中に、妻が帰ってきて家に入りました。
 
そうして、ほんの一寸すると、また同じ顔で、服装物腰もそっくりそのままの妻が、

入ってきました。夫は、言葉も出ないほどびっくりしました。

きっと、一人は狐などだろうと思いましたが、どちらが本当の妻であるかということは分かりませんので、

直感的に、あとで入ってきた妻が、狐だろうと考えて、夫は刀を抜いて、

あとで入ってきた妻に近寄って切ろうと刀を振りかざしたところ、その妻は、

「これはどうしたのですか、どうして私を殺そうとするのですか。」

と言って泣くので、今度は、前に入ってきた妻を切ろうと近づくと、これも手をすりあわせて泣き崩れます。


 男は、どうしようもなく、あれやこれやと騒いでいながらも、やはり前に入ってきた妻が怪しいと思ったので、

掴まえていると、その妻が、鼻も曲がるほどの臭いおしっこを漏らしたので、

夫は、その臭さに辟易して、ちょっと手を弛めた隙に、その妻はたちまち狐になって、

戸の隙間から道に飛び出して、こーんこーんと鳴いて逃げていってしまいました。

男は、畜生めなどと悔しがりましたが、後の祭りです。


 この事件を考えてみると、実に思慮のない男であると言えます。

一寸考えれば、二人の妻を掴まえて、縛り付けておいたら、結局は正体を現したでしょう。

全く残念にも逃がしてしまったのですね。

近所の人たちも集まって来て、ああだこうだと騒いでいます。

 狐も意味のないことをして、命からがら逃げ出したのですね。

妻が都大路を歩いているのを見て、狐がその姿形を真似て、夫を騙したのでした。

 だから、この様なことがあったときは、心を落ち着けて、あれこれと考えるべきです。

まあそれにしても、本当の妻を殺さなかったのは、結果として良かったと、

人々が言ったと、語り伝えているそうです。


                      おわり

しょうげんの一言:狐や狸が、人を騙すという話や騙された体験談は、昭和の初め頃までありましたね。

スポンサーサイト
Category: 古典文学

妹兄(いもせ)島

| EDIT

妹兄(いもせ)島        (今昔物語 巻26 第10 )
(宇治拾遺物語 巻4 4)

