光る物体。

| EDIT

西ノ京の人、応天門の上に光る物を見るものがたり

                  (今昔 巻27 第33)

 むかーし昔。
 西ノ京のあたりに住むものが居りました。父は亡くなって、年老いた母が一
人で住んでいたのです。息子が二人いましたが、兄は侍として仕え、弟は比叡
山の僧として、別々に暮らしていました。

 この母が、重い病にかかって、何日も臥したままになったので、二人の子は、
付き添って西ノ京の家で看病していましたが、母の病が少し良くなったような
ので、弟の僧は、三条京極の辺りに師の僧がいるので、ちょっと会いに、と出
かけました。

 ところが、急にその母の病状が悪化して、死んでしまうと思って、兄に向かっ
て、
「私はもう死んでしまうよ。あの息子を一目見て死にたいよ。」
と言いました。

 兄は、それを聞いて、
「もう夜だよ。従者は居ない。三条京極は、ずいぶん遠いよ。どうしようもな
いよ。明日の朝、呼びにやるよ。」
と言いました。

 母は、
「私は、今夜一晩持ちそうには思われないよ。あれの顔を見ないで死んだら、
悔しくってどうしようもないよ。」
と言って、弱々しく切なそうに涙を流します。

 兄は、
「それほどまでに思うのならば、たやすい事です。夜中でも、自分の命のこと
はかまいません、呼びに行きましょう。」
と言って、矢を三本ほど持って、只一人家を出て、大内裏を通って行きました
が、夜はすっかり更けて、冬のころなので、冷たい風は吹いて、怖ろしいこと
この上もありません。

 月のない暗夜のころで、まったくものも見えません。応天門と会昌門の間を
通ったときは、不気味で怖ろしかったけれども、我慢して通り過ぎました。

 あの僧の房に行って、弟の僧を尋ねると、その肝心の弟は、今朝比叡山に登
ったというので、すぐに母の許に戻ることにして、行くときと同じように、応
天門と会昌門の間を通るときは、前回よりも怖ろしかったので、急いで走り過
ぎようとして、応天門の二階を見上げたところ、真っ青に光る物がありました。

 暗いので何物ともはっきりしませんが、しきりに鼠の鳴き声をしたかと思う
と、カツカツと笑いました。

 頭の毛が太くなって死んでしまいそうな気持ちになったけれども、狐の仕業
だろうと思い我慢して、その前を通り過ぎて西に行くと、豊楽院の北の庭に、
丸い物が光っています。

 それを鏑矢で射ると、見事に射散らされたように、消え失せました。

 そうして、西ノ京の家に、夜中ごろに帰り着きました。その時の恐怖のせい
でしょうか、その後数日熱をだして病臥しました。

 考えてみますと、どんなに怖ろしかったことでしょう。しかし、それはきっ
と狐の仕業とあろうと、人が言ったと語り伝えたということです。

                    おわり

しょうげんの一言:皇居の中が自由に通行できたし、荒れ果てていたということですね。
          弟の行動は、意図不明ですが、ここでは、正体不明の物を取り上げたかっ
          ただけのようですね。

スポンサーサイト
Category: 今昔物語

武名を重んじる

| EDIT

 頼光、狐を射殺した話

                     (今昔 巻25 第6)

 むかーし昔。

 三条院の天皇が、春宮(とうぐう)でいらっしゃった時、東三条殿にいらっ
しゃって、寝殿の南面に、歩を進めますと、西の透渡殿(すきわたどのー左右
に壁の無い廊下)に、殿上人が二三人ほど控えていました。

その時に、東南の御堂の西の軒下に、狐が出てきて、体を伸ばして、仰向け
になったり転がったりしていました。

 源の頼光が春宮大進(とうぐうだいじんー春宮坊の判官)でした、この頼光
は、多田の満仲入道の子で、優れた武士だったので、公でもその方面で仕えさ
せ、世間にも評判が響き渡っておりました。

 その頼光が、その時控えておりますと、春宮が弓とひきめ(木製の長い矢じ
りで、かぶら矢のように音を出す)を与えて、
「あの東南の軒下にいる狐を射よ。」
と命じました。

 頼光は、
「私は適任ではございません。異人(ことびと)は、射外しても、みっともな
いこともございません。頼光が射外しましたならば、この上ない恥でございま
す。だからと言って、命中しても、それは格別のことでもございません。若い
ときは、たまたま鹿などに出合って、きちんと狙ったわけでもなく、射たもの
でしたが、今は、まったくそういうこともしておりませんので、このような当
て物などは、矢の落ちるところの見当も付きません。」
と申して、しばらく射ようとはしませんでしたが、そうこうしているうちに、
逃げていくかと思われた狐が、憎らしいことに、西向きに寝そべって逃げそう
にもありません。

 それを見て、真剣に、
「射よ。」
と責め立てなさいますので、頼光は辞退しかねて、弓とひきめを手にして、
「力がありますならば、仰せを承りましょう。このように遠いものは、ひきめ
では重うございます。征矢(そやー普通の矢)で射ましょう。重い征矢では、
狐を射ることは出来ないでしょう。矢が途中で落ちて届かないようでは、射外
すよりもみっともないでしょう。ひけめではお引き受けかねます。」
と申し上げました。

 紐で、上の衣の袖をまくり、弓を矢の長さいっぱいに引き絞って、矢を放つ
と、矢の飛んでいくのも見えなかったのに、狐の胸に命中しました。

 狐は、いったん頭を上げ、それからまっさかさまに池に転がり込みました。

 力弱い弓で、ひきめを使って射たなら、たとえ強い弓を引く者でも、矢は途
中で落ちてしまうでしょう。

 だから、このように狐を見事に射落としたのは、稀有のことだと、宮をはじ
めとして控えていた殿上人たちは感心しました。

 狐は、水に落ちて死んでいたので、取り捨てさせました。

 宮は、非常に関心なさって、褒美として馬を与えました。

 頼光は、庭に下りて、馬を頂き、深々と頭を下げて乗り、
「これは、頼光が命中させたのではございません。源氏の武名を辱めないよう
に守護神が助けて、命中させたのです。」
と申して、退出していきました。

 その後、頼光は、親しい兄弟親族にも、
「まったく自分が射た矢ではない。これは神仏の定めだ。」
と言いました。

 また、世間にもこのことが広まって、頼光は謙虚であると褒め称えたと、語
り伝えたということです。

                   おわり

しょうげんの一言:武名を重んじたこと、功名を個人のものとしないで守護神(先祖の霊)
           のお陰とする謙虚さが、武士道の一端でしょうか。

Category: 今昔物語

名僧、不慮の死。

| EDIT


 名僧、人の家に立ち寄りて殺さるるものがたり

                (今昔 巻26 第22)

 むかーし昔。
 京都に、名僧面して、人に招かれて読経祈祷するのを生業としている者がお
りました。

 ある時、この僧が、あるところから招きを受けたので、喜び勇んで行こうと
しましたが、車を借りることが出来なかったので、徒歩で行こうとしましたが、
初めから法衣を着ては、遠路の法衣姿は見苦しいと考えました。

 平服で平笠をかぶって、法服は袋に入れて童子に持たせ、その招いた家の近
くの小家を借りて、法服に着替えてから訪れようと思って出かけました。

 さて、その家の向かいの家に言って、しかじかと説明して借りようとしまし
たら、若い女主(おんなあるじ)が居て、
「どうぞお入りください。」
と言いましたので、入りました。

 客間と思われる一部屋に、筵を敷いて案内してくれたので、そこに座って、
法服に着替えようとしていました。

 実は、この家では、この女主には、法師の恋人がいたのですが、実の夫であ
る雑色は、その現場を捉えようと、よそへ行った振りをして、隣の家に隠れて
伺っていたのです。

 それを知らずに、僧が立ち入ったので、これが不倫相手だと思って、すぐに
家に行って見ると、僧の姿が目に入ったので、怒り狂ったすごい形相で、妻に
向かって、
「きさま、嘘つきだな。浮気女め。」
と怒鳴りました。