 むかーし昔、土佐の国幡多郡(はたのこおり)に住んでいる百姓がおりました。

自分の住んでいる土地でなく、他の里に田を作って、自分の里では種を蒔いて、

苗代を作り、植えるくらいに成長したので、その苗を船に積んで、

田植えをする人に食わせる食べ物を始めとして、

鍋、釜、鍬、鋤、斧等という物に至るまで、一寸した家財道具まで、

船に積んで、14,5歳の男の子と、12,3歳の妹とを、

船の見張りとして乗せておいて、親たちは、田植えする人を呼び集めようと、

ほんのちょっとの間のつもりで陸に上がりました。


 短時間のつもりだったので、船をちょっとだけ引き上げて、綱は繋がない

でおいたところ、この子供達は船底で眠ってしまいました。

潮が満ちてきて、船が浮いたところに、陸風が吹いて、ちょっと陸から離れ、

今度は引き潮に乗って、遙か南の沖合に出てしまいました。

沖の方では、一層風が強いので、帆を上げたように勢い良く進んでいきます。

 その頃になって、子供達が目を覚ましました。見ると、船を係留しておい

たところとは似ても似つかぬ沖に出てしまっているので、泣き喚いたけれども、

どうしようもなく、ただ風に吹かれて、行く先も分からず、船は進んでいきました。


 一方、親たちは人々を雇い集めて、船に乗ろうと来てみると、船が見えません。

しばらくは、風の当たらない物陰に移動したのかと探し、子供達の名を呼んで

探したけれども、返事も聞こえません。

近くの船が停泊しそうな浦をくまなく探したけれども見つからず、

どうしようもなく、神隠しにでもあったのかと諦めてしまいました。

 
さて、その船は、遙か南の沖にあった島に吹き寄せられました。子供達は

泣きながら船から下りて、きちんと船を繋いで、周りを見ると、全く人影がありません。

帰ろうにも、方角も分からないし、船を操縦するすべも知りません。

途方に暮れて、二人は泣いていましたが、そのうちに、妹が、

「もうどうしようもないわ。だからと言って、このまま死ぬのもイヤだわ。

この食い物がある中は、少しずつ食っても生きられるわ。でもこれが無くなったら、

どうしても死んじゃうわねー。そうだわ、この苗が枯れない中に植えましょうよ。」

と、言いますと、兄が、

「そうだね、お前の言うとおりだよ。」

と言い、水があって、田を作れそうな土地を見つけだして、鋤や鍬などがあったので、

苗を全部植えました。

また、斧があったので、木を切って、住まいを作りました。

果物の木が、季節に応じて熟しているので、それを取って食いながら、暮らしている中に秋になりました。

 そうなる運命だったのでしょうか、作った田が良くて、本土の田よりも、

殊の外、収穫量が多くて、沢山取り入れて貯蔵しておきました。

しかし、いつまでも、兄妹で居るわけにもいかないので、夫婦になりました。
 
何年かの間に、男の子・女の子を沢山産み続けて、それをまた夫婦にしました。

大きな島だったので、田畑もいっぱい作り広げて、初めの妹兄の孫達は、島から溢れんばかりになって住んでいます。

その島が土佐の国の南の沖にある「妹兄島(いもせしま)」であると、人が語っていました。
 
これを考えると、前世の因縁によって、その島にも住み、妹と兄も夫婦に

なったのだろうと、語り伝えているということであります。


しょうげんの一言:最後の二行は、今昔物語だけに書かれています。

         語源伝説の一つですね。 

Category: 古典文学

博打(ばくうち・ばくち)婿入りの事

| EDIT

 博打(ばくうち・ばくち)婿入りの事 (宇治拾遺物語 巻9 8) 

むかーし昔、博打の年若い子で、目と鼻が一カ所に集まったような、世間

では余り見かけないほどの醜男がおりました。

両親は、これをなんとかして、一人前の男として世間に出したいものだと考えております。


 一方、資産家の家に、大切の育てられた娘がおりまして、器量の良い男を婿に取ろうと、

母親が探し求めているというのを、聞き伝えて、

「天下一の器量よしと言われている男が、婿になろうとおっしゃっている。」

と、申し入れたので、資産家は大喜びで、婿に取ろうと、吉日を選んで、縁結びの運びとなりました。
 
 
 さて、その夜、衣装などは人から借りて、月夜で明るかったけれども、顔は見えないように振る舞って、

博打の仲間が行列に加わって賑やかだったので、噂どおりの若者だろうと思って、資産家は大喜びでした。


 こうして、夜通っておりましたが、昼間同衾する事になりました。

(訳者には、何故、昼ベッドインする必要があるのかは、分かりません。)