 妻は、
「あの方は、向かいの家のお招きで、着替えのために、立ち寄っただけのお方
ですよ。」
と言い終わらないうちに、男は、刀を抜いて走りよって、僧を捕まえて背中を
突きました。

 僧は、思いがけないことに、手を上げて、
「これは、どうしたことですか。」
と言いますが、抵抗する力もなくて、仰向けに倒れました。

妻も、
「ああ、とんでもないことを。」
と言って、夫に取りすがったけれども、もうどうしようもありません。

 男は、突き倒すとすぐ逃げ出しましたが、僧のお供の小童が、大路に出て、
「人殺しが逃げていく。」
と叫んだので、通りかかった人が捕まえました。

 僧は、傷を負って、しばらくは生きていましたが、結局は亡くなりました。

 突いた男は、検非違使に渡されました。妻も、検非違使に捕らえられまし
た。男は取調べを受け、牢獄に入れられました。

 まことに、つまらないことで、三人の人がとんでもないことになってしま
いました。これも前世の因縁だったのでしょう。

 それにしても、世の人は、身分の上下を問わず、見知らぬ小家などには、
たとえほんのちょっとの間でも、不注意に立ち入るようなことはすべきでは
ありません。

 このように思いがけないことが起こるのです。本当に注意しなければなら
ないと、語り伝えたということです。

                     おわり

しょうげんの一言:不慮の災難と言うのでしょうか?

Category: 今昔物語

乳母が二人?

| EDIT

雅通(まさみち)の中将の家に、同形の乳母(めのと)二人あるものがたり

                     (今昔 巻27 第29)

 むかーし昔。
 源の雅通の中将いう人がおりました。丹波の中将と呼ばれていました。
その家は、四条よりは南、室町よりは西にありました。

 その中将が、その家に住んでいたとき、二歳の幼子を乳母が抱いて、南側で
家人と離れて幼子を遊ばせていました。

 突然、幼子の怯えたような泣き声がし、乳母の声高に罵るのが聞こえてきた
ので、中将は北側の部屋にいましたが、それを耳にして、何事が起きたのかと
太刀を手にして、小走りに行って見ました。

 すると、同じ姿形をした乳母が二人、この幼子を間にはさんで、左右の手足
をつかんで引っ張り合っているのでした。

 中将は、驚き呆れましたが、気を取り直して、じっと見守りますと、どちら
も寸分違わぬ同じ乳母の姿形で、どちらが本当の乳母であるかということが分
かりません。

 それでは、一方はきっと狐であろうと思って、太刀を抜いて、大きく振りか
ぶって走り寄ると、一人の乳母はかき消すように見えなくなりました。

 その時、幼子も乳母も、死んだように意識を失って倒れてしまったので、中
将は、人々を呼んで、効験あらたかな僧などを呼ばせて、加持祈祷させました
ので、乳母は正気を取り戻して起きあがりました。

 中将が、
「どうしたのだ?」
と尋ねますと、乳母は、
「若君を遊ばせておりましたところ、奥の方から見たこともない女房が出てき
て、『これは、我が子じゃ。』と言って、奪おうとしましたので、奪われまい
と引っ張り合っていましたときに、殿がいらっしゃって、太刀をきらめかせて
走り寄っていらっしゃると、若君を放して、その女房は奥の方へ姿を消しまし
た。」
と言いいましたので、中将はぞーっとしました。

 だから、人気の離れたところでは、幼い子供を遊ばせるべきではないと、人
々は言いました。

 狐が騙したのでしょうか、もしくは物の怪の仕業でしょうか、結局正体不明
のままで終わったと、語り伝えたと言うことです。

                       おわり

しょうげんの一言:怪異談の一つですね。

Category: 今昔物語

蝦蟇退治?

| EDIT

  近衛の御門に人を倒す蝦蟇(ひきーひきがえる・がま)のものがたり

                       (今昔 巻8 第41)

 むかーし昔。
 或る天皇の御代に、近衛の御門(大内裏東面の陽明門)に、人を倒す蝦蟇が
いました。

 どうしたわけでしょうか、近衛の御門の内側に、大きな蝦蟇が一匹いて、黄
昏時になると出てきて、ただ平らな石の様に踞っているので、宮中に参内や退
出したりする上下の人々が、これを踏んで転ばない人はおりませんでした。

 人が倒れると、蝦蟇はすぐに這い隠れて見えなくなってしまうのです。

 やがて、人々はそうだと分かったけれども、どうしたことでしょうか、同じ
人がこれを踏んで、何度も何度も転びました。

 ある時、一人の大学寮の学生がおりました。まったくの愚か者で、何につけ
笑い物にしたり謗ったりする男でした。

 この男が、蝦蟇が人を倒すと言うことを聞いて、
「一度くらいは、油断しても転ぶこともあるだろう。しかし、そうと知ったか
らには、押し倒す人が居たとしても、倒れることがあろうか。」
等と言ってました。

 暗くなる頃、大学から出て、かねて恋仲の内裏に仕えている侍女の許へ語ら
いに出かけましたところ、近衛の御門の内側に蝦蟇が平たくなって踞っていま
した。

 この男は、
「なんとこやつ、そのように人を騙しても、我をば騙せようか。」
と言って、平たくなっている蝦蟇を飛び越えました。

 髷を押し入れただけの冠をかぶっていたので、飛び上がった途端に脱げ落ち
て、沓に当たったのを、勘違いして、
「人を倒す蝦蟇は、おまえか、こんちくしょうめ。」
と言って、踏みつけました。

 髷を入れる部分は固くなっているし、何とも反応がないので、
「蝦蟇のちくしょうは、こんなに強いのか。」
と言って、無い力を振り絞って、むやみやたら踏みつけました。

 その時、内裏から、松明を灯した男を先に立てて上達部がお出になったので、
その男は、橋のたもとに膝まづきました。

 先に立った男が、灯りを寄せてみると、表の衣(うえのきぬー正装の上着)
を着た男が、髷を露わにして膝まづいているので、
「これはなんだ、何者だ。」
と口々に騒いでいると、男は、声を張り上げて、
「自然に噂でもお聞きでしょう『我こそは紀伝学生藤原の某、並びに近衛の御
門で人を倒す蝦蟇の退治者』」
と名乗りました。

 「そんなことを言ってるのは何者だ。」
と笑い罵って、
「そやつを引きずり出せ。よく顔を見よう。」
と言って、雑式(ぞうしきー下役人)どもが、近づいて引っ張ると、衣が破れ
てしまいました。

 男は、困ったことだと思って、頭に手をやると、冠がなかったので、この雑
式どもが取ったのだと思って、
「冠をどうして取ったのか。それを返せ、返せ。」
と言って、追いかけたひょうしに、近衛大路にうつ伏せに倒れてしまいました。

 顔をぶつけたので、血が流れ出しました。

 そこで、袖で頭を隠すようにして歩いていく中に、道に迷って、何処を歩い
ているのか分からなくなり、辛うじて、灯りの見えるところを見つけ、見知ら
ぬ小家に立ち寄って、戸を叩いたけれども、こんな夜中にどうして戸を開ける
でしょうか。

 なお夜が更けてきたので、どうしようもなく、道ばたに横になりました。

 夜が明けて、家々の人が起きて見ると、髷の元結いが解けて、ざんばら髪で
上の衣を着た男が、顔は傷つき血を滲ませて、大路の道ばたに寝ているので、
「これは、なんだ。」
と大騒ぎになりました。

 ようやく、その男は起きあがり、道を尋ねながら、帰りました。

 昔は、このような愚か者が居たのです。しかし、大学寮の学生だったのです。

 このように幼稚なことで、賢明に漢文を読み習ったというのは、まったく信
じられないことです。

 だから、人は、職業や風体よりも心の用い方が大切なのです。

 この話は世間に広めるべきでもないのですが、その大学寮の学生が語ったの
を聞き次いで、このように語り伝えたと言うことです。

                             おわり

しょうげんの一言:武士が名乗りを上げてから闘うのを揶揄している面もあるのでしょうか。
           また、身に付かない学問に対しても、同様ですね。


Category: 今昔物語
  • »
↑