醜い顔がばれてしまうが、さてどうしようかと、思案して、仲間一人が、資産家の家の天井に上がって、

二人寝ている部屋の天井を、みしみしと足音を立てて、厳かな恐ろしい声で、

「天下の器量よし。」

と呼びました。

家の人たちは、

「一体どうしたことだろう?」

と驚き、おののいています。

婿は、非常に怖がって、

「私を世間の人は、『天下の器量よし』と言っているそうです。どうしたことでしょう。」

と言っていると、天井から、三回も呼ぶので、返事をしました。

「お前はどういうつもりで返事をしたのか?」

と言うので、婿は

「何ということなく、返事をしたのです。」

と言うと、鬼が、

「この家の娘は、わしが、自分のものにして、もはや三年にもなるのに、お前はそれをどう思って、

この様に通ってくるのか?」

と言います。

「そういう事とは知らないで、通っているのです。どうかお助け下さい。」

と言うと、鬼が、

「ますます憎らしい男だな。手ぶらでは帰らないぞ。お前は、命と容貌とでは、どちらが惜しいと思う?」

と聞きます。

婿が、

「ああ、何と答えたら良いんだろう?」

と、ぶるぶる震えていると、舅・姑が、

「どうして容貌を惜しむのですか。せめて命があれば、良いじゃありませんか。

ただ容貌を奪って下さいと言いなさい。」

と言うので、教えられたとおり言うと、鬼が、

「それじゃー、吸うぞ吸うぞ。」

と言うと、婿は、両手で顔を覆って、

「うー、痛いよ、いたいよー。」

と、転げ回って苦しんでいます。鬼は、足音も荒々しく帰っていきました。

 さて、顔はどうなったのだろうと、明かりを取り寄せて見ると、目鼻が一カ所につまみ集めたようになっていました。

 婿は、泣きながら、

「あー、ただ命を!と言えば良かった。こんな顔になって、この世で生きていく気力もなくなります。

こうなる前に、顔を一度もお見せしないで、全くこんな恐ろしいものに、こんな風にされてしまったのは、

本当に本当に残念です。」

と、悔しがっていますので、舅は気の毒がって、

「その代わりに、私が持っている財産を差し上げましょう。」

と言って、今まで以上に丁重にお世話したので、博打は上手くいったと、心中ニヤリとしました。

屋敷の場所が悪いのかと、別な場所に立派な家を建てて住まわせたので、博打の家は大変栄えたと言うことです。

おわり

しょうげんの一言:金持ちに対するやっかみから、こういうお話が残るのでしょうか?

Category: 古典文学

中納言師時、法師の玉茎検知の事

| EDIT

中納言師時、法師の玉茎検知(ぎょくけいけんち)の事 
                (宇治拾遺巻第一 6) 

ペニスを隠した法師の話

 むかーし昔、中納言師時という人がおりました。

そのお屋敷に、真っ黒な丈の短い墨染めの衣に、

不動袈裟という袈裟をかけて(山伏の服装)、大きな数珠を下げた法師がきて、

玄関口に立ちました。

 中納言が、

「余り見かけない姿だが、何をする僧ですか?」

と尋ねると、意外にも弱々しげな哀れそうな声で、

「幻のようなこの世は儚く(はかなく)、天地の開けない前から、人間は生死の境(さかい)で、

彷徨って(さまよって)いるのは、要するに煩悩(ぼんのう-迷い)に引きずられて、

今もってこの浮き世から脱却出来ないのです。

これを全く無駄なことだと悟り、煩悩の種を切り捨てて、

今は、ひたすら生死の境を出ようと決心した聖人でござる。」

と言います。

中納言は、

「はてな、煩悩を切り捨てるとは、どういうことかな?」

と、尋ねると、その僧は、

「ご不審は、ごもっとも、これをごらんなさい。」

と言って、衣の前を引き上げて、股間を見せると、本当に男性の特長たるものがなくて、ただ陰毛があるだけです。


 これは不思議なことだと、よくよく見ると、陰嚢が格別異様に思われて、

「誰か居るか?」

と声をかけますと、侍が2,3人出てきました。

「その法師を捕まえよ。」

と命じますと、法師はまじめな顔で、念仏を唱え、

「どうぞどうぞ、ご勝手になさい。」

と言い、悲しそうな顔つきで、足を広げて居眠りする様子です。

中納言は、

「もっと足を広げさせろ。」

と命じますと、侍たちが更に足を広げさせました。

 そうしておいて、12,3歳ほどの元服前の少年を呼んで、

「あの法師の股を、手を広げて、上下にさすってみよ。」

と言いますと、少年は言われたとおり、ふっくらとした手で、上下へとさすりました。

2,3分すると、法師は、

「今はもう沢山です」

と言いましたが、

中納言は、

「気持ち良くなってきたのだろう。もっとさすれ。それもっと。」

と言いますので、

法師は、

「みっともないことです。今はもうお止め下さい。」

と言いますが、更に擦り立てていると、陰毛の中から大きな松茸のような物が、ふらふらと現れて、

やがて堅くなった物が腹をぱちんぱちんと打つのでした。


 中納言を初めとして、沢山集まっていた者たちは大声で笑いました。

法師も、手をたたきながら転げ回りながら笑っています。

実は陰茎を下の陰嚢にひねり入れて、ご飯粒でくっつけて、

陰毛でうまく覆い隠して、体裁を繕い、人を騙して物を貰おうとしたのでした。

全くとんでもない法師ですね。
 
おわり


しょうげんの一言:これも宇治拾遺物語です。法師の堕落話の一つですね。

         滑稽談に仕上がっています。

Category: 古典文学
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。